引退された、人間国宝・人形浄瑠璃文楽の竹本住大夫さん「大阪市の補助金廃止について」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

今日発売のサンデー毎日(12/21号)にインタビューが載ってました。

その中での、記者の質問・・・
「来年度から、文楽協会への大阪市の補助金が廃止されますが・・・」
(さすが、毎日系。いやな質問しますね) 

(一部引用)
 もう少し文化、芸術に温かい目を注いでほしいけど、こっちも予算をアテにするのはあきまへん。

 新作もやり、1人でも1回でも多く切符を売って劇場に来てもらう。それにはやっぱり大夫がしっかりせなあきまへん。浄瑠璃をしっかり語ったら、三味線も弾きよい、人形も遣いよい。そうしたらお客さんも喜んでくれはる。

 私は弟子に上手になれとは言いません。基本に忠実に素直にやれ、あとは人間性や。下手の横好きでもええ。何事も好きにならな、あきまへん。
(引用終わり)

物事を極めた方の言葉・・・
何も言う事は有りません・・・

橋下市長の文楽への対応はマスコミをはじめ、相当叩かれました。
しかし、この言葉がすべてを語っていると思います。

関連
橋下市長、文楽への補助金凍結の意向示す
10/4 橋下氏ツイッターpart.2 「水道橋博士への返事。&文楽の仕組みについて国が動かないなら、大阪の補助金分を使って、制度改革をやろうとしたのです。」

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る