2/7 橋下大阪市長 登庁時ぶら下がり取材&退職申し出 動画

今日の囲みでは、選挙の意義について記者とやりあう場面がありました…

橋下大阪市長 市会議長への退職の申し出
http://youtu.be/bj_V4jheWms

傷だらけになりながらも、信じた方角へ歩みを進める橋下さん。

発言にツッコミを入れて、だからおかしいと言う人がいますが、これだけ大勢の記者に囲まれて、次から次へ間髪入れず質問に答えています。
そりゃ、間違う事もあるでしょう…
でも、間違いに気付いた時、橋下さんは自ら謝り訂正しています。

どこの世界でも、自分に不利になる様な事は、敢えて言わなかったり、説明が苦しくなる事もあるでしょう。
そういう事が無くて生きて行ける人はいないと思います…

橋下さんは、体張ってやってます。
横暴、独裁、ファシズム…言う人は、大阪に入って落選運動やったらいい。
自分の生活、犠牲にして体張らないと。そのぐらいの覚悟が無いと止められないでしょう…
あの時のドイツなら殺されてしまうが、今の日本なら堂々と自由に出来る。

何もしないで、選挙が終わってからワーワー言って欲しくない。

維新の支持者も、多かれ少なかれ自分の生活・人生を犠牲にして応援しています。

堺では、共産党が死に物狂いにやって維新を止めました(やり方はあれでしたが…)。
その結果を、維新は甘んじて受けました。
それが「選挙」だと思います。

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る