橋下氏「トランプ一時入国制限、一旦停止して抜本的立て直し。猛批判を浴びたが桜宮高校の入試停止と同じ」2/2のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(アメリカ)
トランプ大統領が最高裁判事候補を紹介した。これでトランプの暴走が止まらなくなる!と自称インテリは批判。しかし最高裁判事は行政が選ぶのが普通。アメリカは議会上院の同意が必要だが日本の場合には議会の同意も不要。判事は選ばれた後は法と良心にのみ従う建前。これが三権分立。

(アメリカ)
トランプ大統領の移民・難民一時入国禁止・制限。行政システムに決定的な欠陥があるときにはいったん業務を停止して抜本的立て直しをやるのが根本的解決。体罰問題で桜ノ宮高校の入試を停止した時は猛批判を浴びたが、結局抜本的立て直しができ、今は多くの保護者から喜びの声が届いている

(天下り)
大阪改革が参考になるはずだ。天下りは全件チェックにした。ただし大阪も当初は役所内人材バンク制度を導入したが、その後ハローワークの活用へ。人材バンクを廃止し、公務員もハローワークだけを利用する形にすべき。自分たちが利用することになればハローワークのレベルも上げるはず。

(交渉)
相手が自分第一と言ってくる交渉ほど楽な交渉はない。なぜならこちらも自分第一を徹底して主張できるから。そして最後は間をとって収める。だからトランプアメリカに対してはめいっぱい高めの日本第一の主張をぶつけないといけないのに、日本政府は「説明」に入ってしまっている。

とにかく日本の政治家や政府はおとなし過ぎる。相手が自国第一を掲げて来るならこんな楽な交渉はない。こちらも日本第一を掲げてアメリカの問題点をめいいっぱいぶつけろ。アメリカには山ほど不公平なところがある。最後は間で収めれば日本にとってもプラスになる。もっとかっこ悪く大騒ぎしろ!

一時入国制限
大統領令の中身について、これだけ詳しく紹介しているものは日本には無いと思います。
このニュース内の動画は、必見だと思います。
入国禁止を説明 ケント・ギルバート氏「反トランプは勘違い」 (AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

この動画を観て、私も、
ツイートにある、橋下さんの桜宮高校の対応と、それに対するメディアの反応を思い出しました・・・

その時の記事と
小倉氏や出演者が、寄ってたかって橋下さんを責める「とくダネ」
2013/1/29 橋下大阪市長出演「とくダネ」桜宮高校問題について 動画

(再生ボタンを2回クリックする必要がある場合があります)


日本のメディアはトランプ氏「極悪人」のような扱いですが、
そもそも、世論調査では制限を支持している人の方が多い・・・

その世論は、どう説明するのか??

英国BBCは、こちらの声も報道
国を守るため必要なら トランプ氏の入国制限に賛成意見 – BBCニュース

就任1週間のトランプ米大統領 支持者たち絶賛 – BBCニュース

天下りについては・・・

松井知事も
松井知事「(文科省天下り)外部から民間人がチェックする大阪方式なら出来ない」定例会見 2017.1.25

そして、維新・浅田議員も安倍首相に提案し迫った。
(タイトルのシーンから再生します)


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

橋下徹「ついに始まった東京大改革、成功の鍵は大阪都構想だ!」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 椿 より:

    アメリカへ移民した人達は、
    トランプ大統領を物凄く罵倒していますが、何故なんでしょうね?

    こんな事言ってはなんだけど、
    もっと最初に戻って考えたら、
    「何故、あなた達は不法移民してまで、
    アメリカに来なければならなかったんですか?」と私は問いたいですね。

    「不法移民をしなければならないほど」
    「密航者にならなければならないほど」
    あなた達の祖国は、”最悪の状態”なのではないでしょうか?
    ある国によっては、強制送還させられれば、
    「マフィアに殺される」っていう人もいましたね。

    それならそれで、まずは、そんな「最悪の状態の祖国の指導者達」に対して、
    抗議の声を挙げ、闘わなければならないんじゃないでしょうか?
    移民先の国に文句を言うのは、ちょっと違う思うんですけど…。

    確かにアメリカは、昔からある国の領土を分捕ろうとか、
    ある国ををぶっ潰そうとか、狙いを定めると、
    真珠湾攻撃の時やメーン号の時やスペインとの戦争の時のように、

    独裁国家であっても、中東の優等生だった
    イラクやシリアまでも、有りもしないデマを流して、
    完膚無きまでに叩き潰す、それがアメリカのいつもの手口です。

    その結果、中東の優等生だったイラクやシリアは、
    無政府状態に陥って、国民が大変な悲劇に見舞われています。
    そのせいで、難民となった人達への責任は、アメリカにあるのではないでしょうか?

    だいたい、ISISというテロ組織も、
    元はと言えば、アメリカのせいで、台頭してきたのではないですか?

