橋下市長「勇気をもらった」勘三郎さんとの秘話明かす

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下市長「勇気もらった」勘三郎さんとの秘話明かす(日刊スポーツ)

(引用)
 大阪市の橋下徹市長(46)が31日、大阪市役所で、親交があった歌舞伎俳優の故中村勘三郎さん(享年57)から、文楽協会への補助金カットの際に「方針は間違ってない」と激励を受けた恩義、感謝を語った。

 この日は、今年4月に東京・浅草で「平成中村座」を復活させ、秋には5年ぶり3度目の「大阪平成中村座」(10月25日~11月26日=大阪城西の丸庭園内特設劇場)を上演する勘三郎さんの長男、中村勘九郎(33)の表敬訪問を受け、勘三郎さんとの秘話を明かした。

 文楽への補助金削減の際、橋下市長は文化団体、一般市民ら各所から非難を受けたが、闘病中の勘三郎さんから、知人を通して「文化行政に関して、方向は間違っていない」との言葉をもらったといい、そのメッセージに「すごく勇気をもらった」と語った。

 勘三郎さんは、伝統を重んじつつも「楽しめる歌舞伎、理屈抜きにおもしろい歌舞伎」をモットーとし、橋下市長もその姿勢に共感。以前から、勘三郎さんの舞台観劇にも足を運んでおり、親交を深めてきた。

 一方で、歯に衣(きぬ)着せぬ橋下市長の発言に対し、勘三郎さんは「言い方(言葉づかい、対処法)はあるけどね」と諭したこともあった。それでも、将来を見すえ、大阪市の再建のため、文化行政の見直しを決めた橋下市長の判断を指示した。

 橋下市長はもともと、勘三郎さんのチャレンジャー精神には感服。一方で、勘三郎さんの舞台にかける情熱、繊細さをともなうプロ意識を尊敬してきた。

 勘三郎さんが特発性両側性感音難聴で倒れる直前の舞台となった5年前の「大阪平成中村座」も、大阪城で観劇。「天守閣を見せるタイミングを何度も何度もはかられて。1秒単位で動きを計算しておられた」と振り返った。

 大阪城に歌舞伎の仮設小屋を作った斬新で奇抜な発想と、舞台を見せる上での細心の留意。橋下市長は、勘三郎さんを思い「(訃報は)本当につらかったです」と話していた。(引用終わり)

橋下市長 「隠れ勘三郎」企画に興味(デイリースポーツ)

関連
引退された、人間国宝・人形浄瑠璃文楽の竹本住大夫さん「大阪市の補助金廃止について」
ふるさと納税、文楽支援に 橋下・大阪市長が活用方針

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る