1/19橋下市長ツイッター2「日経の社説については、流石に現場の記者も疑問を感じているようだ。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

社説について橋下さんと日経記者とのやり取り
1/19橋下市長「日経の社説、最悪ですね、あれね。論説委員は昔の大阪府市の関係を知ってるんですかね?」登庁会見

橋下市長 twilogより引用)
大阪都構想に対して日経社説が、「もっと具体像を」「生煮えだ」という表現で批判をしたのは本当に情けない。新聞は小説とは異なる。主観的感情に訴える表現は、新聞では無意味だ。新聞は民主主義の根幹。政治をチェックし、時には政治を動かす。そんな役割が新聞には期待されているはずだ。

ところが日経の社説は、もっと具体像を示せ、大阪都構想は生煮えだと批判。こんな批判を受けて、こちらはどうしたらいいんだ?主観的評価は全く意味がない。まず客観的な物差しをしっかりと示すべきだ。政治が何をすれば良いのかを具体的に示すべきだ。

もっと具体像を、と言うなら、何をどこまで具体的にすべきなのかのレベルを示すべき。生煮えだと言うなら、何と比べて生煮えなのか、どこまで詰めればいいのかを示すべき。示されたレベルまで僕は対応するつもりだ。今のメディアの批判はムービングゴールだ。

ゴールに達したと思ったらゴールを遠くに移される。言われて点を説明をすればもっと具体像を、きちんと詰めればまだ生煮えだ、の繰り返し。何をどこまでのレベルで具体的にすべきなのか、詰めるべきなのか、示すべきだ。それには対応する。

昨日の日経の社説については、流石に現場の記者も疑問を感じているようだ。それなら現場から幹部を突き上げないと。日経の記者とのやり取りは oneosaka.jp/report/2015/01… です。

何も見ていないんでしょう RT @nodrive: @t_ishin 都構想応援してますー!webの仕事をしてるのですが、特設サイトのクオリティ高いと思います。これだけわかりやすく説明している自治体はないと思います。日経はどこ見てるんだろう??

各特別区は財政運営上全く問題ありません。これ以上、いくらの行革効果があるのかを精緻に検証することは無意味です。今の大阪市の住民サービスは確保されます RT @gotchaness: 財政シミュレーションを置いときます。www.city.osaka.lg.jp/toshiseidokaik…

日経記者も流石に昨日の日経社説には疑問を持っている模様RT @mutapo_: @t_ishin 今日のぶら下がり会見で、橋下市長が日経の記者と議論しています。↓ 2015年1月19日(月)橋下徹市長登庁会見 youtu.be/_a9PeUbF0tM
(引用終わり)

(日経社説掲載)1/18橋下市長ツイッター3「日経の社説も酷いな。『「大阪都」の具体像をもっと』だと・・・」

マスコミは、「大阪都構想・現体制のメリット・デメリットを良く考えて判断しましょう」と・・・
反対派は、都構想のデメリット(ほとんどデマ)をことさら強調する。
しかし、現体制のメリット・デメリットは、ほとんど語られない・・・
デメリットについては維新が、これまで再三指摘してきました。

なので・・・
勝手にあくまでも個人的主観で、題して、
シリーズ「大阪都構想をやらないメリット」を考える。
をやってみたいと思います。

早速、(その1)
大阪市は約4兆円という、市としては巨大な予算を持っていた為、数々の大規模開発することができました。
代表するものでは、阿倍野再開発4800億、アジア太平洋トレードセンター3065億、ワールドトレードセンター1193億などなど・・・
挙げればキリが無いくらい数多くの開発を手がけて来ました。

市民の税金だけでなく、借金をしてまで行われたそれらの事業は、多くが頓挫し、巨大な負の遺産をもたらせましたが、
それに携わる建設業者などの関係団体、それを差配する議員、もしかすると役所内の人間に、多大な利益をもたらせて来ました。

都構想をやらないで、橋下市長が市役所を追われれば、市民の借金をまた増やしてでも、
そのような大規模開発が出来るようになります。
この人達にとっては、大きな大きなメリットになります。

関連
1/19橋下市長ツイッター「反対派の主張は①大阪市がなくなる!②大阪市のお金が大阪府に奪われる!③住民サービスが低下する!そして④効果よりもコストがかかる!に収斂されてきた。」
1/18橋下市長ツイッター2「文楽を守れ!と騒いだ読売新聞を中心としたメディア、(寄付税制制度を作ったから)全社員に寄付させよ。」
1/7橋下市長「朝日の論説委員、どんな人がやってるの?よくあんな社説が書けるもんだな、と思いますよ!」登庁会見

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る