    でもそれ以外の不法移民の人達に関しては、
    リベラルの人達のように、私は同情も共感も出来ません。

    まあ、メディアがトランプ氏をまるで基地外のごとく報道しているので、
    トランプ氏のキチンとした情報が入ってこないので、なんとも言えませんが、
    こういう時こそ、メディアが中立の立場で報道をしてほしいものです。
    まあ、期待するだけ無駄かな…。(⌒-⌒; )。

  2. 仲井 より:

    名前は忘れたけれど、日本の元外務省の官僚だった男が日本の外務官僚で本当の日本人ではない者が大勢存在していると話した。
    本当の日本民族の日本人ではなかったとしても、日本国家から正式に日本の国籍を与えられアメリカで言う市民権のようなものを得ている者であれば、私はその人物について何の問題もないと思う。
    もろもろの環境の違いは別としても、ごく普通の日本人と思っている。
    たとえアラブ人の血をひくものであったとしてもだ。

    それは法に照らしても別に日本でふつうに法治国家の中で法に乗っ取り国家からきちんと国籍を与えられ日本のために日本の国家公務員になり仕事をしてもらう、これに何の不具合も違和感も私は持たない。

    今トランプ大統領に向けられている日本のメディアが叩くその材料として、違法移民、不法入国者、不法に国籍を取得している者ら、あたかもこの違法移民、違法入国、不法入国、不法に国籍を略取した者に対して、そういう人たちを日本のメディアも一緒になって(いや日本にはもっと日本だけの世界にも類のない事情が、特殊な意味がそこにはあるんだが)まるで違法内容を容認しろ、違法内容くぉゆるせと、これを阻止するのは人道に違反だ云々、、、、、という理屈をつけて徹底しr多パッシングを行って何とかトランプの発言を消し去り口を閉ざさせようとやっている。奴らにすればこれはもう死活問題になるからやってるんだがそこには卑劣な自分らの犯罪行為を隠したい心境思惑がもう見え見えになりだした。

    そこに漸く日本国民、いや、日本民族もこれは日本のメディアがちょっとおかしいと思い出した。
    日本のメディアのやってる今の行為がこれはただ単なるとランプたたきではなくて、アメリカの大統領をターゲットでそれだけでやってるにしては少しおかしいと思い出してきた気付きだしてきたようだ。

    トランプの目指す大統領令を発してまでやろうとしている米国への違法行為を止めさせようと、それを事前に国境で阻止をと、阻止しようとやってることを、これをなんであれだけ日本のメディアがトランプをあそこまで叩いてまでほかの世界と違っている環境のこの日本でやるのか!って。
    日本のメディアまでもが大統領に対して非難をあれだけ大掛かりに連日やるのかということに対して、やるのには何かもっとほかの目的があるのではと、日本のメディアはそこまでやる理屈が今の日本の現状で本当にそこまで意味があるのかと、日本民族の日本人は、これは日本のメディアには日本国民に隠した実はもっと違う内容が有ってそれで日本国民にはそのことを出さずにただモーレツに「トランプは酷い奴だ」の連呼で、とにかく潰したいの一点を日本で出し続けることで、トランプが発するあの【違法移民】という文言、この【米国に存在する現状の違法移民の者】というこの文言が実は日本のメディアにすればここには絶対に触れてもらいたくない、絶対に【ここに】だけは触るな、(触られると困るのは実は米国の違法移民や難民ではなくて実は本音は日本のメディアは、自分の違法移民の身分のことがこれがバレることを、実態を触られるのが嫌で怖いのだ)意味合いを込めて、トランプを潰しに行き、彼の発言は人道的に無茶苦茶なとんでもない人間だと報道して、彼の言ってることは正常ではないように作り上げていくいつもの手法での朝鮮流の工作をやっている。

    だが日本国内の本当の日本人の間でそのことに気づきだして来ている。
    メディア自体が何かおかしいと、こいつら何か隠し事がありそうだと、其れでトランプを無茶苦茶潰しに行ってるんだろうと、ようやくそのことに日本民族の本当の日本人らは気持ちがいたりだした。
    気付きだしてきた。

    現状日本のメディアが今やっているこの方針で行くと、まるで、
    【違法入国を許せ】と、
    【違法移民を許せ】と、
    【不法入国も許せ】と、
    結論はこう叫んでいるというのが日本のテレビ局新聞社。

    誰が考えてもおかしすぎる。
    これをではなぜ肯定するように大統領令は違法yだなどという内容に日本の目rディアが載っていくのかと言えばそれは世界中でのデモ、反対運動と、日本のメディアがやってるこの【反対運動】とは、意味も目的も待ったく違う中身になって居るということだ。

    日本のメディアはとにかくこの今のアメリカでの大統領令と同じような内容を、これを日本にも持ってきたり影響を及ぼされると、現状の日本にいてる違法移民の朝鮮半島人は、もう今の生活は一瞬で放棄させられる。
    もう現在の身分、生活、仕事、国籍、全てを奪われ、身柄を拘束という状況にもなりかねなくなるという恐怖が存在しだす。

    ここに至りたくない朝鮮民族の違法移民の連中、日本でリベラルと言われ過去からここまで頭がいいだとか識者だとか大学の教授だとか霞が関の官僚だとか企業のトップだとか、色々のそこそこの境遇にいてるいままで違法移民(日本の国籍を不法に取得している者)を日本国家が、今まで日本政府が野放しで放置してきているこの日本で、米国が今回出してきたあの大統領令のあんなものが出されたら、こいつらは一瞬で日本国家から切り離され国外追放となり、意味合いで言えば首が吹っ飛ぶ。

    外務省の官僚が何故朝鮮両政府とまともに交渉できないのか、何故朝鮮政府に言われるままで大人しいのか、何故交渉yを強硬にできないのか、
    之の答えはもう単純明快。
    日本の外務官僚が実は日本国籍を騙し取って日本の国家公務員の官僚になって居ることを、この実態を、朝鮮政府も、またそこから情報が流れている中国も、これをこのことをすでに皆掴んでいるのだ。
    そこで中国朝鮮が何をやるかと言えば難しい交渉になりだすとこの内容を突き付けられるのだ。
    【おまえは朝鮮民族なのになぜ日本で日本の国籍を持って日本で国家公務員に慣れているんだ?、バラしてもいいぞ、証拠の戸籍の朝鮮籍はこっちが握ってるからな!】と脅しをかけてくるのだ。

