1/20橋下市長ツイッター「野党が強調する住民サービスが低下するというのも、完全なデマ。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

イスラム国(ISIS)が、発表した邦人殺害予告。
大変な事になりました・・・

対応をめぐり、大きな議論が巻き起こるでしょう・・・
日本人が「自衛」について、否が応でも向き合わなければならなくなりました。

橋下市長 twilogより引用)
野党が強調する住民サービスが低下するというのも完全なデマ。これまで大阪市が基礎自治体としての住民サービスに使っていた税金は6200億円。これはそのまま特別区に移す。ゆえに特別区の住民サービスが今より低下することはない。

RT @quetzal924: 最近のTLの流れで、大阪都構想のメリット・デメリットという捉え方は、そもそも成り立たないという事が見えました。 都構想は、現状のデメリットを解決する策を様々検討した中から、ようやく導き出した最適な手段。反対なら、絵空事ではない、より具体的な最適解を出す必要があると@t_ishin

その通りです!RT @quetzal924:最近のTLの流れで大阪都構想のメリット・デメリットという捉え方はそもそも成り立たないという事が見えました。都構想は現状のデメリットを解決する策を様々検討した中からようやく導き出した最適な手段。反対ならより具体的な最適解を出す必要がある

RT @hirokijima0318: 私は都構想を英語で話すことが毎日ですがMetropolitanizeというと皆あーなるほどと理解してくれます。5/18の世界の新聞のタイトル「Osaka will be a metropolis」が一番わかりやすい。RT@t_ishin 都だけがmetropolisを名乗れます。

RT @hirokijima0318: これが現実。海外のオペレーターもPrefectureとCity両方と話し合い、しかも知事が面会しながら調査予算が市にしかついてなかったことにも困惑していた。RT @t_ishin 昨年末にやった第27回府市統合本部の映像を見ろ。カジノ調査費用の持ち方だけでも大揉めだ。

RT @Adrenalink_: @t_ishin 『橋下主義(ハシズム)を許すな』著者の山口二郎氏「政治は善か悪かではなく、マシなものを見分けるのが重要。ないものねだりはダメ」と。大阪都構想も、一部の不安があるからやらないのか、完璧ではないけど今の問題を改善させるのかで考えるべき。そして大阪都誕生後も修正は可能

パーフェクト! RT @Adrenalink_: 大規模な施設管理、インフラ整備、都市開発を、府と市がバラバラにやってきたから中途半端な似たような施設ができたり、府市分断で非効率だった。この仕事は府に任せ、市は住民サービスに集中、5つの特別区に分け、より細かい対応を。サービス向上
(引用終わり)

山口氏・・・でも、大阪都構想には反対なんだろうな・・・

私は、丸山真男氏は少ししか知りません。もし氏が、生きていたら・・・
政治家・役人が好き放題やってきた、大阪府市体制。
それを改革する事に、反対したとは思えない。
これこそ、「市民による市民の為に自治」に近づく事なのだから・・・

丸山真男氏に興味のある方は、是非こちらをご覧下さい。
戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 丸山眞男と政治学者たち 前編
戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 丸山眞男と政治学者たち 後編

関連
1/19橋下市長ツイッター「反対派の主張は①大阪市がなくなる!②大阪市のお金が大阪府に奪われる!③住民サービスが低下する!そして④効果よりもコストがかかる!に収斂されてきた。」
1/18橋下市長ツイッター「有権者の声を聞くにはツイッターは便利です。特に反橋下、反維新という反対派の声を直接聞けますからね」
1/14橋下市長ツイッター3「大阪都構想について吹聴される数々のデマについて・・・」

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る