橋下市長「『戦争に行きたくないは利己的』自民党若手国会議員。そんなに威勢の良いことを言うなら、お前がまず行け。」8/3のツイート

橋下市長 twilogより引用)
news.yahoo.co.jp/pickup/6169373 「戦争に行きたくないは利己的」自民党若手国会議員。国会統制の酷さの正体が出てきた。そんなに威勢の良いことを言うなら、お前がまず行け。国会議員を人身御供で前線に送り出すことを本気で考える必要あり。こいつの防衛出動の承認だけは絶対に嫌だ

RT @gogoichiro: 今日の大阪自民党との意見交換会において、自民党から大阪会議は大阪都構想の対案ではないとの事。何故ならば大阪都構想が廃案になったのだから、対案もなくなったと云うのが、大阪自民党の理屈です。こんな屁理屈が通用すると本気で思っているから、やっぱり自分党なんでしょうね。
(引用終わり)

このツイートに対して、ネットではこんな反応も・・・
橋下徹氏 炎上の武藤貴也議員をTwitterで批判するもネット民から批判(ライブドアニュース)

橋下さんに、
「貴方も、モチロンご一緒するんでしょう??」と言ってる人・・・

橋下さんが、国会議員になる前提で言ってるけど、
いざ、そうなりそうになったら、一番潰しにかかる人なんだろうね・・・(^_^;)

安保問題、つまり国防・戦争の話・・・
過去の悲劇と直結、連想されるから、つい感情論に話が行きがちになる。

しかし、それに覆われれば、周りが見えなくなり、思考停止に陥る・・・

敢えて感情論を遠ざけ、
歴史、現状を冷静(冷酷)に分析して、未来を考えなければならない話だと思う。

この先、日本が選択できる平和のレベルは、どの程度のものなのか?
その中で、私達は何を選択し、その為に何を犠牲にするのか?

自前の資源も乏しく、国土も狭い日本・・・
(資源に関しては、今後は分かりませんが・・・)

先の大戦、資源を他国に依存し発展して来た日本が、世界で孤立し(させられ)、資源が絶たれ身動きがとれなくなってしまい開戦の一因となりました。

そして、現在の繁栄も、大半の資源を他国に依存し成り立たせています。

そんな日本が、これから世界の中で、どのように生きて行くのか・・・行けるのか・・・?

感情論を排して、国民1人1人が考えるべきなのでは・・・


(何が日本を勝てない戦争に追い込んだのか?マッカーサーが日本での翻訳出版を禁じた衝撃の書)

この本を、読んで改めて思いました。

それなのに、メディアが中心になって「感情論」に訴える現状・・・

言葉もありません・・・

関連
【安保法制デモの真実】国会前デモに集まるヘイトな人々「あなた公安でしょ?」産経記者は詰問され・・・
高校生のみなさん。徴兵制に反対なら安全保障関連法案に賛成すべきでは?(BLOGOS)

P.S.
私自身の安保法制の立場に質問がありました。

私の中では、
維新案>政府案>廃案
です。

もし、維新案が通らないなら、政府案を修正して出来る限り維新案に近づけて欲しい。
最悪、修正なしでも、廃案よりは政府案が通った方が良いと思っています。

橋下さんが言う様に、私も、今の議員に判断させるのは不安です。

でも、それを選ぶのは国民です。
その危うさから、選挙に行ってしっかり信頼できる議員を選ぶ。
その責任感が、国民を政治に目を向け監視するようになってくれればと思ってます。

それを阻害する問題が2つ。
1.メディア・マスコミが、今のような情報操作、偏向報道をやめること。
2.公平を維持できる選挙制度を導入すること。

正直、恐らくムリでしょうね・・・

でも、今のまま行って、国民か自衛隊に損害が出れば、本気で考えるようになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 京都の住人 より:

    大正デモクシーのような左右の影響をあまり受けない幻の時代はあったにせよ、産経が連日一面トップに持って行ってる、若い特攻隊員や何百万人の犠牲とその家族の悲しみの上に、今の「俺には関係ない」とすぐにほざく馬鹿どもが、何を恐れる必要なくのほほんと暮らせる今が有ると~こう言うつもりはありませんが、ソ連が満州から朝鮮半島を渡り、台湾沖縄、末は日本列島をも我が物にせんと企てているのを恐れてアメリカが原爆に手を着けたように、アメリカは中国思想に対しては必ず対抗して行きます。日米安保に縋るとはそれを飲むということです。ただ、アメリカに義理人情が通じない事も知っておくべきです。

  2. 匿名 より:

    人種・民族・文化の違いに関係なく、全ての外交において義理人情は通じない。
    たとえ相手が友好国であっても更に言えば軍事同盟国であっても、まず自国民を護り国益を優先するのが外交の役割だから。
    そんな世界共通の冷徹な常識を把握して、その上で自国民と国益を守るために(国連すら最低限認めている)集団的自衛権を丸裸の日本国が早急に整備する重要性を全ての国民は理解して覚悟を改めないと、(自分たちの子や孫世代が主役になる2030年頃の)近い将来において「今の水準の平和すら」維持できないよ。

  3. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    その通りです。
    まず、自分から戦争に行くべきでしょう。

トップへ戻る