橋下氏「希望の党規約は、(公約に反して)党本部が企業団体献金を受け取れる規定になっています」1/23のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(橋下徹氏twilogより引用)


(出典:https://twitter.com/kogashigeaki/status/954262102583078912)


(出典:https://twitter.com/kogashigeaki/status/955247757530288129)

①玉木さんは、僕とのツイッターでのやり取りで、希望の党は規約で企業団体献金を禁止しており受け取っていないと明言した。規約35条では資金管理団体で個人献金を受け取ることを明記しているがこれは当然のこと。古賀氏の指摘の通り規約34条が重要だ。

②玉木さんは、希望の党は企業団体献金を規約で禁止し、受け取っていないと明言した。もし規約34条によって党本部が企業団体献金を受け取り党支部に回しているなら、こんな誤魔化しはない。玉木さんはきちんと説明すべきだ。同じことを政府与党がやれば玉木さんたちは烈火のごとく怒り狂うはずだ。


(出典:https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/955722266444144640)

わざわざありがとうございます。希望の党規約32条は、確かに党本部は企業団体献金を受け取れる規定になっています。もし希望の党が企業団体献金を受け取らないことを他党との違いとして打ち出すなら、規約32条に「党本部」も加えるべきです。規約が中途半端でここを突っ込まれるのはもったいないです。

(管理人注:話が分り易い様、話題が違うツイートを抜いています。抜いた分は別記事で掲載します)

<<下に続く>>


橋下さんの指摘

玉木代表、党規約に反映させられるか?

受け取っていないから問題無いでは、有権者は納得しませんよね!

(略)1月4日、貴乃花親方が日本相撲協会の理事を解任された。巡業部長という重い地位に就いているにもかかわらず協会への報告義務を果たさず、公益法人役員の忠実義務に大きく違反しているということが理由らしい…


弁護士橋下徹「小泉進次郎」論を語る
進次郎さん、あまり善人モードはしんどいよ

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る