5/5橋下市長ツイッター「東京都でうまく行っていることが、大阪都ではうまく行かないというのはおかしい。」

あの京大某教授ですね・・・
基本的に「民意の反映や住民自治」の視点が掛けてますよね・・・

私には「やじうま商法」にしか見えません・・・
このタイミングで著書を出されて、思惑通り稼げたんですかね?

橋下市長 twilogより引用)
RT @riubou: @t_morishima @cre8er_tw これはほんと的を射てるね。 都構想で住所変更だとか名称変更だとかを叩いておきながら道州制のが先とかもう論外ですよ。 こういう矛盾や対案や具体例を出せない部分で反対派は反対の為の反対って思ってしまうよね。

RT @YoshikaIto: ブログを更新しました。 「今のままで良い?」→ameblo.jp/itoyoshika/ent…

RT @nagafujihideki: ブログ「都構想で、住民サービスは低下する!?」ameblo.jp/nagafujihideki…

RT @nagafujihideki: まさにそこが重要なんです。何もしなければ限られた財源です。それを大阪府・大阪市で成長戦略を一本化して、競争力を持った広域行政の仕組みを実現します。RT @grandcapucin85 財源が限られている中、都の仕組みを導入することで東京とともに国家の2極を形成できるというロジック

RT @trans_volunt: 電話で都構想の質問に答えていき、最後に「賛成」のほうにプッシュボタンを押すと、「これで投票は完了しました」とアナウンスがあり、有権者が投票したように錯覚させる悪質な電話も横行中。大阪市の皆様、賛否どちらでも投票所に行かれて投票を! twitter.com/changeosaka517…

都構想に反対の学者が集まって、色々メディアに説明をしているらしい。学者がどのような説明をしようがそれは自由だが、ただ反対のための反対論を唱えるのは違う。特に防災面だ。大阪都構想はすでに東京で現実に行われている行政の仕組みを活用ししている。

今回、学者連中が、大阪都構想になれば湾岸区の防災対策が不十分になると言っているらしいが、それは違うだろ。では東京都はどうしている?大阪都構想になれば大規模な防災は大阪都庁が行う。湾岸区は基礎自治体としての防災対策に専念する。

今の大阪では、津波被害対策の方針ですら、大阪府と大阪市でバラバラでやってきた。それを大規模のものは大阪都で、基礎自治体のものは特別区でとしっかりと役割分担をやる。どちらの方が防災面で行政的に優れているかは一目瞭然だ
(続く…)

(続き)
ゆえに大規模な都市計画、防災対策は大阪都がしっかりと担う。東京都でうまく行っていることが、大阪都ではうまく行かないというのはおかしい。大阪都でうまくいかないと言うなら、東京都でうまく行っていない問題点を挙げるべきだ。大阪都に加えられる批判は、常に抽象的、漠然としたもの。

大阪都構想は、現実に回っている東京都の仕組みを活用している。大阪都構想の制度の細部に色々と疑問をぶつける者が多いが、それは大阪都特有の問題ではなく、現実に回っている制度一般への抽象的漠然的な不安に過ぎない。大阪都で問題なら、すでに東京都で問題になっているはずだ。

特に防災面では、東京都と特別区の役割分担に問題はないし、今の大阪府と大阪市の関係よりも優れている。これは今まで散々言ってきたことだが、大阪都への抽象的漠然的な不安を煽るのではなく、現実に回っている東京都の状況をしっかりと分析してもらいたい。

防災面における東京都庁と特別区役所の役割分担と、大阪府庁と大阪市役所(行政区)の役割分担を比較をして、どちらが良いのかきっちりと検証すべきだ。

津波被害予測を立てるのも大阪府と大阪市でいがみ合う大阪の状況は何としても変えなければならない。大規模な妨害災害対策は本来、大阪府域全体で計画をまとめ実行すべきだ。大阪府、大阪市がバラバラでやるよりも、大阪都庁と特別区役所が仕事の役割分担をした方が良いので大阪都構想を提案した。

RT @310kakizawa: いわゆる「大阪都構想」は、人口200万人を超えるような大都市の行政運営をたった1人の市長が担う「目が届かないだろそれ」デメリットと、逆に府県規模の広域行政について知事と市長の2人が権限を持つ「2頭体制でやりにくいだろそれ」デメリットを同時解決するものだと私は考えている。

RT @310kakizawa: 「目が届かないだろそれ」デメリットは明らかで、大阪市では市立小学校296校、市立中学校128校、市長1人、教育長1人、教育委員6人。そりゃ目が届かないでしょう。地域の子ども達の実情に応じた教育が望ましいなら、特別区設置で区立小中学校とする都方式は「改善」と言って良いだろう。

