官房長官「東京と大阪の二極をつくることは、日本の成長のためにも意義のあることだ。」松井知事からの都構想・住民投票の説明を受けて

記事をシェアして頂けると嬉しいです

松井知事 官房長官に都構想の住民投票を説明(NHKNewsWeb:動画有)

(引用)
大阪府の松井知事は、総理大臣官邸で菅官房長官と会談し、大阪府と大阪市を統合して再編する大阪都構想について、実現の是非を問う住民投票が5月中旬にも行われる見通しになったことを説明し、賛同が得られるよう取り組む考えを伝えました。

この中で、松井知事は、大阪都構想について、設計図に当たる協定書がまとまり、来月から始まる大阪府議会と大阪市議会で承認され、5月17日にも、大阪市民を対象に実現の是非を問う住民投票が行われる見通しになったことを説明しました。
そのうえで、松井知事は、「都構想が実現するかどうかは住民投票の結果しだいなので、しっかりやっていきたい」と述べ、実現に賛同が得られるよう取り組む考えを伝えました。
これに対して、菅官房長官は、「東京と大阪の二極をつくることは、日本の成長のためにも意義のあることだ。ただ、実現するかどうかを決めるのは大阪市民であり、大阪市の橋下市長と共に、協定書の内容をしっかり説明してほしい」と述べました。
また、松井知事は、リニア中央新幹線の大阪までの早期開業の実現に向けて支援を要請したのに対し、菅官房長官は、「日本の成長をけん引する事業なので、できることはやっていく」と述べました。

官房長官「最終的には市民の判断」
菅官房長官は午前の記者会見で、記者団が「大阪府の松井知事との会談で『大阪都構想は日本の成長に意義がある』と述べたということだが、政府として協力するということか」と質問したのに対し、「東京圏、関西圏、それぞれが発展することが大事だが、いずれにしろ最終的には市民の皆さんの判断に委ねられるのだろう」と述べました。

関連
【安倍首相生出演】青山繁晴氏「アンカー」橋下市長・大阪都構想・憲法改正について
【都構想街頭TM】1/17橋下市長&質問コーナー 大阪市住吉区(長居公園前)

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る