1/18橋下市長ツイッター2「文楽を守れ!と騒いだ読売新聞を中心としたメディア、(寄付税制制度を作ったから)全社員に寄付させよ。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下市長 twilogより引用)
RT @25Phta: 橋下徹 『大阪都構想 』 反対派の嘘八百に騙されないで下さい: youtu.be/L0wptB4C-Lo←大阪自民党、民主党、共産党が言っていることはデマです!真実はここにあります! #大阪都構想 @t_ishin

RT @ShinichiUeyama: 橋下氏「文楽」生かした街作りに意欲 – 産経ニュース www.sankei.com/west/news/1501… @Sankei_newsさんから

僕は文化行政の補助金が完全に既得権益化していたのを正しただけ。これまでの文化補助金は前年度の補助金をそのまま継続して漫然と出していた。そこに評価も戦略も何もなかった。ただ前年度と同じ補助金を出すだけ。ゆえにこの仕組みを改めた。審査機関を作った。文化団体にも等しくチャンスを与えた。

さらに今回、役所に税金を払う代わりに、文化団体へ寄付できる制度を作っている。文化団体も努力して寄付金が集まるように頑張らなければならない。市民も文化が大切だというならしっかりと寄付しなければならない。役所に税金を払うか、文化団体に寄付するか選択してもらう。

文化団体間で切磋琢磨してもらうのと同時に、役所と文化団体も切磋琢磨することになる。市民は、役所に払うか文化団体に払うか選択できる。やっとここまで来た。これで僕の文化施策の仕組みは完成する。文楽の補助金の仕組みを変えたときには凄まじい批判があった。文楽に補助金を出し続けろ!と。

まずは観客数に連動する補助金に変えた。観客数に連動させることにも凄まじい批判があったが、今年度、文楽は見事に目標を達した。努力の結果だろう。今度は審査型に変えていく。そして一番のポイントは寄付税制制度を作ったことだ。

文楽サイドは多くの市民の皆さんに寄付してもらえるようにアピール、工夫に努めてもらいたい。文楽の古典技術をうまく活用すれば演目は大変面白いものになる。脚本も新作であれば観客は多く集まるだろう。古典を継承しながら多くの新作・演出に挑戦。寄付を集めるなら古典の継承だけでは無理だ。

それにしても文楽を守れ!!!と騒いでいる者に限って、お金は出さない。文楽を守る103人の会なんて、結局何もしなかった。これまで文楽を守れ!!と言ってきた人たち、しっかりと寄付しなさい。特に読売新聞を中心としたメディアも補助金を出せ!と大騒ぎした。全社員に寄付させよ。

www.sankei.com/west/news/1501… 漫然と補助金を出すことは認めない。例え相手先が文化団体であっても。公平・公正なルールの設定と厳格な審査機関による評価。文化でも同じだ。しかし文化を用いる街づくりはしっかりとやっていく。
(引用終わり)

関連
ふるさと納税、文楽支援に 橋下・大阪市長が活用方針
12/30橋下市長ツイッター「自称インテリは大阪市へ納税する代わりに、文楽へどんどん寄付をして下さい。」
引退された、人間国宝・人形浄瑠璃文楽の竹本住大夫さん「大阪市の補助金廃止について」

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る