橋下市長、文楽への補助金凍結の意向示す

やはり、こうなりますよね…
関連記事:文楽協会「補助金全額カットもやむなし」 改めて橋下市長と非公開の意見交換を要望

(引用)

「もう投入しない。自由奔放にして」橋下市長、文楽への補助金凍結の意向示す

 文楽協会への補助金支給をめぐり、協会に公開の場での意見交換を求めていた大阪市の橋下徹市長は24日、協会側が改めて拒否をしたことを受け「もう僕から提案しない。もう税の投入はできない」と補助金凍結の意向を示した。

 大阪市は今年度本格予算で同協会への補助金を前年度比25%減の3900万円としたが、橋下市長は6月に協会から意見交換を拒否されたことで補助金の凍結を示唆。交渉が続けられてきたが、同協会は今月23日、改めて公開での意見交換には応じられない意向を市側に文書で伝えた。

 市長は「補助金を使わず自由奔放にすればいい。大阪市と付き合わないなら、それはそれで歓迎すべきことだ」と突き放した。

 また市長は、市立学校活性化条例の成立に伴い実施している校長公募について、説明会を大阪市内で28日、東京都内で30日に開くことを明らかにした。

 大阪市から文楽協会への補助金凍結が事実上、決まった24日、文楽関係者らは複雑な思いを語った。

 文楽太夫の豊竹咲大夫さん(68)は「橋下市長は発言や行動が二転三転される方なので、現段階では『そうですか。やっぱり』というしかありません。結局、市長は上方文化に関心がおありでなかったのでしょう。今後、善後策を話し合うことになると思いますが、文楽がほったらかしにされるのが心配ですね」と話した。

 文楽ファンでもある作家の有栖川有栖さん(53)は「日本の伝統文化や芸術は公の手で保護されていくべきだと思うので、補助金打ち切りは非道だ」と批判。「これで大阪の市民は、素晴らしい文化を享受をできないハンデを負う。技芸員の方々には、大ピンチをチャンスに変える工夫を凝らしがんばってほしい」とエールを送った。(産経ニュース 8/24)

有栖川有栖さんは、この経緯を知った上で発言されているんですかね?
これまでの経緯をご存知ならば、「非道だ」などとは、とても言えないと思います

文楽への補助金は、くどいようですが税金です!
上方文化に関心があるかどうか分からない市民のお金です。
上方文化に関心が無い市民のお金も使うのですから、最低限、その使い道をキチンと説明出来ないと、もらう資格が無いと思います。

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 関東地方 より:

    こんにちは  同感です

  2. 先憂市民 より:

    関東地方さん
    コメントありがとうございます。

    > こんにちは  同感です
    文楽に限らず、この様な補助金は、日本全国に存在していると思います。
    そして、多くの市民がその存在を知らない物も多いと思います。
    橋下さんが、この問題にこだわるのは、大阪での論争が、全国でも巻き起こって欲しいと考えている。
    と、勝手に推測しています。

トップへ戻る