(自民・柳本顕市議)都構想を母と子の関係に例え「兄弟が困ると大阪市だけで贅沢出来なくなる」

都構想・住民説明会に参加したり、視聴した方なら、
「この話が如何にメチャクチャか」
すぐに分かると思います。

広域に使うお金と、特別区が住民サービスに使うお金をごっちゃにして・・・

柳本氏の話で言うなら・・・
家族みんなで使う車を、子供の一人である大阪市が、無理にローンを組んで買ってしまった。
「どうや、俺が買ったクルマや!すごいやろ!」って自慢しても・・・

それで借金に苦しむ結果になったんちゃいますか?

柳本氏、反対派の中心人物で、京都大学 法学部卒業。
反対派で唯一、橋下市長とキチンと論理的に議論ができる可能性があると思っていましたが・・・
「毒」リンゴか何か食べてしまったようで・・・
マトモな話が出来なくなってしまったようです・・・(-_-;)

反対派に共通する・・・
「大阪市さえ良ければ、ええやんか」と言う感覚・・・
(本当は今のままでは大阪市だけ悪くなるんですが・・・)

これこそが、「二重行政」を生み、
「府市合わせ」と揶揄された大阪の不幸、
長い年月に渡り続けてきた根本ではないでしょうか・・・

関連
「協定書の財政シュミレーションがおかしい」と自民市議・・・でも、大阪市を続けた場合のデータは示さない。
テレビ討論「大阪都構想SP」橋下市長vs自民・柳本市議
橋下市長ツイッター2「自民・西成区選出柳本議員が間違ったことを言っています。『西成の名前はなくならない』と説明しているようだ・・・」
東京23区と3大政令市(大阪・名古屋・横浜)の比較「人口と地価」

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    毒饅頭の食べ過ぎでしょう。
    甘い汁吸い過ぎて、何が毒かも判別つかなくなってしまったようです。

    大阪市は大阪全体の為、大阪は日本全体の為、日本は世界全体の為、自らがどうあるべきかという視点を少しでも持てばあのような言葉には違和感を感じるはず。有権者をバカにし過ぎだよ柳本議員は。

  2. 匿名 より:

    なんだか可哀相な人ですね
    大阪市さえ良ければ自分達さえ良ければいいなんて・・・
    このような考え方なら寄付もボランティアもしないでしょうし、困ってる人や苦しんでる人がいても知らんぷりするのでしょうね

  3. 匿名 より:

    ありがとうございます。記事書かせていただきました
    反対派の論調は固まってきましたね

    「五つになる」「大阪市がなくなる」「バラバラになる」
    「サービスが悪くなる」「大阪府の言いなりになる」「600億かかる」

  4. 匿名 より:

    そりゃ銭勘定もできないこんな連中が維新ができる以前、ずっと市議会やっていたのだから借金まみれになっていくわなw 藤井とかもよく言う、?の可能性がある。だからその可能性の話をしてたら今のままでもそうだろw財政シミュレーションを出して根拠を示せっつうの!(笑) 先日、市長がマスコミに対して「バカなのか?わざとなのか?バカなら許すけどw」じゃないけど、柳本は協定書の中身を理解してる上でわざとそのロジックなのか、未だに理解していない本物のバカなのか、どちらにしても議員失格ですわ。

トップへ戻る