五輪調査チームリーダー・上山信一氏生出演「大幅見直しの真意を語る」 2016.9.29

小池知事の公約の一つ
「五輪関連予算・運営の適正化」

いよいよ、本格的に始まりました!

(調査チームの抜本的見直しを求める提言を盛り込んだ中間報告については)
東京五輪 仮設整備、都が全負担 提言盛り込み中間報告(毎日新聞)

(一部引用)
報告書に盛り込まれた主な内容
・東京都内の仮設施設(最大1500億円)は都が負担すべきだ

・開催総費用は3兆円を超える可能性

・ハード経費のうち見直しの余地があるのは都が建設する新規の7恒久施設(計2241億円)と大会組織委員会の全仮設施設(計約2800億円)

・7恒久施設のうち海の森水上競技場は宮城県の長沼ボート場への移転可能性を探るべきだ。海の森に建設する場合でも仮設とすべきだ

・オリンピックアクアティクスセンターは、近くの東京辰巳国際水泳場の改修で対応する可能性を検討。無理な場合は会場規模を縮小

・有明アリーナは関東周辺にある既存のアリーナの改修で対応できる可能性。無理な場合は規模を縮小し、不足分は仮設で対応
(引用終わり)

そして、9時のニュースに上山氏が生出演


※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…

(上山信一氏ブログより)
被災地の子供たちにメダル授与式を見せよう!
オリンピック調査の報告書、これが全文です

国立競技場、エンブレム、そして膨れ上がる開催費用・・・

すべてに組織委員会が関わっています・・・

その組織委員会に、遂に宣戦布告と言う所でしょうか!?

小池知事は、
「施設が後々、恒久的に利用されるか?負担にならないか?」
を重視しています。

全く同感です。

大阪に残る数々の「負の遺産」
今でも、そのツケに大阪市民・府民は苦しめられています・・・
そして、これから先も・・・

その大阪を憐れみさげすんでいる東京も
同じ道を歩まない様にしてもらいたいと思います・・・
(大阪の皆さんゴメンナサイ・・・)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る