橋下氏「今後、虚偽ツイート・リツートをした人に対して法的手続きを執る旨警告します」1/28のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(橋下徹氏twilogより引用)

ツイート・リツートが名誉棄損に該当する場合には、発信者の特定のために弁護士の職務上の権限を用いて、法令にのっとり個人情報を探索致しますので、ご了承下さい。

ツイッターが簡易であるがゆえに名誉棄損が横行しており、しばらく様子を見ていましたがこの虚偽リツートが収まる気配が一向にありません。ゆえに一般の人を相手に法的手続きを執ることは非常に残念ですが、今後これらの虚偽ツイート・リツートをした人に対して法的手続きを執る旨警告します。
(管理人注:虚偽ツイートを引用したツイートですが、このツイート後、その虚偽ツイートは削除されたようです)

名誉棄損に該当する場合には、ツイート・リツイートの発信者情報を弁護士の職務権限に基づき、法令にのっとり探索致しますので、ご了承下さい。なおリツイートも名誉棄損に該当することは東京地裁平成26年12月24日、最高裁昭和31年7月20日、同平成10年1月30日、同平成14年1月29日の各判決を参照下さい

僕が大阪府職員を自殺に追い込んだという事実があるのであれば、自ら一定調査をした上できちんと提示して下さい。他人のツイートを何の調査もなく単純にリツイートすることは、自らの表現行為として名誉棄損に該当します(東京地裁平成26年12月24日判決)。リツイートだから問題なしとはなりません。

僕のこれまでのツイートでは確かに汚い言葉も使っております。しかし名誉棄損として責任を負わされるような表現はしておりません。言葉が汚いからといって直ちに名誉棄損として責任負うわけではありません。責任を負う負わないの法律上のラインを知らずにツイッターを使うことは非常に危険です。注意を

<<下に続く>>


ツイートに出てくる「東京地裁平成26年12月24日判決」
一般人には何の事か分かりませんよね(^_^;)

こちらに解説がされていました
ウェブ連載版『最新判例にみるインターネット上の名誉毀損の理論と実務』第11回 - けいそうビブリオフィル - Part 2

(一部引用)
松尾:要するに、キャンペーンの参加者、特にSNS等で深く考えずに名誉毀損に「加担」してしまった参加者について、どこまで重く責任を負うべきかは、非常に難しい問題で、私の理解では裁判所も十分に価値判断を決めきれていないところだと思います。

工藤:なるほど……。

松尾:この点について参考となる、2つの裁判例をご紹介しましょう。

工藤:ぜひ!

松尾:1つ目は、東京地方裁判所が平成26年3月20日に下した判決、2つ目は東京地方裁判所が平成26年12月24日に下した判決です。

3月20日の判決は、「いいね!」に関するものです。

工藤:はい、『最新判例にみるインターネット上の名誉毀損の理論と実務』でも多数言及されていますね!

松尾:この事案、判決文からは具体的な名誉毀損文言が不明なのですが、mixiと思われるSNSで「いいね!」を押したところ、元投稿が名誉毀損であったことから、「いいね!」を押したことによって自分も名誉毀損の責任を負うのか問題となったということです。

裁判所は、「△△上のイイネ機能は、△△上のつぶやきなどの発言に対して、賛同の意を示すものにとどまり、上記発言と同視することはできない」として、名誉を毀損する投稿について「いいね!」を押しただけでは、被害者に対する不法行為にならないとしました。

なぜそのように判断されたのかについては、判決文からは十分に明らかではないのですが、その裏の価値判断として、上の議論の後者、つまり、名誉毀損で責任を負うべきは元投稿の作成者であって、気軽に「いいね!」ボタンを押しただけで者の責任を問うべきではない、このような発想があるように感じられます。

工藤:12月24日の判決はどうでしょうか?

松尾:これはリツイートの事案なのですが「リツイートも、ツイートをそのまま自身のツイッターに掲載する点で、自身の発言と同様に扱われる」として、リツイートした人が、元ツイートの内容について名誉毀損の責任を負うとされました。

この2つの判決の違い

1つは、記事に「いいね!」

1つは、ツイートを「リツイート」

この2つは明らかに違う!

「いいね!」は、裁判所の言う通りだと思うし、拡がる範囲も限定的(いいねが伝わるのは、いわゆるsnsでの友達関係のみ)

「リツイート」は、表現物を不特定多数に拡げたいとの意思に基づいてするもの

昔は労力が必要(ビラを撒いたりとか)だったが、ツイッターでそれがボタン一つに出来る様になっただけ

ボタン一つと手軽でも、当然責任は同じだろう

まして、ジャーナリストを名乗る者であれば、その表現物の信ぴょう性を確認しない事はありえない

橋下さんの連載今週UP分
これはのタイミングピッタリ記事ですね!

きっかけは「橋下徹が大阪府の職員を自殺に追い込んだ」という虚偽情報のリツイート。橋下徹氏はこのほど、ジャーナリストの岩上安身氏に対して名誉棄損による損害賠償訴訟を提起した。表現の自由を民主主義の「大原則」と語る橋下氏はなぜ、ジャーナリストによるリツイート問題を法廷の場で争うのか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下...
橋下氏「IWJ岩上氏のリツイート内容は表現の自由を完全に逸脱している。ジャーナリストを名乗る資格はない」1/22のツイート の続きツイート...