    これでもうへなへなになって日本の外務官僚は一切の日本j国家のために交渉が出来ないで相手の言いなりになって居るのだ。これは中国朝鮮両国との交渉時にこれが必ず出てくることになり中国や朝鮮に対して過去の交渉でいつも相手の言いなりが通るのだ。

    日本の国益がこんな日本国籍を騙し取って官僚になっていることを奴らに握られ、それでバラすぞと脅され、結果、朝鮮民族の身元素性のことで国益までもが左右され、日本の国益は莫大に損なわれてきているのだ。

  3. 仲井 より:

    だから、
    もうこの辺で日本政府は、法務省は現状日本で存在し納税をきちんと行い犯罪歴についてもほぼないような人物、家族、こういう者らに関しては終戦当時どさくさで日本国籍をだまし取った連中であっても記録として昭和20年代以降に於いて犯罪行為の記録の無い者ら、この者らに関してはもう日本国籍を与えればいい。
    本人らが希望すればそういうそれなりの調査に耐えられる人物らであれば日本政府としてもう何時までもこういう状態を放置せずにここらできちんとこの日本在住の全ての人間、日本民族、朝鮮民族、中国系民族、他他国から入ってきている者ら全てにおいて戸籍の最終チェックを行って本人に全てを国に申告をさせる。祖pの上でその調査に耐えられずに無登録や無心性の者についてはすべて国で名簿をきちんと管理しこの者の死処遇について法的にきちんと決定し日本国籍の付与について決めていくべきだ。

    日本国民の実態の戸籍のその真偽について、顔写真、DNA、指紋、遺伝子、これらすべてを国に登録し、行政で自治体もこれを管理し、日本国内に存在する人類はすべてを国が管理できる状態を、これを早急に国として作るべきだ。

    オリンピックも行われ万国博も行われる。
    テロも、混乱騒乱も想定に入れる時代を迎える時代に来ている。
    米国では2億人以上の指紋、DNAのデーターがもう数十年前から国として機関で収納されている。
    日本では、自分が違法移民の朝鮮人で日本人に日本の国籍に化けていることがこれがバレ手は困るので著名人と称するこの連中らが記者会見も開きそれに朝鮮民族で成り立っている新聞テレビがそれを人道的に駄目だと日本人の真面目さを悪用で利用し、まったく奴らが狙うバレるのがダメだというこの狙いとは違うように作り上げ報道し、趣旨と違う内容に巧妙にすり替えて、反対は当たり前だ、個人のプライバシーがどうのこうのなどと言って、こんなことをやるのは人間として駄目だなどとでっち上げたすり替えであおりまくる。
    違法移民の朝鮮人の猛反対で、今までここには一切入らせないように、触らせないようにしてきた。
    だから自分のことがバレることが怖くてこれをやらせないように反対してるのに全く違う人間の尊厳などというこういう文言を並べて日本国民にここには絶対に触らせずにこれを潰してきている。

    日本で、
    【朝鮮人】【朝鮮】という文言を、この文言をテレビでは絶対にしゃべらせないことと、之と全く同じ手法だ。学校でも現在この文言は一切発言させないし、学校の現場で朝鮮人と言う文言を会話で出すと、相手が朝鮮人だと名指しで言うとかでは無くて、話の途中で話題になって、話の中で、たまたま「朝鮮人の国では、、、、」などと、話の中で出したとしても、発言すると、これを出すと、教師からものすごい剣幕で怒られるということになる。
    無論学校でも朝鮮という文言は消えていて、【朝鮮半島】という呼び名は学校では教えないし、そもそも朝鮮半島自体が学業では授業でも出てこないのが現状。
    朝鮮半島とは学校では言わない、
    現在は、もしも仮に何かの拍子に朝鮮半島のことが学校の授業の中で出てきた場合は、
    教師はこの場合、
    【韓半島】という呼び名で教える。
    【朝鮮半島】とは言わないし、呼ばないし、この文言は禁句である。

    だから朝鮮民族、
    朝鮮族、
    朝鮮人、
    朝鮮半島というこの日本人の誰もが普通に呼んでいるこの文言は、この文言は学校の世界ではいま一切聞かされることもなく禁句になっている。

    だから学校の教頭、校長に昇格していく教師のその教師が平の時教えていた科目、担当科目を見ればその意味とそのことがよく解る。

    日教組にたてつかない、組合の趣旨に沿った者、絶対服従の者、接待のうまい奴、
    これが条件になるんだが、この中のこの朝鮮というこの内容にこれを表で晒す人物、教師は絶対に校長に昇格は出来ない。
    この事を社会科科目の教師は徹底してこれを知っていて、自分が昇格する最低条件のこの朝鮮という文言を授業で具体的には出さないということがこの条件に入り組合の意向に沿った者になるのだ。

    組合の幹部連中こそ日本国籍を騙し取った連中が殆どなのでその人事権の強さを彼らは知っていてこの幹部連中が一番困り嫌がるこの朝鮮人というこの文言、これを出さない教師、これを学校の現場で絶対に出さない教師、これを選別していくのだ。

    つまり絶対服従者を作りこれで現状日本の社会科の授業での朝鮮という文言は一切言葉で出されないようになった。
    これに絶対に逆らわず日本国内での小、中、高校、これらの教師で、社会科授業で現状朝鮮半島の歴史についてのことを教える教師はまずいない。

    現状の校長昇格者の現役時代の担当科目、

    これは現在、
    圧倒的に体育の教師が多い。

    これは接待攻勢が巧みで、縦の社会をよく踏まえていて上の者を持ち上げ立てるのが巧妙なのだ。運動クラブで大学時代縦社会の決まりを叩きこまれたおかげだ。
    それをしてもらえる教師を校長に推薦する。

