3/1 橋下市長ツイッター「読売新聞の反橋下、反都構想のキャンペーンは凄まじいね。偏向報道もここまで極めるかという感だ・・・」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

関連記事:【本邦初!?】3/1大阪都構想『街頭』タウンミーティング・橋下市長(あびこ駅前) 動画

(引用)
今、住吉区我孫子駅前で、初めての街頭タウンミーティング終了。政治演説にありがちな一方的な街頭演説でななく、市民の皆さんからの質問に答えていく。良い質問が多かった。タウンミーティングもやっている。でも260万人相手に全部説明するのはどだい不可能。できるところまでやるが。

何かあればタウンミーティングをやれというバカ学者。大都市大阪の現状を見て、自分で一度やった上でコメントしろ。それにしても読売新聞の反橋下、反都構想のキャンペーンは凄まじいね。偏向報道もここまで極めるかという感だ。ぼくへの批判は結構だが、国民の知る権利に奉仕する本来の使命を思い出せ

読売新聞は、大阪都構想については一切報じないスタンス。その代り徹底した感情的な批判に終始する。大阪市民、府民にとって読売新聞は百害あって一利なし。すぐに他紙に切り替えることをお勧めします。なぜか。第一、都構想についての情報を一切報じない。第二、僕への批判が感情的。

読売新聞地域面の感情的な記事は酷過ぎる。骨格予算によって事業凍結、市民へ影響がある!と言いたいのだろう。読売は今回の市長選を徹底して批判しているから。しかし読売新聞は論理というものが全く分かっていない。僕が市長を辞職したことで、予算から外したのは「新規事業」のみだ。

つまりもともと大阪市政でやっていなかったものだ。その予算を凍結しても、市民からすれば、これまでの大阪市政と何ら変わりない。だいたい、僕が新規でやろうとしていたことも、これまで読売新聞は無視していたのだから、市民は新規事業が何かすら知らない。 (続く…)

(続き)
新規事業の予算を止めたからと言って、これまでの市民生活には何ら影響はない。これまでの大阪市政と変わらないままだ。新規事業は僕が市長になったからこそやろうとしていたこと。それと一時止めたからと言って、市民生活には何ら影響がない。それをいきなり読売新聞は特集してきた。

これまで報じたこともない、僕の新規事業を細かく列挙して、この予算が凍結になったと。なんだこの無茶苦茶さは。確かに市長辞職に伴い、新規事業のいくつかは予算を凍結した。でも、これまでの市民生活はこれまで通り。これまで市民が受けていたサービスが、僕の市長辞職で止まったなら批判をしてこい

今回の市長辞職で、これまでの大阪市のサービスに影響するものはない。これまでの市民サービスはそのまま継続する。市長に再選されれば新規事業を議会に提案する。
(橋下市長 twilogより)

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る