橋下氏「(森友学園)この追及能力。政府与党を監視できるのはやはり民進党。ただ偽メールには注意が必要」5/17のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

籠池氏:「3m以深ごみなし」 民進に取得交渉メール公開 – 毎日新聞

(森友学園)
この追及能力。政府与党を監視できるのはやはり民進党。
森友学園問題の核心的問題点は8億円の値引きの根拠。
今の日本社会において、事実はそう簡単に隠せるものではない。

ただ、注意が必要なのはメールの真偽の確認。当たり前だけどメールに出てくる当事者への裏取りは絶対に必要。以前の偽メール事件を経験しているので、同じ過ちは犯さないだろうが。

加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書:朝日新聞デジタル

役所組織はトップ(上司)、そして力のある政治家を忖度する。それが民主主義だ。あとはその忖度が不正・違法か否かが問題。方針を示すのがトップの仕事。ここで重要なポイントは適正な選定手続きが行われたかどうか。ここは超重要!

安倍首相も政府・与党も役所組織の忖度は否定すべきでない。このような文書が役所で作成されること自体、忖度だ。

戦争への過程というものを体験できた貴重な数週間だった。4月下旬にピークに達した北朝鮮危機。今はちょっと収まったけど、あの頃日本では…

大阪府、籠池氏を告訴へ=補助金受給で詐欺容疑 (時事通信) – Yahoo!ニュース


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る