(W選後初めてメディアの前に) 橋下市長 ぶら下がり会見 2015.11.26

W選の後ですから、普段来ないメディアも大挙して押しかけてきたようです・・・(シャッター音がスゴイ(-_-;))

注目の会見、ではどうぞ!


(公式に差し替えました)

W選の事より、やはり質問は去就についてが多かったですね・・・

番組で使いたいのが見え見えの、しょうもない質問も・・・
でも流石、橋下さん!ナイスな返し連発でした。

【大阪ダブル選 橋下氏登庁詳報(上)】 「維新の法律顧問? まだ頼まれてません」「僕はもう、終了なんですから」(産経WEST)

橋下氏、おおさか維新「意思決定には関与せず」…退任後は「自分探しの旅にでも」?(産経WEST)

橋下市長「都構想への民意だ」 大阪ダブル選を語る(朝日新聞)

関連
吉村洋文(新大阪市長)出演「大阪都構想と今後の市政について」 2015.11.25
(ダブル当確後)橋下市長「これからの4年はクリエーション(創造)だ。すぐ仕事を進めよう」と呼びかけ

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 神戸市民 より:

    ツイキャスで見てましたが、
    確かにそんなに写さなアカンか?
    ってくらいシャッター音すごかったですね。

    時々流れてくるアナウンスの音の方が大きいくらい
    聞きにくかったですけど
    まぁ、しょうもない質問が大半でしたね。

    某SNSでのこの会見に関するコメントが
    あまりにも頭が悪すぎて
    腹立ったので一人一人論破してやろうかと思いましたが
    まともに相手するほうが損だと判断し
    「お前ら笑われてんで(笑)」
    と思うことにしました。

    当確のニュース速報思い出すと今でも泣けます。
    松井さん、吉村さん頑張ってください!

  2. オッサン より:

    http://blogos.com/article/146785/

    を読めば、カキノタネ事件からの一連の流れは、戦略的シナリオだったと思う。

    大阪ポンコツ会議での「オウンゴール」を見て、シナリオはねられてきたはずだ。
    バカなメディアと政治家と識者にはその時点では永遠に理解できなかったであろう。

    知能指数が大人と小学生ほど違えば、オウンゴールや上っ面の解釈が精一杯なのは致し方あるまい。

    今頃になって自称「自分ほど頭のいい人間はいない」エダマメ君が犬の遠吠えをしたところで何の意味もあるまい。つくづく・・・・・・だと思う。

    (オッサンさん、スミマセンm(_ _)m。承認ボタンと削除ボタンを押し間違えて、コメントが消えてしまいました。コメント通知メールに内容が残っていましたので、そちらから転記しました)

トップへ戻る