【大バトル】橋下徹vs任命除外教授「(日本学術会議:税金10億)むしろ逆に、こんな少ない金ではやってられない」的な発言も 動画

記事をシェアして頂けると嬉しいです

日本学術会議 任命除外された教授の一人、立命館大学・松谷教授と生で大バトルに!

10/5 TBS系 朝のワイドショー

(※動画がすぐに削除されてしまうと思います。ご視聴はお早めに…)


<<下に続く>>


「俺たちは特別なんだから、金が出るのが当たり前」の感覚

税金10億に対して
むしろ逆に、こんな少ない金ではやってられない」との趣旨の発言で開き直ってるようじゃ・・・

かつて、大阪での橋下市長と文楽協会のバトルを思い出しました・・・

霞が関にも地方にも、こんな税金の使い方、まだまだごまんとあるんでしょうね・・・


立命館大学・松谷氏
法務研究科の教授ですから、法律の事で負けられないとの思いがあったんでしょうね

そういう立場だから、橋下さんとの議論にも出て来た訳でしょうし・・・

橋下徹vs「生い立ち発言」立憲:小川淳也再び!「日本学術会議任命問題・どうなる携帯値下げ」動画

いよいよスタートした菅義偉政権。実務家・改革派をそろえた組閣人事で期待感が高まるが、「自助・共助・公助」に言及した菅氏のスピーチに違和感を示す人もいる。大阪府知事・大阪市長として大改革を進めた橋下徹氏はどう評価するか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(9月22日配信)から抜粋記事をお届け...

都構想、満を持して発売!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. うまみ より:

    まさに、橋下さんの一番嫌いなタイプでしたね
    これは橋下さんも火が付いて来るでしょう…
    今頃、色々調べてんだろうなぁ

  2. 仲井 より:

    前にも書いたが【怪しき奴の共通点】、
    つまり発言にまやかしや嘘が入ったり隠し事があったり都合が悪い時に作る内容で。

    これは警察でもそうだが普通に怪しむ内容として一つ取り上げる。

    この学者は目をつぶって喋っている。
    人間は怖い時や隠したいことがある時や都合が悪い時や嘘を挟んで喋る時にはこういう状況で目をつぶって相手の顔から自分の本心を悟られないヨプにするためにこういう連中は常にこうやって目をつぶって喋り喋り終わる直前でゆっくり相手が気付いていないか感づかれていないかを、まんまと騙されているか伺うように少しだけ初めは目を開き、相手を見て大丈夫だと思ったら普通に目を開く。
    うかがうように目を開く。
    日本人の皆さん!
    頭が少しだけよさそうな悪は結構これをやります。
    目を開けて喋ってこたえると相手に嘘を見透かされるように彼らは思っていかにも自然体でしゃべろうとしてついつい目をつぶって喋るんです。
    典型例があの山中教授のIPS細胞を自分は実際に心臓に注入したと真っ赤な嘘をしゃべったあの男もしゃべるときにはずっと目をつぶって喋っている。
    この間の東大阪にあるあの病院の補助金を出してくれと言っていた医師も(北朝鮮国家直轄の病院)実はテレビ局からの問いかけに目をつぶって喋っていた。

  3. 仲井 より:

    ついこの間私が書いたあの中曽根康弘という総理大臣が一体どういう立ち位置で総理大臣にさせてもらいやっていたかが今回の学術会議の件でで名前が出てきたことで日本国民にはあの総理大臣がどういう男だったかが理解してもらえるのでは?
    日本では行政改革とあの米国レーガンとの間での日米関係をよくしたどうのこうのといわれているが実は正体はどういう人物だったかが今回のことで表でさらされた。
    私的には実態を日本国民がもう一度過ぎ去ったこの国の中身を考えるうえで非常にいい材料と人物がクローズアップされ良かったと思っている。

    田中角栄以降の日本はこういう中共べったりの奴らの狙いに乗ってそのまま世界に共産主義を拡散輸出する手助けをせっせと日本はやりだし今のこの時代の今に至るわけだ。
    日本人は中身の真実をもっときちんと見るべきであの総理大臣は日本でもいい総理大臣だったと言っているが遂にその中身が私が就任時から思っていた怪しさいっぱいの人物だったとさらされたようだ。

  4. M&M より:

    各党支持者の都構想支持と不支持(ABCテレビ・JX通信社・10月3.4日)

        賛成   反対

    全体  45.3%  40.2%
    維新  88.1%   9.8%
    自民  45.1%  42.8%
    公明  29.6%  42.2%
    共産  10.3%  77.6%
    立憲   7.8%  70.5%

    反対派がどういう層かよく分かります。
    「高齢左翼」です。社会の何も変えたくない、頭が硬直化した守旧派ですね
    https://www.asahi.co.jp/abc-jx-tokoso/

  5. 仲井 より:

    反対派がどういう層かよく分かります。
    「高齢左翼」です。社会の何も変えたくない、頭が硬直化した守旧派ですね

    愛知トリエンナーレに賛成の票を出す連中です。
    沖縄米軍基地反対、慰安婦事案の存在を主張する連中、軍艦島の韓国の要求を妥当だと言ってる連中、残虐組織中国共産党を非難できない連中、北海道アイヌ民族を日本民族ではなく全く違う独自の民族だと主張(黒人のアイヌ民族、中国人のアイヌ民族朝鮮民族のアイヌ民族が存在するのを異常だと思わずに支持する連中)する連中、南京大虐殺を事実だと支持する連中、
    コレラを支持する連中が中心になって兎に角大阪がいい年になってほしくない真っ暗な闇で税金が動く状態を作っておきたいつまり日本を巧妙に侵略し破壊させることが目的。
    橋下さんが来るまで大阪は破壊される寸前まで来ていた。
    これで侵略ができると奴らが思っていたところに橋下さんが表れ奴らの思惑がとん挫し彼らはここで考えた中国から観光客を一斉に入れておいてそこから今度は牛耳ろうと、韓国で行った仕掛けと同じ手を使おうとしたが出てきた松井さんと吉村さんがそこに食い込ませない行政に徹しだした。
    幾ら中国共産党から仕掛けをかけられても日本国内で手引きをする連中からも一線を引きひたすら大阪国民最優先でこれらの妨害策略の入ってくる穴を作らせなかった。
    まだ油断はしてはいけない。
    中国共産党がこの巨大化しだした資金を生み出した大阪を狙って仕掛けはいつどこで行われるかわからない。

    一番今やるべきは選挙での投票集計の危機をファーウエイの危機をその集計の危機にはめ込ませないことだ。
    米国は今徹底してこれを警戒しているし韓国はすでにこれで票数集計を簡単にそうさせれて異常な結果を導いた。
    日本は呑気にしていないで今回の選挙にはファーウエイの(中国のほかの機器も)集計機器は絶対に入らせないようにしないといけない。

トップへ戻る