    その次が平の現役時、元社会科の教師、
    これはここで今書いたこのことが大きい。絶対服従で【朝鮮人】【朝鮮半島の現地の歴史】というこの内容、この文言のことを、これを学校なりで絶対に文言で喋らないし、話題に出さないから。

    次が美術音楽の教師、
    これは実は個人的に資金が豊富で、これはこれらの教師には学校への納入される種類がこの科目の者は他と比べて金額が大きくなり結果納品の授業に使う用品のキックバックが多くありこれが接待の費用に組合幹部や教育委員会人事権を持っている連中を接待する資金を結構調達、用意、使える資金の予定ができるのだ。
    結果接待攻勢で校長への昇格へとつながる。

    桜ノ宮の前任の校長が、あの事件が発生する前年まで在任だった校長、彼が校長職を退職後、一体何処に天下りしていたか、どういうコメントをこの校長は事件発生時にコメントしたかを見ればすぐにこのことの意味が解ることだろう。
    これが全てを見透かせるすべてになる。

  4. 仲井 より:

    本日の今さっきやっていたTBSの番組、教えてもらう前と後という番組。
    終了間際にトランプ陣営のバノンについて、あのただ自分で勝手にだが、個人的に私の尊敬している野村修也先生が出ておられた。
    彼が取り上げた。この人物のことを。
    かなり極端な思いを持つ強い思想の持ち主だという説明をされていた。

    その中でテレビ局が作った映像が、トランプ当選を祝すパーティーのシーンが流れていた。いかにも大衆からうーんというため息を漏らすはずだと、そう思うはずだというテレビ局の思惑通りの思いを持ってもらえるはずだというそういう思いで多分あそこにこの映像をもってきてるのだろうが、このテレビ局が悪意の想いをもってわざわざあそこに故意にここだけを流した。
    底だけのほんの一瞬の映像を、シーンをわざわざ出してきて、そこだけを取り上げていた。
    テレビ局の悪意そのもののコメントが映像から出て来そうな、出るシーンを出していた。

    いかにもそれが、そこに参加していたメンバーらがその姿勢がそれがまるでヒットラーに見えるという状況にもっていく、ナチスと同じ組織だと思わせたい見え見えの本当に悪意の映像であった。

    確かに手を斜めに振り上げて万歳を示すこのシーンに、そういう姿勢であったが、これがヒットラーの組織と同じで危険だとテレビ局はそうしたかったのだろうが、でもどこの国の万歳でも、この片手での万歳は結構どこでもやる。
    そのシーンをヒットラーだと直感で思わせいかにも危険でこの連中は虐殺までやる連中だと思わせる、そう誘導で日本の国民に思わせそうもって行こうが見え見えであった。

    こういうプロパガンダについてこいつらTBSこそことあるごとに日本は戦時中にプロパガンダで国民を誘導したと批判しながらこういう事は平気でやる。

    トランプとこのバノンについて、結構保守主義できつい行動に出ているとは思えないことも無いが、だが、それをなんとあのナチスドイツのヒットラーとまるで同じ組織でそのうちそうなるがごとくに伝えていくこのとんでもない誤誘導。言語道断である。

    ヒットラーと同じことをやるだろうと思わせていくこの手法、そうなる可能性がある組織だ、大統領府だ、などと思わせるように持っていくこのプロパガンダの方が、もっと悪意に満ちているだろうが!って。

    TBSには多くのこういう例の前科があるが、彼らが以前に報道特集でやった日本軍が南方戦線で占領して進出していた過程で地元の住民の娘さんを強姦、婦女暴行、残虐行為を繰り返していたと、これを日本人の日本軍がこれをやって繰り返していたなどとTBSはテレビで伝えた。
    現地の女性への聞き込みをやりながら当時被害に遭ったという女性らから話を聞いていた。
    TBSはこの女性らにこういって聞いていた
    【日本軍がやったんですか?日本軍の兵隊があなたたちにそんなひどいことをやったんですか?】と聞いた。
    【そうです、日本の軍服を着ていたから日本軍の兵隊です】と現地女性は応えていた。
    【日本軍に間違いないですか?日本軍ですね?】
    こう何度も聞いていた。
    だがここでものすごい誤解があるのだ。実は。
    このTBSの記者はあらかじめどういうことだったかを彼らは先に実態を事前に知っていて、それを知ったうえで、この番組を見る日本人に巧妙に勘違いさせる、違う内容にすり替えて思わせるために内容を間違えさせるように作り上げて報道したのだ。
    悪意のもとに。

    実はこのTBSは巧妙に仕組んで、テレビを見る日本民族の本当の日本人に、この事実を勘違いさせようと狙って番組を構成させたのだ。

    どういうことかと言えば、
    この間椿さんが書かれていた通り日本軍があの戦時中に南方の国に行き、そこで残虐に地元の女性を強姦していたと言う内容のこのほとんどは、実は日本軍の日本人軍人ではなくて、日本軍に軍属で戦地に日本軍兵士として行っていたし朝鮮人だったのだ。
    強姦婦女暴行禁戦略だと党のこういう残虐行為のほとんどは朝鮮人に読者だったのだ。
    確かに日本の軍服を着ていたが中身は朝鮮民族だ。

    日本軍の軍服は来ていたようだが、だがそれは実は日本軍として同じく戦地に赴いていた朝鮮人軍人だった。
    かれら朝鮮人軍人がそうやって現地の女性をひどい目に合わせおまけに金銭までも略奪したり悪の限りをやっていた。

