区議報酬3割減へ 大阪都構想法定協、特別区骨格固まる

(引用)
区議報酬3割減へ 大阪都構想法定協、特別区骨格固まる
(大阪都の特別区のイメージ画像)

 大阪都構想の案をつくる法定協議会は9日、大阪市を廃止して設ける五つの特別区の骨格を決めた。区議会の選挙区は一つとし、総定数は市議会と同じ86とする。区議の報酬は大阪市議より3割減らす方針。区の名称や区役所の位置も確定した。大阪都へ移行する時期を2017年4月とすることも正式に決定した。

 法定協は大阪府庁で開かれ、大阪維新の会のメンバーだけが出席した。

 特別区の名称は、方角や位置に基づき「北区」「東区」「南区」「中央区」とする一方、大阪湾に面する西側は原案の「西区」から「湾岸区」に修正した。新たな「北区役所」は現在の大阪市役所に置くほか、現在の城東、阿倍野、西成、港の各区役所に新しい特別区役所を設ける。

 「中央区役所」は原案の浪速区役所から西成区役所に変更。橋下徹大阪市長は「(西成区の)あいりん地区を官庁街にするのは大賛成だ」と述べた。区議会は現在の行政区ごとの議員定数をそのまま振り分け、各特別区で12~23と決めた。

 維新は今月下旬の法定協で、都構想案を最終的に決める方針だ。

 一方、大阪府、大阪市の両議会では、維新以外の会派が臨時議会の招集を要求。差し替えられた法定協の委員構成を元に戻す条例案の可決を狙うが、松井一郎知事(維新幹事長)も橋下市長(維新代表)も地方自治法の規定に反し、招集を拒んでいる。(7/10 朝日新聞)

関連
大阪都構想、特別区の名称決定=議員総数は現状維持(法定協の動画有)
7/13(日)橋下代表、松井幹事長参加「大阪都構想・街頭タウンミーティング」開催

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    橋下市長は、税金は平等に遣うという考え。本当に元市長の考えを見てると、そら大阪市破たんするわと思う。でもそういう人たちが、選挙応援したりするのだろう。本当に橋下市長が大阪の市長になってくださったことに感謝する。
    もう市民も選挙に無関心でいてはいけない。

トップへ戻る