橋下市長:文楽を26日夜に観劇へ 技芸員との会談も要望

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)

橋下市長:文楽を26日夜に観劇へ 技芸員との会談も要望

 文楽協会への補助金凍結を表明している大阪市の橋下徹市長は24日、26日夜に文楽を観劇することを明らかにした。大阪府知事時代の09年に初めて観劇した際、「二度と見に行かない」と文楽を酷評。補助金を巡っても協会側と溝を広げていたが、歩み寄った形だ。橋下市長は公演後に技芸員との会談も要望している。

 観劇するのは国立文楽劇場(同市中央区)で公演される「曽根崎心中」(近松門左衛門作)。橋下市長はこの日、「今までにないくらい文楽が話題になっている。もう一度古典を見たい」と話した。

 市は今年度の補正予算案で、文楽協会への補助金を昨年度比25%減の3900万円計上。しかし、橋下市長は技芸員との面会を拒否されたとして、「特権意識にまみれた今の文楽界を守る必要はない」と補助金凍結を表明。その後も非公開での面談を求める協会と、公開にこだわる橋下市長の間で膠着(こうちゃく)状態が続いていた。

 橋下市長はこの日、「今回の改革で僕の考えを発信したところ、若手が自らPRする意気込みが伝わってきた」と態度を軟化させた。ただ、「予算の話をする時は役所で公開にする。今回はあくまで観劇」と強調した。(毎日jp 7/24)

どこかの国の政権みたいに、言う事がころころ変わるのは良くありませんが…
この様な変心はいいですよね!

これで公開面談を受け入れ無い様なら、世論が許さないですね。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る