    これも椿さんの書かれていた内容と合致します。
    これをTBSがとらえて報道特集の中で放映したがその時のTBSの金平は、現地の当時を良く知る女性に対して聞き方で、
    日本軍が、日本軍の者が、日本の軍服を着ていた者が、
    こういう聞き方だけでそれが本当の日本人だったのかを一切言葉で出して聞こうとしていなかった。
    あれだけ取材をやる仕事の人間であれば軍人の中には当時朝鮮人が相当含まれましてや最前線には朝鮮人が多かったとも聞いているのでそういう現地での行動は真っ先にまずは日本人軍人よりも先に朝鮮人軍人が現地には足を入れるはずでありそう言うことがわかった上でテレビを見る人には日本人が悪いことをやった日本人がやったと伝えrてやろうとやっていた。
    だから女性に聞く場合に日本人の日本軍でしたか?
    日本の軍服を着た本当の日本人でしたか?などという文言では一切わざと聞かずに日本軍ですか日本の軍人でしたかだけを聞きこの言葉の使い方の微妙に使い分けて見ている日本人を誤魔化しているのだ。

    最近で言えば移民、難民問う文言でしか報道で新内。
    決して、
    違法移民、不法入国、不法移民、という、この違法という文言と不法という文言をバッサリと飛ばして移民、難民という言葉を使ってごまかそうと必死で或る。
    この手法と全く同じでこいつら朝鮮民族のこの手法はもうそこらじゅうで使い分け巧妙に日本国民を騙して嘘の内容で日本国民を誘導であおっていくのだ。
    勘違いした日本人がトランプは酷いなどということに騙されていくのだ。
    法治国家であればごく普通の当り前のことをやっているのに日本の朝鮮民族はあれは違法移民も不法入国もいいんだという報道に捻じ曲げてやっている。

    とんでもない連中らで、日本の国籍を騙し取っている違法移民の朝鮮民族テレビ局だ。
    日本の皆様、
    朝鮮民族の巧妙な手段による嘘と誤報を真に受けず、こいつらの悪意をよく見定めて勘違いさせられないようにお気をつけて。

  5. 仲井 より:

    私は最近、奴らは何でそういうことを異常に怖がるのかと、そこが想像の範疇を越えていてちょっといぶかしく思っていることがある。

    日本のリベラルと言われるどんなものであろうととにかく戦争というものに異常に過ぎるほどの物言いで反対する者ら。
    こいつらのこの状況が私には何でそこまで怖がるのかとついつい思ってしまう。

    今日も何となく考えていたのだが、それは何処から来ているのだろうかと。
    なぜそれほどに怖がってこの間の安保法制でも戦争法案とまでなずけてまで異常なほどの行動で反対運動をやっている。
    何を怖がっているのかが、そこまで怖がるかあ?と、ちょっと想像を超えていると日本人の皆さんはそう思いませんか?

    そこでちょっとした答えを探して見て、それに該当する答えらしきものを私なりに考えてみました。

    なぜ戦争というものにあれだけ異常に怖がるのか、
    これについて、
    日本人が実体験で戦争の怖さ、今生きている国民の年代で実際に戦地で戦った人はもうものすごく少なくなっているほど時代が過ぎている。
    日本での本土での空襲での直接その境遇に遭遇した人ももうものすごく少なくなっている。
    いまものすごい反対運動をやっている者らは出は本気で、本当に戦争での怖さを知って肌で感じてそのうえでああいう反対運動をやっているのかと言えば、何も日本が戦争で被害を受けたその時の怖さとかでは全く無くて、彼らは実はそれとは違う経験、つまり日本の戦争でのことでの怖さという者は、それは殆ど違ってかれら自体がその怖さを感じている戦争の怖さというものは、実はそれは日本が関わった本当の戦争の事ではないのではないのかと、日本のやったことやられたことでのその怖さというものなどでは一切無くて、それとは実は違うことで怖がっているのではと思う。
    奴ら自体が、日本の戦争参加でのそこからの恐怖というものが、今の年代が今の若者だからというものではなくて、そもそも日本の戦争内容の事とは、この彼らが思っている戦争への異常なほどの恐怖というのは、それは全く無関係のところから受けていた恐怖体験を、これを怖がっているのでは。
    日本とは関係のないところでの恐怖体験、戦争による日本での恐怖経験、体験は、こいつらはほぼ受けていないのではないのかって。

    つまり奴らが言う戦争という意味合いは実は朝鮮半島で起きていた内容の事ではないのかと。
    朝鮮半島でことあるごとに起きる、何かの動きがあるたびに起こっていた無条件で与えられていた身分違いからくる拷問、強姦、人身売買、奴隷制度による異常なほどの無謀な虐待、差別、このことがこれが実は彼らが思うこの戦争での恐怖というものなのではと思ってしまう。
    私は日本で日本人に生まれ、その状況で、戦争で世の中は盛り上がったり疲弊したりの繰り返しを過ごし、日本国内での怖いという経験、所謂戦争に関する怖いという経験は一切見に感じたことがない。まあ戦地に私は言っていないのでそこはそうだというかもだがでも今日本に住んでいる国民はほぼ私と同じぐらいの経験だけであろう。
    戦争になって、日本人からの虐待、暴行、強姦というものを、私自身は幼いころから終戦から10年間ほどの間一切そういう状況に身の回りでは田舎だったからか、本土決戦と言いながらめぐり合わせたことがない。

    出はいま戦争は怖い嫌だ絶対に駄目だという者ら、この者らが日本で本当に日本人から戦争による怖さを受けた経験って、そんな経験をしたのかと言えばそれはあまりないと思う。
    空襲という怖さ、これぐらいで、それ以外で戦争が怖い怖いというが、一体そんなに怖いのか?って。この日本でそんな戦争というだけでの怖さって日本国内であったのか?って。
    日本人同士での互いの怖さでの対立など、争いなどという者はほぼ見たこともない。

