「協定書の財政シュミレーションがおかしい」と自民市議・・・でも、大阪市を続けた場合のデータは示さない。

4/18日に行われた反対派の「大阪市廃止・分割を考える会」
川嶋広稔市議(自民党)の説明動画です。

是非、ご覧になって判断の材料にして下さい。

おかしいと言うのは自由ですが・・・
市役所が作成して、総務省がチャックしたデータ。
未来のことに対して、これ以上の信頼を置ける数値は他に無いと思います。

「大阪市を残せ」と言っているなら、大阪市を続けた場合のデータを提示して、批判しないとフェアじゃないですよね。

反対派の常套句・・・
「都構想にしたら元に戻せない」

本当にそうでしょうか?

橋下市長が誕生した3年前。
都構想は不可能でした。実現する法律がありませんでした。

その後、維新が国政に働きかけ関与し、法律が制定され可能になりました。

もう、言いたい事はお分かりですね!

今、国政は自民・公明が与党です。
もし、戻す法律が作ろうと思えば、
大阪自民・公明は、いつでも、自身の国政政党に法律作成を依頼出来るのではないですか?

このプロセス間違ってますかね・・・?

都構想になって一度実感してしまえば「元に戻そう」と言う意見は出ないはず。
しかし、未来の事なので信じ切れない人もいる。

ただ、反対派が「元に戻せない」と、不安をあおるのは「間違い」。
元に戻す、戻さないに関わらず、法律を作れば出来る。
大阪自民・公明が自身の本部に要請すればいい。

同市議の街頭演説
「大阪都構想は、バクチ・社会実験だ」と吹聴する、自民党市議候補(東成区)

関連
「都構想になると、今の組織票では当選出来ない。」と、公然と訴える自民党大阪市議
東京23区と3大政令市(大阪・名古屋・横浜)の比較「人口と地価」

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. K.o より:

    >反対派が「元に戻せない」と、不安をあおるのは「間違い」。

    その通りです!その証拠に、藤井聡とか言う門外漢が、「[太字]過去に東京都が、特別区を廃止し、東京市にしよう[/太字]という運動があった」と主張しています。社民党の保坂 世田谷区長を情報源にして。

    つまり、彼は、[色:FF0000]自身で、市制に戻せる[/色]ことを立証したのです!大阪市から特別区に移行しても戻せると。

    しかし、何故か反対派は、[色:FF0000]大阪府に限って、出来ない、戻せない[/色]と謎の供述を行うんですよね。何で東京に出来て、大阪に出来ないというのでしょう。都を名乗る都市を、これ以上増やすことは許さないという京都視点?

    [太字]大阪(タイガース)が、東京(ジャイアンツ)[/太字]と同じ打順、同じ指導者構成に、再編成してはならないルールでもあるのでしょうか?否、そんな法律はありません。確かに、名称を大阪城([太字]文化遺産=大坂城[/太字] と区別)や大阪州にすることには、別の手続きが必要ですが、大阪が特別区から市制に戻すことは可能です。(城や藩、州であれば、京都市民も反対しないでしょうし)

    猛虎(大阪)復活には、抜本的な改革が必要です!

トップへ戻る