橋下市長「凄いねこの朝日新聞様至上主義は。自分たちが安倍政権に反対だから、民主・維新・共産に一つにまとまれだって」10/12のツイート

橋下市長 twilogより引用)
しかしこれは朝日新聞様主義は極まったね。今日の朝日の社説にはびっくりしたよ。(※記事後半に掲載)国会議員0からのスタートで、紆余曲折しながら国政政党を作っていく過程において、価値観が合わない者が一緒になってもダメだと朝日新聞は散々言ってきた。特に原発政策でね。僕と石原さんは考え方が違うじゃないかと。

これから立ち上げようとする国政政党おおさか維新の会にも厳しい意見を頂いたよ。ところが今度は、民主から共産まで多様性を認め合って結集しろ!だって。凄いねこの朝日新聞様至上主義は。自分たちが安倍政権に反対だから、民主・維新・共産に一つにまとまれだって。そんな政党、国にとって害悪だ。

朝日新聞は安保法制のことしか頭にないから、民主・維新・共産にまとまれという。こんな政党、安保以外で何ができるというんだ?朝日ももっと国全体のことを考えろ。これまで馴れ合いだった大阪府政・大阪市政に、僕が少し対立のニュアンスを入れたら、朝日はそれには文句たらたら。

ところが国政の場においては、政権に対して野党は徹底して対立していけと言う。もう支離滅裂。朝日の論説委員の思考過程はどうなってんだ?こうなる原因は、俺たちは朝日新聞様主義。自分の考えこそが絶対的に正しくて、その結論になるようにあとは適当に論を作る。だから支離滅裂になる。

維新は嫌いだから、おおさか維新の会にはとにかく文句を言いいたい。だから対立の政治は止めろと言うし価値観がバラバラな者が集まって何ができる!と批判する。しかし安倍政権が嫌いだから、国政においては民主・維新・共産にとにかく一緒になって安倍政権と対立せよと言う。これが朝日新聞様主義だ!
(引用終わり)

野党の結集 多様性こそ力に(10/12朝日新聞社説)

(引用)
 安倍政権が安全保障関連法制を成立させた国会が終わり、野党に「自民1強政治」への対抗をめざす動きが出てきた。

 ひとつは、民主党と維新の党を軸とする野党結集だ。両党は外交・安全保障、経済、行財政改革など6分野で共通政策の原案をつくることで合意。来夏の参院選での候補者調整を進めたい考えだ。

 もうひとつは、共産党が提唱する「国民連合政府」構想だ。安保法制廃止で一致する野党が選挙協力し、連合政府をつくろうというものだ。

 ともに実現には壁がある。民主と維新には、政策だけでなくひとつに合流して参院選を戦うのか、合流するにしても対等合併か民主による吸収合併かという難問もある。

 一方、共産の働きかけに民主の岡田代表は、選挙協力はいいとしても、政権をともにすることには抵抗感を隠さない。

 一部の議員が民主を離れ、維新に加わった過去のいきさつ。あるいは共産のイデオロギーに対する警戒が、ハードルを高くしている。

 だが、ここは自民、公明の与党体制に代わりうる政権の選択肢づくりを掲げ、大きな目的に向け結集を図るべきだ。(続く…)

(続き)
 与党が「安倍一色」ならば、これを逆手に「多様性」を旗印とする。そんなしたたかさがあっていい。

 先の国会は、最後は与党による採決強行に終わったが、野党は集団的自衛権行使の典型例などに関する政府答弁の矛盾を突いた。また、法案成立を前提とした自衛隊の内部資料もつぎつぎと暴露した。

 こうした野党の努力が政府の姿勢や法案に対する国民の不信を呼び覚まし、世論を喚起する原動力のひとつになったのは間違いない。

 ただ、当選者が1人に限られる小選挙区中心の選挙制度では、多様な民意を国会に反映させるのは難しい。安保法案の審議を通じ、そのことに歯がゆい思いをした多くの国民が、各地で集会やデモに集まった。そうした新たな民意の受け皿を用意する責任が野党にはある。

 政策が異なる党の結集には、「野合」批判もあろう。消費増税をめぐる分裂で瓦解(がかい)した民主党政権の姿は記憶に新しい。

 それでも、批判をおそれるあまりにまとまることができなければ政権を利するだけだ。

 もちろん、全てがばらばらでいいわけではない。政策の方向や政権運営の手法などできる限り一致点を探る努力を重ね、国民の信頼を得ていくしかない。
(引用終わり)

さすが朝日様。
国民連合政府??
そんなもん、過去の民主党より幅が広いんだから、それ以上にメチャクチャになるのはやらなくても明らか!

まあ朝日様は、安保法制さえ潰せれば、その後、日本がどうなっても構わないって事なんでしょう・・・
いや、それに乗じて、共産や社会主義勢力が台頭して欲しいのか??

ホント、人民日報だよ・・・(-_-;)

関連
【ここまで言うか、朝日新聞】(安保法案成立で)「中国の東シナ海への進出が制約されると問題だ」
大阪維新・W選マニュフェスト発表に合わせ、社説でdisる朝日新聞

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に(市・2020年4月より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    人民日報というよりも、朝日は朝鮮日報の略語ちゃいますか?(笑)

トップへ戻る