    朝鮮民族がもう無茶苦茶をやって日本国じゅう空襲で焼けた都心を徹底的に略奪と暴行とを繰り返すもうとんでもない状況であっただけ。
    日本人同士の戦争による怖さなどほぼ無かった。

    つまり日本での戦争による怖さ等いうのは当時に朝鮮民族がやったあの当時の無茶苦茶な強盗、略奪、暴行、強姦、実はこれらで或る。
    日本人が戦争で国内でもめることなどほぼあまり聞いたことがない。

    戦争が怖い怖いという経験を今叫んで要る連中の怖さという者は実は日本の問題などでは無くてすぐに強盗犯罪者に入れ替れる素性の朝鮮人の内容のことを、これを対象に挙げて戦争になったらまた朝鮮民族が暴れるだろうと、彼らはそのことが怖い怖いと言って戦争反対戦争反対と叫んでいるのでは?

    日本人って本当に戦争が怖いと思っているのだろうか。
    怖いと言っているのは実は朝鮮民族でありかれらが言う怖いというのは戦争というそのことの内容などではなくて戦争が起きると朝鮮民族がまた㎡茶クチャ日本国内で暴れまくる社会を起こすのではという恐怖を彼ら朝鮮人はだから戦争反対だなどと異常とも思えるほどに敏感に反対だ反対だと叫んでいるのでは?

    他国から攻めてこられても闘うなというほどに戦争反対を叫ぶこの連中。

    つまりこの反対しているこの連中の怖いのは、本当は実は戦争そのものの事ではなくて、もしも戦争にでもなったら、またまた朝鮮人が無法に暴れ、日本の国内の奴隷上がりの朝鮮人がまたまた日本中でとんでもない荒くれの犯罪行為行動に出るのではという恐怖、これを彼らは戦争が怖いと叫んで言っているのでは?

    戦争が怖いのではなくて、戦争になった時の日本国内での無法化して朝鮮民族が思うまま好き放題に強奪が始まる、強姦が始まる、略奪が始まる、この朝鮮民族の無法行動をこれを奴らは実は【戦争】と叫んで、これは嫌だと、戦争が嫌だというのは無法化した朝鮮民族が起こすこの残虐行為、このことが奴らは反対に異常に大声を上げて叫んでいるのではと思ったりした。

    奴隷制度の存在している感に受けたであろう祖の残虐さを朝鮮民族は絶対に家系図に残して引き継ぐほどに身に染みて知っているはず。
    これを日本民族は一切経験をしていない。
    寄って奴らが怖いと言っているのはこの奴隷制度で受けた時の奴隷が故に受けさせられた虐待行為これを怖がり日本民族はそれを経験したことがないので彼らのあの異常なまでの反対運動がより際立って異常に見えるのだろう。

    そこまで戦争が怖いのか?とついつい聞いてしまうほどに彼ら朝鮮民族は異常に戦争を怖がっている風体を見せている。
    だが彼らが怖がっている本当の意味は戦争ではなくてそこから起きるであろう朝鮮民族の荒くれ無法行動がこの日本国内で起きることを怖がっているのだろう。

    他国から攻められても奴らは戦争が嫌だと、ほっとけまがいにいってるなど日本人からすれば常識では考えられない。非武装中立などありえない。
    彼らは本当の戦争の怖さは思っていなくて、本音は、
    【朝鮮民族そのものの日本国内での戦争中での行動が怖いのだろう】
    だから戦争とか独裁という内容になると常にヒットラーを出してきて、国内での虐待残虐行為をそれを戦争というたびごとに出してくるのだ。つまり同じ国にいてる同胞、同族の民族のことの方が奴らは怖いのだ。

    ヒットラー政権下で、総統に絶対服従だった二人の恐れられた男、
    ハインリヒヒムラー、
    ブロンドの野人と言われた死の火付け人、ハインドリッヒ
    このかれらが行った内容、直接の戦争の行為ではなくてこういう行為、朝鮮民族はこういう同族の同じ国の中でいてるもの同士での虐待虐殺行為、これが朝鮮民族にすれば戦争という意味になるのだろう。
    だから戦争が嫌だと言っているのだろう。

    日本で日本人はこういう経験はℬ日本人からは受けていない。
    でも朝鮮民族は祖国でもこういう状況を経験し後に日本にわたって来てからも同じ朝鮮民族からこの経験をもって知っている。彼らが怖いのは戦争でもなくその体験でもなく怖がっているのは同じ民族の朝鮮民族のことが怖いのだ。

    それが起きるタイミングが、それが実は、それが日本が戦争に巻き込まれたり日本が戦争を引き起こしたりのそういう状態になれば、それで日本国内が戦争状態の時に、そこでその時に起こるその朝鮮民族のその怖さを彼らは戦争は怖いと叫んでいるのだ。

    幸いなことbに我々日本人は奴隷制度もなく虐待の経験も差別をされた経験もなく日本自体が日本人同士での戦争中に争いなど起こしてもいないしまだ日本人同士は皆で助け合い協力までしている。
    戦争が怖いという連中こそ朝鮮人であり、朝鮮民族の一瞬で悪にもなれる豹変ぶりの、犯罪者に入れ替わるその姿を実際に見ている知っている同胞の姿、本性に対して、怖がっているのだろう。

    日本人は戦争など怖くもない。我が国を守ることでの戦いは、当たり前に戦うし恐怖など全くない。

  6. 仲井 より:

