6/29 橋下大阪市長・吠えまくりSP「そこまで言って委員会」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

楽しみにしていた「そこまで言って委員会」です。
これはホント、スペシャルでしたね。

まずはとにかく、ご覧下さい!
※残念ながら動画は削除されました・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 青い惑星地球 より:

    結いの党の小野次郎幹事長は、昨年の橋下氏のいわゆる慰安婦発言について、「発言は言語道断で、到底受け入れられない。」などと厳しく批判している。

    そして、その気持ちは今も変わっていないと言う。
    であれば、橋下氏の発言のいったいどこが言語道断なのか、合流する前に是非はっきりさせておいて欲しい。

    日本維新の会は残念ながら、石原グループと橋下グループとに別れてしまったが、これから合流しようとする政党にこのような議員が居ると言う事は、結いの党全体も似たような見解なのだろう。

    そのような政党と橋下グループが合流して本当に大丈夫なのだろうか?
    将来的に、慰安婦問題・河野談話等々の歴史認識や、また改憲においても9条に関して、また見解の相違や思想・理念が違うなどと言い出して、また分裂するのではないかと不信感が拭えず、どうしても危惧してしまう。

  2. あおい より:

    小野さんは、なぜ、発言の真意を理解しようとしないのでしょうかねぇ…。もう、1万回ぐらい橋下さん説明してるのに、聞いてないんでしょうね。聞いても、理解できないのでしょうか(苦笑)。「慰安婦」については“発言すること自体”が許されない感じになっていたので、内容よりも「発言したこと自体」が許せない、言語道断なのでしょう…。

    うーん…うまくやっていけそうにないなぁ…。
    (渡辺善美さんのいない)みんなの党のほうがうまくやっていけそうな気がします…。

    まぁでも、私の見解では、橋下さんの慰安婦発言に関しては、江田さん柿沢さんは、もう許してあげてるでしょう(笑)

  3. 三十郎 より:

    ぶっちゃけ、細かい考えの相違なんて、どうでもいいと思います。結党の目的に比べれば、ですが

    政党なんて、他を見渡せば集団的自衛権に反対の村上議員、何でお前がそこにいるんだの辻元議員と、各党「致命的に党政策と合わない」人間はいる。けれど同じ党員としてやっている。だって政治家という身分を手放したくないから

    それに比べれば維新の会は(みっともないけど)いさぎいいんじゃないでしょうか。「意見が分かれたから分党する」なんて。この上「政党補助金がー」とか言いだしたら、維新にだけ厳しすぎると思いますけどね。そう、維新にだけ世論は厳しいと思いますよ。自民、民主でOKなことも維新がやると問題になる。正確には「マスコミが問題にする」んですけどね^^;

    慰安婦発言から、まだこそこそ逃げ回っている政治家がいるのは滑稽ですね。そういう政治家は、「今後100年、韓国に贖罪し続ける日本という国の未来を切り売りして、今の身分を堪能しようとしている私です」と、自白しているようなもの。とっとと歴史認識問題について持論を展開すべきだ

  4. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    たかじんさん、今回の橋下さんの話、実に面白く拝見。
    さすがですな。喝采でした。大阪都構想頑張ってほしい。
    応援します。いい男だな。つくつくそう思いました。[絵文字:v-218]

  5. より:

    結いの党との合流が問題になっているようですが、最終的に「多数決」で決着させる形を共有している限り、言われているような危惧は起こらないと思います。

    橋下さんの主張のとおり新党に参加するであろう各党の議員、それぞれの主義・主張は違っても「多数決の原理」を採用し「ロジック」を重視する点で一致できれば、党は一つの単位として維持できます。

    多数決には従う、その当たり前すぎる言葉が今までの日本では等閑にされて来たと思いますし、ぜひ橋下さん及び新党メンバーには頑張ってほしいと思います。

  6. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    自分で言うのも何ですが、私は昔からリベラル派でした。私の町の市長選挙でも、現職の岩倉市長の再出馬に対抗馬が出ず、ぎりぎりなって共産党が候補を立てました。勝負は最初から見えていたもので、投票率も最低の30パーセント台というありさまで、勝負にならなっかった結果でしたが、私は対立候補に一票を投じました。批判票のつもりでした。

    そんな私でも、橋下市長を全面的に応援するのは、政治家らしくない裏表ない人柄と改革の実行力を評価しているからです。
    大政党の自民党に対抗する野党勢力がないかぎり、議会制民主主義は危機に陥ります。頑張って野党勢力をまとめあげてほしいと願ってます。

  7. 五十六 より:

    多数決がしっかりしてたらってのはそのとおりだな。
    というか小野次郎って最近そんな話してたっけ。

  8. 匿名 より:

    結いが維新の名前を変えて新しい名前にした方がよいと言っているみたい。大阪では、維新という名前以外ありえない。
    定例会見でもう都構想まで頭の中でイメージが作られてると言う。是非、成功してほしい。市民もこれに答えたい。

トップへ戻る