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 京都の住人 より:

    民事で裁かれ金や謝罪で済ませられるのならいいが、刑事事件になったとたん留置の上番号で呼ばれ、調べの警官には戸籍謄本等から情報で厭味ったらしく罵られ(罪を憎んで・・は通用しない)、ましてや初留置の者は人生が終わったかのような極限状態にまで持って行かれる。これらを承知の上で覚悟の上で仕掛けるならまだしも、警告を発信したのが嫌いな橋下氏だからと、恐れを知らない甘ちゃん達は匿名でいらんことを続けるのでしょうね。

  2. 仲井 より:

    これは今も当然だが、本来はネットなり情報を発信する場合には、特に個人を相手に発信してやる場合には、当然これは当たり前であり、見ていてここまでの橋下さんは、私に言わせればまだおとなしいぐらい。

    ネットが起動しだした時期、私自身がこれを知って書き込みができるようになった(私自身が拙い動作でネット上の掲示板に書き込みができだしたころに)頃にはもう中身はとんでもない文言文字がそこらじゅうで氾濫していた。

    脅迫など掲示板上では当たり前で起きていたし(ネット上での)そこでいえば私など毎日のように掲示板上で脅迫や脅し、今にも行くぞまがいに攻撃は日常のように普通に受けていた時期が或る。

    まあ私が当時やっていたことが、普通の人には気づかれないように(私の指摘した証拠の見つけ方でそれまで【そこか】【まさか】と、犯行の証拠はこうやってわかりますよと、実はそれが普通に簡単に誰でもわかる内容を、ネット上に私が詳細を示して、北朝鮮犯罪を攻撃していた)見えないように、北朝鮮が巧妙に偽装しての、しかも悪辣なのは徹底した天下りを受けることでグズグズにそこを摘発逮捕させずに隠蔽させ、警察、検察の幹部まで幅広く全国にまで広げてまで巻き込んでグルでの犯行の決定的証拠をつかめたので、それを内容に、ネット上でその北朝鮮国営と思える掲示板に対して攻めまくっていたことがある。

    私宛に殺害予告が来てからだが。

    ★こんなことまで一国民のか弱い私などに対して、あのソ連が抱える前まではただのドロボー集団だった金日成の、本来は原野を駆け巡り手当たり次第に金目のものを盗んで走り回る獲物を狙って放浪していたあのメキシコのあの荒野の用心棒に出てくる悪辣極まりない野戦での放浪の山賊上がりの、あれらと同じの、まさに、ドロボー集団が、たまたまソ連の目に留まり、祭り上げられ、ソ連の傀儡として朝鮮半島の、あの半島の北側の前面に出てきただけの連中ら、支えで祭り上げられて、いつの間にかドロボーがたまたま間違って最前線での戦闘部隊となっただけの、ただそれだけで作られた組織、それを自分らで国家と思い込んで国家としてやってるだけ。
    だからそのことを知っている北朝鮮側の住民は【首領様】と呼ぶ。
    まさにドロボーの山賊の初代首領が金日成であり、今それを引き継いでいる金正恩というだけの集まり。

    あんな連中が、一応は国家を名乗っていながら私のような個人にまで直接脅しをかけてくるほどとんでもない肝っ玉の小さいやつら。
    国家だ国家だといってるがただの泥棒集団。
    日本の一国民にさえも、まあ細かくあんな風に私などにまであの国はやってくるのかと、それが頭にきて、じゃあ徹底してやってやろうとやりだしたころ。

    犯罪行為で日本の財産を奪い続けているそこらじゅうの北朝鮮組織、事業所相手に、ネット上で来る日も来る日も毎日徹底攻撃をかけていたので。
    相手が北朝鮮単独狙いで私は当時やっていた。

    私のほうはたった一人であったが、まあ相手は毎日最低でもHNを一人で最低でも20個ぐらいのものを使い分けての別人に成りすましそれもごく一般の日本人の普通の人の意見を出しているかに見せかけてもう巧妙に徹底してつぶしに来ていた。

    北朝鮮側も私への攻撃にも、ガツンとした対応が怪しくなりだしても、でも北朝鮮事業の営業上その掲示板はでかいしこれを閉鎖まではできないということで、ここを閉められないので(国営の事業の営業部分と、日本で全国向けで奴らがやっていた日常の運営の紹介をその掲示板などでやっていたので閉めるに閉められず、それをやるわけにいかずに、連中は私をとにかく排除させようと、除外しようともう24時間体制で私に向けて全く知り合いでもないものまで出てこさせて、
    【おい!お前は小さいころからどうのこうのと、まだそこでこんなことを、、、、、)などというでたらめのウソの物語を作って、私の同級生だといって書き込みまでしてやらしていた。
    もうこいつら何でもやる凶悪連中。
    まあこれが5年ほど続いていた。

    ここまでが、やりあったことがものすごくある。
    ある日など、3日間ほど寝ずに隙間なく攻撃でやってきて、5分の隙間もなくやってくるすべてに私が反撃のコメントを書きき続けて対抗してやっていた。
    あの当時は、軽く日に200回から400回ほどは、そのぐらい私への誹謗中傷書き込み、脅迫、殺害予告と、もうとてつもない状況でやってきていた。

    テレビで今執拗にやり続けているあの今のテレビの状況、森友でも相撲でも不倫でもとにかく異常とも思えるあの行動志向は明らかに朝鮮民時奥の頭の感覚。
    間違いない。日本民族はそんなことまでやらないし第一やれない。
    慰安婦像でも執拗にやり続けるあれも同じだ。
    まさしく朝鮮民族志向である。

    橋下さんもやればいい。
    私はそのことに対して大いにやればいいと思っている。

トップへ戻る