    先日も書いたことだが、
    日本のテレビ局がここまでひどいのかと思えるものが有る。
    日本国民の適切な判断を、これを故意に錯覚をさせてゆがめようと、この悪意の、誤った判断をさせることを目的にした狙いでの誘導工作、これは、ここにきてそれが最たるものへと、もう常軌を逸してきている情況になっている。

    思い出すに、これとよく似ている手法を使って、こういうことをやっていた者らが昔にある。故意に、狙いを定めて都合の悪いものを徹底的に潰そうと、陥れようと、悪意に満ちてやっているこの誤作動で国民の気持を間違えた方向に誘導しようとしているこのやり方については、これらについては、ここまで、テレビなどは「こういうことはとんでもない」と強烈にここまで非難をしてきていたが、だが今の日本では正にその誹謗中傷で非難をしていたその者ら側が、言ってきているその連中が中心になってそれを平気でふつうに常にやりだした。
    本当はこいつらの本性は実は独裁政権と同じ悪質な独裁政治の張本人になりたいという当人らとも思える。
    こいつらこそ独裁政権側の思考の連中だとよく解る。

    実はこれについては、日ごろこれらのテレビ局らは、
    【こんなことはとんでもない】と常にプロパガンダ工作を、猛烈に非難をしてきていた。
    その非難をしてきたそのまさに張本人らが、今の日本でそれをやっている。
    これが今の日本、日本のテレビ局だ。

    日本人のテレビ局になって居ないことの象徴である。
    都合が悪いと思えばそういう者は徹底的に陥れ、日ごろの我ががやってきていた、言ってきていたことなど全く気にも思わず、恥ずかしくもなく、平気で裏返し、ひたすら利権にくっついてプロパガンダ工作をやっていくのだ。

    こんな奴らが偉そうに日本の政治経済文化を、テレビで、報道で嘘撒き、悪意でまき散らして発言しているのだ。

    日頃一番急先鋒で非難をしてきたそのテレビ局が、プロパガンダの行為はとんでもないなどと言っていながら、都合が悪くなると今度は自分らがそれをまさにそれを自分らでそれを今やっている状況。朝鮮民族というのは、もう本当に救いようのない民族だ。

    内容はこの間書いたが、TBSがトランプを取り上げてその人間性、人格について、これらについてのトランプという人物の人物像についての話題を話している最中に、正にその時に起こった。
    その最中に、
    【ちょっとこれを見てください】とか言いだして、何の関係があるのか意味が解らんが兎に角突然にトランプの人物像の話題の最中にそこで出してきたものが、それがあのユダヤ人虐殺の舞台になったポーランドの強制収容所のアウシュビッツを、ここをTBSがこの時期に合わせて直接そこを何故か訪れて、
    【ここでひどい虐殺が行われたんです。この写真は当時こういうことで残酷な拷問と虐殺が行われた場所なんです。独裁政権が行ったとんでもない歴史の記録です】などと言いながら、ここで何とユダヤ人が収容所まで運ばれたという護送の列車の線路のところも取材で指差し、
    【当時ここからこの列車で大勢のユダヤ人がぎゅうぎゅう詰めで運ばれたんです、】と言いながらあの悲惨さを映像で流した。

    これを、トランプの話題をしている最中のその中でのときだ。
    まるでこの強制収容所の内容と、米国大統領のトランプを同じところに置いて、独裁というのはこれほど怖いことになるんですとやりだした。
    まさに独裁でこのまま非難して潰さないとトランプはまさにヒットラーのあの強制収容所送りと同じようなこれと同じように将来なりますよと思わせるような、そういういう報道の仕方をやった。

    それもわざわざこのタイミングでTBSがわざわざポーランドまで行って、どういうつもりかを疑うあの現地でユダヤ人虐殺現場になったあの強制収容所を訪れ、ここをこのトランプ政権のやってることに合わせて報道でわざわざこれとトランプを一体化させようとの狙いが見え見えで、これをやっていくその意味が、これがもう異常すぎるよな。

    こういう報道の仕方をTBSは他所に向けては、
    【そういう報道は、そういう発言はおかしい】だとか、
    【煽動だ煽動だ】と日ごろ物凄く偉そうに政治家などに誹謗しながらやっていながら、いざ自分にそれを突き付けられると、自分らが先頭になって日ごろこれをやっていることにTBS自身は、奴らは利権の事だけが頭にあって、自分らの国籍騙し取りの件がトランプの発言によって日本の国民にそれがバレては困るという狙い、こいつらは、他人の人権だとか、自分以外の者への気持というものは、口では言ってるが実は奴らはそんなことなど全く考えてもいない。
    もう初めから皆無で朝鮮民族まっしぐらの典型だね。

    彼らは日ごろテレビで独裁はダメだ、
    独裁政権はダメだと、そう言っている。

    その独裁政権こそ日ごろやってることが、まさにこのプロパガンダ行為、宣伝工作なのだ。
    間違えて伝えて、国民に勘違いをさせ其れを徹底的に刷り込んでいく。
    之こそ独裁政権が日頃やっているプロパガンダの最たるもの。
    これを今回正にTBSはやった。
    奴等はこれを普通にいつものことのように出来るのだ。

    つまりは奴等こそが独裁政治をやる張本人らの考え方を持っている素性なのだ。

    日本人は独裁政治などありえないしそれをやろうとするものなど一切出てこない。
    出てくるとすればそれこそ日本で日本の国籍を騙し取っている朝鮮民族なのだ。
    奴等こそ独裁的国家を狙い願っているのだ。
    ただ自分がその頂点に立つという争う井上での独裁国家だ。
    薄汚い権力闘争を繰り広げて北朝鮮の歴史をこの日本で作りたいのだ。
    それがあの青瓦台方式の日本版だ。