RT @310kakizawa: 保育園しかり、加えて東京の都区制度では23区に下りてきていない児童相談所についてもいわゆる「大阪都構想」では5特別区へ権限移譲される。子どもや家庭の個々の実情に寄りそうのは住民に近い自治体であるのが良いと考えれば、「大阪都構想」はこの点で「改善」であると言えると私は思う。

特定団体向けに硬直化していた文化行政の補助金を、全ての活動団体に助成のチャンスが平等になるように改めました RT @ain26i: 昨日「ラグナロク」という舞台を観に行ったのですが即日DVDを購入しましたDVDカバーを見ると大阪市の助成と記入があって感心しました

施設利用は引き続きできます。さらに特別区長になばれば自分の区の中に必要な施設を確保します。都構想になると湾岸区内の住民ニーズに応える行政になりますRT @newampam: 反対派のチラシに都構想後は学校、施設等の区外利用はできなくなる、とあったのですが、本当ですか?

それ本当に学者ですか?今の大阪市内には教育委員会が足りません。1つの教育委員会で500校以上の学校を見るのは不可能です。 RT @chetaqq:ある大学教授は「特別区になって五つの余計なものができる」と言って真っ先に教育委員会を挙げてたけど、あれ本当に教育者なんだろうか?

そもそも大都市制度の議論は大都市に一つの教育委員会ではダメだろうというところから出発したのです。そのことも知らない人なのですね RT @chetaqq: ある大学教授は「特別区になって五つの余計なものができる」と言って真っ先に教育委員会を挙げてたけどあれ本当に教育者なんだろうか?

RT @t_morishima: 市営住宅の町会の回覧板で 特別区設置反対のお願いがまわっていました。記述されている内容も嘘/振興町会の政治的中立制も侵害/市営住宅での反対運動。 色々問題ですが、都構想賛成の町会員さんにも迷惑をかけています。

メディアは東京の特別区長の意見を聞くときには、いつも大阪都構想に反対の世田谷区長の話だけを取り上げる。大阪都構想を評価している特別区長もいる。東京都と特別区の防災対策についての役割分担を特別区長に語ってもらいたい。そもそも東京都の防災対策に問題があるなら東京都庁を取材すべき。

RT @tinpei: 「都道府県を人口順に並べていきますと中央値より上のところが二百万ということになります。つまりは、一つの都道府県の中に中央値よりも大きな都道府県並みの自治体が存在するということが二重行政のようなことを招いているのではないかということで二百万という要件を課した」 総務委員会 山花議員

RT @tinpei: 「人口が二百六十七万人、市立の小学校が五百六十ございます。これを一つの教育委員会で見ているということで、なかなか目が行き届かないであるとか、こういった観点から公選の区長であるとか公選の区議会を設置することができるというのは住民自治の観点からプラスになる」 衆院総務委員会 逢坂議員

RT @BrightTomi: 「大阪都構想と東京特別区の比較」 維新5/6(水)19:00~20:30 シティプラザ大阪2F「旬」 松井知事・浅田均氏・田中大輔中野区長・佐々木信夫教授 田中中野区長(4期目、中野区役所24年間勤務し行政改革課長など歴任)

RT @gogoichiro: 都構想反対派皆さんは、東京特別区長が市になりたがっていると大阪に特別区設置を批判されますが、東京特別区長に今の特別区を廃止して23区をひとまとめにして、政令市を望むと言った人は一人もいません。明日は現職の東京特別区長が大阪の特別区について語って頂けます。

RT @sethuasd: 「大阪市の予算が府に取られる」 これ、よく言われてるけど、じゃあ、大阪府警はどうなん? 警察は大阪府が管轄してるけど、大阪市の防犯に重点的に取り組んでる。それについて、大阪府民は文句を言ってない。府と市の間で「取られる、奪われる」の考え方はおかしい。松井知事の受け売りです(笑)

RT @chachan564: @gogoichiro 20年以上墨田区に住んでいますが聞いたこと無いです。というか交通の便も良く、区の境界を感じません。江東区の図書館が大きいのでよく通っています。足立区のプールが綺麗なので良く通っています。特別区間での境界なんて感じたことありません。

産経新聞は湾岸区の防災対策を、大阪都構想でも「行える」と記事(該当記事リンク)にしているが、違う。今の府市体制よりも強化される。基本方針、大規模対策は大阪都庁が行う。湾岸区は基礎自治体としてより丁寧な対策を講じることができる。特に湾岸区に正式な危機管理部署が置かれる。
(引用終わり)

関連
【都構想】なぜ、住之江区医師会はデマチラシまで作って反対するのか?地域医療が充実するのに・・・
【都構想・テレビ討論会】橋下市長vs反対派 「リアル闘論・延長戦」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る