5/6 橋下氏Twilog part.3「中原校長、和泉高校でネットで検索してみて下さい。こんな状態です。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

陰山委員長、今手元に資料がありませんが、当時のテレビや新聞等で、前委員長と小河委員が口元チェックはやり過ぎとのコメントを出していたはずです。小河委員はテレビのインタビューだったと思います。この点は中原校長に直接聞かれるのが良いのではないでしょうか?彼のブログにも書かれています。

陰山委員長、今回の僕のツイッターや雑誌の記事で侮辱を受けたと感じ、耐えられないと言われました。僕は侮辱される立場なので良いですが、府教委の管理下にある中原校長がどのような状態であるか府教委は確認されてたことがありますか?

中原校長、和泉高校でネットで検索してみて下さい。こんな状態です。彼は自力で反論しています。教育委員会の命令をしっかり守り、口元チェックの方法まで府教委に確認して了承を得ているのです。彼は政治家ではなく、さらに府教委のように行政責任者でもない。本来、府教委が守るべき校長です。

僕のネット上での記述はまあ仕方がないにせよ、一校長でもここまで批判の対象になります。教委となれば行政責任者。少なくても中原校長以上に批判を受ける立場です。中原校長の口元チェックは教委としてどう考えられるのか、国民には伝わっておりません。彼への評価、ネットで確認してみて下さい。

中原校長の口元チェックの大騒ぎのとき、府教委が中原校長を守ることはなかったと思います。守りに入ると批判されると思ったのではないでしょうか?しかし教委の命令を忠実に守っただけ。本来は前委員長が必死になって中原校長を守るべきだったのではないでしょうか?そして批判は教委が受けるのが筋

君が代起立斉唱条例については僕らが批判を受けるのは当然です。しかし職務命令についての批判は教委が対応すべきものです。起立斉唱を命じたのは教委です。それが中原校長への批判に転嫁されています。起立斉唱を命じたことは教委の揺るぎない本心なのでしょうか?

朝日新聞始め教育評論家や自称インテリ層は、大阪維新の会を徹底批判します。それはそれで良いのですが、彼らは権威に弱いのか府教委を全く批判しません。政治家は批判しますが、教育の専門家は批判できないのです。そりゃそうです、自称インテリ層よりも陰山さんの方が教育者としては格上ですから。

大阪の教育現場において、式典の際、教員による君が代の起立斉唱が必要だと判断したのは府教委なのですから、朝日新聞や報道ステーションの古館さん、多くの教育評論家、自称インテリ層と闘って、大阪の最高教育権威は起立斉唱を命じることを示して下さればと思います。

posted at 20:30:56

(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る