    TBSこそ、このとんでもない世界の国の独裁政権が過去も現代もやってることと、其れと全く同じ手法同じ工作を、今回も日ごろも、いつもやっている。

    この間までの橋下さんに対しても、石原さんに対しても、今の安倍さんに対してもこれと同じプロパガンダ工作を仕掛けとにかく潰そうとやっている。
    こいつらTBSこそ独裁政治を願い成し遂げたいその先鋒者なのだ。

    この橋下さんらに向けて、彼らに対して、ここまでTBS系列テレビ局は、新聞も含めてどれだけネガティヴ工作をやり、国民をとにかくまちがった方向に錯覚させるようにでっち上げでのレッテル貼りプロパガンダでやってきていたか。

    TBSが絡んでのこの歪めてレッテルを張ってのプロパガンダのこの手法は、過去のあのナチスドイツがやっていた国民を錯覚させるためのとんでもない宣伝工作と全く同じ手法だ。
    一言目には奴らは、
    独裁政権がもたらす内容というのは、ここまでひどいんです。
    強制収容所の映像について、こうなったら本当にひどいですねえという言葉でこの映像を説明するようにくくりで語って、そこで何故かそこにトランプは今ここ数日、まさに独裁的に横暴とも思える状況で大統領令を出している。こんな無茶苦茶な行動をトランプはやっている。独裁というのはこれぐらい怖い事なんですがトランプは大丈夫なのか!
    と、こう伝えた。
    もう異常もいいところだ。

    独裁という内容で、ナチスドイツを伝えるなら、ナチスが最重要視してやっていたプロパガンダをいの一番に伝えねばならん。
    TBSとどう違うのか。
    やり方も狙いももうそっくりだ。
    朝鮮民族の思いというのは、表で隠しているが、奴らの狙い、実はここにあるのだ。

    国民を騙す工作がナチスもTBSと同じく、やり方が必濃くもう凄かったのだ。
    あのプロパガンダをヒットラーの命令で統括の責任者に任命されやったゲッペルスを語らねばならぬ。
    ゲッペルスは子供時代に患った小児まひで手術の失敗から彼の生涯が終わるまで彼の足は不遇にも最後まで片足を引きずって歩かざるを得ない障害があった。
    おかげで兵役への徴兵検査にも彼は落ちてしまった。
    身長も160センチを少し上回る程度で、でも彼は性格的に異常なまでに権力志向が強かった。とにかく権力を持つ身分につきたいの一心でそこにドイツに丁度ナチスが台頭し直ぐに党員になり、その後ゲッペルスの、彼の異常なほどの権力志向(まさに朝鮮民族の身分を挙げたい、異常とも思える昇格願望と全く同じ)への強い想いを持つこの男の性格を気に入ったヒットラーに認められ、総統の側近中の側近の幹部にまで上りつめた。
    彼独特の演説での、国民を鼓舞する演説の仕方は、非常に巧みであった。

    ゲッペルスはナチスのやろうとしていることをとにかくドイツのためドイツ国民の為だと周辺国と闘うのはドイツ国民の為だと、その敵はまさにユダヤ人だと、ことの悪の元はユダヤ人にあるという宣伝工作を巧妙に宣伝し頻繁に映像で国民に流した。
    ゲッペルスはあらゆる手法で方法を考えた。
    その一例。
    これが実は今回TBSがやった手法とまさにそっくりなのだ。

    ★ユダヤ人が住んでいる家庭、ユダヤ人が集う場所、ユダヤ人が存在している、生活をしている所を普通に映像で流し、ところがその中に突然にその映像の中に故意に挟み込むようにフラッシュ的手法で、ユダヤ人が食事中の映像のところに【薄汚いどぶのドブネズミの群れている映像をそこに挟み込み流し、まるで食事で周りにドブネズミがうようよいてるところでこいつらは食事をしているのだというような、そういう汚いゴミのような連中だと、ごみのような民族だと、それがユダヤ人の生活、かれらの環境だと、それぐらいユダヤ人の環境は、毒や病原菌の集まる汚い所で食事をする連中で、連中は汚い汚れた奴らだと、こういう悪意のプロパガンダ工作の映像までを作って、ドイツ全国の国民にニュースで全国に流したりもしている。ゲッペルスが作ったユダヤ人へのとんでもない映像工作だ。

    これを見て皆さん思いませんか?
    まさにこれと同じことを日本のテレビ局のこのTBSがこれと同じような手法でトランプと虐殺のあの施設のアウシュヴィッツをくっつけて、同じようにやっていたことを。

    それもあのナチスの事件はもう80年程も前のことで、今のこの時代にこれをTBSがこれをやるとは。朝鮮民族の欲への強欲は絶えることなく執着している。

    朝鮮民族というのは慰安婦の内容と同じでこいつら時代が移り替ってることにまだ気づけないのか!って。気付いていても奴らはそういう民族だからやり続けるだろうなあ。
    今のこの時代にもヒットラーがやっていた手法をこの日本で朝鮮民族がこれを薄汚く嘘とでっち上げと偽装と成り済ましと、こういうプロパガンダまでを使いまくるとは。
    TBSはもう救いようのないテレビ局だね!

    TBSって江戸時代までさかのぼって、一度国籍の身元調査を公安も東京警視庁も江戸時代までさかのぼって本当の日本国籍の日本人かどうかを、違法国民になって居ないかを、一度徹底して調べた方がいいんじゃあねえの?
    日本人は居てるのかねえ。

トップへ戻る