【都構想】「市民をあざむく」悪質ウソチラシにご注意下さい!

記事をシェアして頂けると嬉しいです

11/1(日)大阪市民による住民投票が行われる「都構想」ですが

「反対」の投票を呼び掛けているチラシに、「市民をあざむく」悪質なウソが確認されました!

その証拠画像がこちら

(問題部分を拡大)

(出典:https://twitter.com/dqdqx_2534/status/1314538510058020867)

「棄権、白票は賛成と一緒です」

と、書かれていますが、もちろん、全くのウソ!

棄権しても白票でも賛成にはなりません!

また「賛成の人は投票に行かなくても良い」と言って回る「反対派」もいます!

全部「ウソ」です!
「賛成」になるのは、賛成と書いて投票した時だけです!

こんなウソに、くれぐれも騙されないで下さい!
(こういうチラシに書かれている事も他の事も信用できませんね!)


ちなみに、このチラシを発行している「REAL OSAKA(リアルオーサカ)」という団体ですが・・・

ホームページを持っていて、そこには

参加するメンバーの氏名や活動拠点の所在地は、非公開とさせて頂いております

とあり、どこの誰がやっているのか?全く分からない団体です

こんな怪しげな団体が「ウソ」を拡散し、大事な大阪の未来を決める投票を捻じ曲げようとしています!

本当に許せない事だと思います!

都構想、2度目の住民投票が決定しました すでに、住民投票(11/1)に向け、賛成派・反対派によるキャンペーンが始まっています! ...
・無駄や政治の停滞のもととなる「二重行政」 ・275万大阪市民の広域行政・住民サービスを「たった1人」で行わなければならない大阪市長 ...

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る