橋下市長「自民党、共産党は完全に逃げている。二重行政の解消は、自分たちの権限縮小につながる。」8/17のツイート

橋下市長 twilogより引用)
自民党などは大阪会議で大阪の成長戦略を議論しようと言う。ちょっと待ってほしい。大阪の成長戦略は既に存在する。僕が知事のときに作成し2010年から進捗管理もしている。観光戦略、都市魅力戦略、文化戦略も既に作った。行政マンが専門家も交えて相当練ったものとなっている。
大阪の成長戦略(大阪府)

現在では大阪府と大阪市で一本化している。議会でも議論の対象になっている。堺も入るなら、堺の議会で議論してもらい、事務局で調整すればいくらでも一本化できる。府と市は一本化した。成長戦略などは大阪会議がなくてもいくらでも一本化できる。重要なことはそれを実行することだ。

実行の段階で府と大阪市、堺市がぶつかり合う。お金の負担の問題をはじめ、お互いの利害がぶつかり合うことが多い。これが二重行政、二元行政。まさにこれを解決するのが大阪会議。大阪維新の会は、このぶつかり合いを根本的になくす方策として組織を再編しようとした。それが大阪都構想。

自民党、公明党、共産党などは、役所の組織再編などしなくても、組織のぶつかり合いはなくせると主張した。だからそれを大阪会議でやって欲しいと僕は言っているだけだ。大阪の成長戦略には、府立市立大学の強化、港の強化、鉄道インフラ、高速道路インフラの強化が入っている。

ところがこれまで大阪府、大阪市の利害のぶつかり合いで、大学の強化、鉄道、高速道路、港の強化が進まなかった。それを一気に解決しようとしたのが大阪都構想。大阪の今の状況は、成長戦略を話し合う段階は過ぎた。実行する段階だ。実行の段階で組織的利害がぶつかり合う。

有識者と言われる人たちが主張する程度の大阪の成長戦略は既に出来上がっている。府、市の職員集団が、それこそ有識者とともに練り上げた。2010年から進捗管理に入っている。問題は実行段階で、府市の利害がぶつかって進まないこと。考えることは誰でもできるが実行となるとそうはいかない。
(続く…)

(続き)
大阪に、大阪の成長戦略を強力に実行する組織を作り上げようとしたのが大阪都構想。しかし自民党、公明党、共産党は、そんなものがなくても実行できると言った。大阪会議があればできると。だから大阪会議で実行してもらいたい。ところが自民党は、大阪会議では成長戦略を議論するという。

自民党は成長戦略を議論したいと言うが、今の成長戦略で足りない所は、どんどん指摘し、提案すれば良い。可能な限り採り入れる。政治家が思いつくようなことは全て盛り込まれている。それよりも、今は実行だ。二重行政、二元行政によって実行できないところを進めるのが大阪会議だ。

自民党、共産党は完全に逃げている。二重行政、二元行政の解消は、すなわち自分たちの権限縮小につながる。大学の統合、港の統合、鉄道路線の優先順位づけ、費用負担・・・・・府市どちらかが我慢しなければならないところが生じる。この我慢ができなかったことが大阪低迷の最大の要因だ。

府も市も自分の権限縮小は否定。費用負担も否定。そのことによって結局、実行できない。鉄道インフラ、高速道路インフラが、東京に比べて50年遅れたのは、府と市、もっと言えば、府議会議員、市議会議員がお互いに主張し合って対立してきたからだ。

府立大学、市立大学を一つにする案、港を一つにする案、研究所などを一つにする案、鉄道インフラ計画、高速道路計画は全て出来上がった。都市魅力戦略も出来上がっている。あとは実行するだけだが、それができなかったのが大阪の現実だ。何十年も話し合って結局解決できなかった。

府と市という組織が存在する以上、この問題は絶対的に解決できない。それなら組織を整理、再編してしまえというのが大阪都構想だ。大阪都構想が実現すると、自動的に二重行政、二元行政はなくなる。過去のものだけではなく、将来的にも根絶する。もう「話し合う」ことは必要なくなる。

自民党は大阪都構想をやらなくても、話し合いで解決できると言い続けてきた。そうであれば大阪会議でこの大阪の二重行政、二元行政の問題に正面から取り組み、既に存在する大阪の成長戦略を着実に実行すべきだ。ところが自民党はこの一番しんどい問題から逃げて成長戦略を話し合うという。ダメだこりゃ

個人の学者や政治家が主張する成長戦略などはたいしたものにならない。行政組織が法制度や技術・財源問題などあらゆる角度から実現可能性を吟味した成長戦略でなければ役に立たない。今の大阪自民党が主張している成長戦略など既に大阪の成長戦略としてまとめているものばかり。新味は全くない。

成長戦略は語るよりも、実行することが一番重要。そして実行するためには、それを担う組織が必要。今の大阪には、大阪の成長戦略を強力に実行していく組織がない。大阪府と大阪市、堺市に別れて、権限と責任、費用負担がバラバラ。ここが大阪の最大の欠陥。

