松井知事「MBSボイス、いよいよフェイクニュースまで流すようになってきた」2017.5.16

と、松井知事に指摘されたVOICE
(※動画が削除されてしまいました・・・)

「自公維」は憲法改正への布石? 共謀罪衆院通過へ…(MBSニュース)

(引用)
 衆議院・参議院ともに自民・公明の与党で過半数を占める中、衆議院でわずか3%、参議院でも5%の政党が重要法案に影響力を発揮しています。それは日本維新の会です。与党はなぜ維新に気を使うのか?憲法改正へ向けた布石だと批判の声も出ています。

 共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案の審議。これまで政府は「一般の人がテロ等準備罪の捜査対象になることはない」と断言しています。一方、正式な捜査の前に行われる調査や検討の対象になることもないのかと、民進党が質問すると…

 「一般の方々について、嫌疑が認められることはありえないわけで、検討の対象とはならない」(金田勝年法相)
 「調査・検討を経て、実際に嫌疑はなかった。この人たちは一般の方々だと私は思う」(民進党 山尾志桜里議員)

 どこか議論がかみ合いません。一方、与党側は日本維新の会が求める「取り調べの可視化の検討」などを法案に盛り込むことで先週合意し、今週中に法案の衆議院通過を目指します。与党との「修正合意」について、維新の幹部は胸をはります。

 「今回は国民の側から見て、きちっと(法案に)ブレーキが効いたと判断をしているので賛成と」(日本維新の会 馬場伸幸幹事長)

 この「自公維」という枠組み。与党側は野党の維新の要求を呑むことで「強行採決」という批判をかわす狙いがあり、維新にとっては政策ごとに連携することで、実績を作るだけでなく、自らが推す法案を通すため、与党側に恩を売ることができるというわけです。

 Q.いっそ連立を組んだほうがいいのでは?
 「公明党のように連立与党になると、自民党から提案されたことをなんとか前へ進めるという前向きのスタートをしなければならない。やはり連立ではなくきちっと政権にモノを言う、ブレーキを踏むということは、今のポジション(野党)がいいと思っている」(日本維新の会 馬場伸幸幹事長)

 さらに、安倍総理の悲願である「憲法改正」には、衆参両院で3分の2の勢力が必要なため、維新の協力は不可欠。今回のテロ等準備罪のケースは、憲法改正に向けた「布石」との見方もあります。

 Q.憲法改正を見据えての動きか?
 「そうですね。私たち(維新)の意見を入れてくれる形をつくれば、いつでも協力しますと。形ですよ、中身ではない。共謀罪だけを取り上げて、共謀罪法案の妥協案として『取り調べの可視化』を検討するという話にしたのは筋が良くないですね」(立命館大学 松宮孝明教授)

 反対意見が根強い中、法案は今週「自公維」の賛成で衆議院を通過する見通しです。


「テロ等準備罪」を、敢えて”共謀罪”と言い換える人たち・・・
安保法制を”戦争法”と言っていた方々と、なぜか同じ・・・

この気持ち悪さを、国民は感じてる気がします・・・

テロ等準備罪 維新、社民の幹事長バトル勃発! 維新「存在価値なくし、永田町から党本部を移す状況に」vs社民「自民党の別動隊だ」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

日本のテレビでは流されないニュース
英ロンドンでテロ計画の19歳被告、エルトン・ジョンさんも標的に 国際ニュース:AFPBB News

英議会そばで刃物男取り押さえ テロ準備容疑で逮捕 国際ニュース:AFPBB News

海外では、これが当たり前
それでも、すべてを潰せないからテロが起きる・・・

日本のどこかの議員は「この法案でテロは防げない」って言ってた・・・

もし、世界にこの法律が無かったら・・・どうなっていたのか?
もちろん、知ってて言ってるんですよね??

P.S.
面白かったのはこれ

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る