戦後70年談話については、後で呟きます。
(引用終わり)

関連
橋下市長・松井知事「第2回大阪戦略調整会議後の囲み取材動画」2015.8.13
あさパラ「リンゴさんの大阪会議と橋ロス現象」(中田宏氏も出演)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    初めてコメントします。
    大阪市民ではないです。
    こんなに頑張っている市長、府長いましたか?
    大阪が羨ましいです。。。

    嫌やと思いますけど辛防さん、大阪・道州制を何とかして♪

  2. 匿名 より:

    大阪都構想で、これだけ議員が一部の市民に、デマを流してまでも反対した。道州制なんか出来るのかな?
    大阪都構想も役所の仕組みを変えるだけなのに。
    議員は、自分たちが犠牲になるのは実行しない。
    でも、民意でなんとかなります。かなりエネルギーが必要です。
    大阪会議で思ったのですが、まずは大阪都構想が絶対必要だと思います。

  3. Dimebag Darrell より:

    自民と共産と竹山[太字]政令指定都市・堺市長[/太字]には呆れた

    特に花谷充愉府議・柳本顕市議・山中「[太字]バブルの時の多少の失敗[/太字]」智子市議は反対派の代表としてテレビ討論に出ていたので余計に怒りを通り越して呆れた・・・
    (余談ですが大阪市に会議の欠席者を確認するため電話したところ、
     [色:3399FF]市職員[/色]「共産の山中さんも欠席ですね」
     [色:CC33FF]私[/色]「あー、都構想の議論の時にテレビで無駄な箱モノ行政の事を『[太字]バブルの時の多少の失敗[/太字]』って言ってた方ですねぇ」
     [色:3399FF]市職員[/色]「あははは(苦笑い)よくご存じですね…」こんな会話になった・・・)

    この3名に関しては、次の地方選で絶対に当選させてはいけません([太字]他の自民共産党の議員は烏合の衆[/太字]なので、ちゃんと議員としての[太字]仕事を今後しっかりとして頂ければ[/太字]何も言いません)。

    「[太字]都構想など必要ない。大阪会議を実行すれば都構想の課題は全て解決できる[/太字]」と言っていた当人たちが「大阪会議」を欠席するなんて・・・

    柳本市議は「大阪会議」をブログで車の運転に例えていた。

    (以下引用)
    「運転手は今井会長。助手席に副会長。後部座席に松井知事と橋下市長を乗せている。維新側はサイドブレーキを引いたまま後部座席の指示でアクセルをべた踏みし、助手席側を見向きもせず、外からは分からないように、進まない大阪会議の失敗を煽っている」(以上引用終わり)

    と・・・(軽自動車?だいぶ小さい車ですね「大阪会議」ってwww竹山市長とほかの委員が乗ってないなぁ。後ろから走ってついてってるのかなぁwwww)

    ならば車の例えで言わせてもらうが自民が考えた「大阪会議の条例案」は設計段階から問題続出の自動車だったのだ。ただ自民が「この設計の自動車は維新の自動車よりローコストかつ安全にで走れる!」と言ったのだろう?

    それに対して維新側は「我々の設計図は否決されたが、大阪を進ませるために自動車は必要だ。自民の自動車の設計には問題があり目的地に辿りつくのは時間がかかりそうだが、最低限の安全装置(予算編成権を侵害しないよう各自治体の多数決で議決)は付いているようなのでこの設計で自動車を作りましょう」と賛成したのだ。

    その自民が設計した自動車に乗らないなんて・・・
    設計(条例案)を修正するのでちょっと待ってほしい???
    (柳本議員はブログにて(以下引用)「進まない原因は、サイドブレーキを解除しないからであって、運転するときに自然とサイドブレーキを解除できるようにするのが条例の修正」(以上引用終わり)と書いておられます。そんな設計ミスを今さら言うなんて・・)
    何を言ってるのか! すでに自動車はつくられて大阪はその自動車に乗って走り始めていたのに!! 自民側が「我々自民が設計した自動車は危険です」って言ってるのと同じです。
    よくもこんな[太字]欠陥自動車[/太字]に大阪を乗せようと思ったのが信じられません。

    「維新側も賛成したから同罪だ、今井会長の調整が足りない」「知事・市長は設計段階で『ダメだ!考え直せ!』って言わなかったから責任がある」冗談を言うのもいい加減にしてほしい!
    設計者(政治家)として恥ずかしくないのか!!

    例えが長くなって、申し訳ございません。

    とにかく、花谷府議・柳本市議・山中「[太字]バブルの時の多少の失敗[/太字]」市議は[太字]今すぐ辞職[/太字]していただきたいのですが、そうもいかないので、[太字]任期の4年間「大阪に対してウソをついた政治家」として批判を大いに受けて[/太字]頂いたうえで、次の選挙は[太字]絶対に当選させてはなりません[/太字]。

    都島区・西成区・城東区にお住まいの有権者の皆様には切に希望します。

    絶対に彼ら3名は当選させてはなりません。

トップへ戻る