橋下氏「文大統領を厳しく批判しているいわゆる保守論客は、結局文氏と同類です。敗戦(植民地)の歴史を否定し、民族を過剰に誇りに想う点で」2/2,3のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(2/2)
米離脱、強まる対中姿勢 新ミサイル、日本配備も INF:朝日新聞デジタル

日本にとって大チャンス。迎撃ミサイルという効果が不確かで莫大な金がかかる兵器の配備より、確かな攻撃的兵器を日本に配備すべき。ウイルスに対抗するために、先に自らにウイルスを入れるワクチンと一緒。

(2/3)

(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1091896424088780801)

その慰安婦合意は韓国国民の7割が反対。民主国家においては国民の支持を得ない外交合意はうまくいきません。しかもその合意は外務大臣共同声明の形をとり文書化されず、ましてや国会の批准もありません。もしバカな日本政府が北方領土放棄、尖閣放棄の合意をロシアや中国と交わしたらどうでしょうか?

僕は政府合意の破棄を目指す政治運動をやるでしょう。単に評論家として批判するだけでなく、一定の政治勢力を作っていくと思います。これは単なる批判とは異なり大変な作業です。文大統領もそれをやったまで。河野談話を見直せ!と口だけで言う日本の政治家や評論家よりもある意味立派です。

文大統領を厳しく批判しているいわゆる保守論客は、結局文氏と同類です。敗戦(植民地)の歴史を否定し、自主独立防衛にこだわり、民族を過剰に誇りに想う点で。文氏も国や国民、民族のことを想って必死にやっている。そこは理解した上で、日本は韓国と激烈にケンカをすればいい。

日本から見れば日韓併合条約は合法。しかし、韓国から見ては、はい、そうですかとはならないでしょう。景福宮に建てた朝鮮総督府。仮に皇居に日本総督府なんてものを建てられたら僕は許しません。ケンカをするにしても、相手をバカにしたケンカではなく、立場は理解した上でのケンカをすべきです。

あの慰安婦合意もごまかし文書。政治批評と現実の政治の決定的な違いは民意を掴むか否か。日本だけが特殊なわけではなく、韓国も日本も慰安婦を利用していた事実を認め、双方で二度とこのようなことがないように決意し行動していく文書にすればよかった。この点で民意を湧き起こすべきだったと思います

僕は政治家時代、学者やコメンテーターたちから、人をバカにしたような批判を受け続けてきた。正直、そんな連中よりもはるかに勉強した上で、しっかりと判断してきた自信がある。それなりのポジションにある政治家は命をかけて必死にやっている。相手のその点を理解した上で、激烈にケンカをすべきだ。

「文大統領の気持ちはわかる」橋下氏、日本国内の”韓国批判”の論調に苦言 | AbemaTIMES

安倍さんの戦後レジームからの脱却と、文韓国大統領の積弊清算は、同じようなこと。それなのに安倍さんを応援している人に限って文大統領を批判している。不思議だ。相手をバカにしたケンカではく、相手も必死であることを理解した上で、激烈にケンカをすべきだ。

ほんと、外国政府と本気でやり合ったり、命狙われながら本気の政治をやったりしたことのない連中に限って、キャンキャン、キャンキャン口だけで威勢のイイことを言うな。一遍、命狙われながら行動してみろって言うの。そうしたら分かるよ。

<<下に続く>>


橋下さんの言う事は十分分かるんだけど、
ムン大統領が目指す北朝鮮寄りの祖国統一は、朝鮮半島で喜ぶ人たちがいるかもしれないが、
残念ながら日本の国益にはならないと思う

拉致問題の解決は難しくなるだろうし、
国境線が緊張状態になり、軍備にさらに多くの資源が必要になる

朝鮮半島の悲願が達成されるんだから、日本は犠牲を払えって・・・
それは、なかなか受け入れがたいですね・・・

慰安婦問題も、韓国は橋下さんが言うような土俵には絶対乗ってこない

韓国は、この問題は日本を攻撃する為、永遠に終わらせてはいけない思っている(当然、北朝鮮も)
(アメリカに強要され慰安婦合意で終わらせられそうになったので、代わりに、これまで政府も解決済みといっていた徴用工問題を司法を利用して噴出させた)

橋下さんも、百も承知のはずなのに・・・

わざわざこう言うのは、韓国が乗ってこなければならなくなる様なウルトラCを考えているからか・・・?

毎週木曜 23:00 abemaTV AbemaNewsチャンネル「NewsBAR橋下」 今週のゲストは、即リプ時代から3度目の登場...

以下の対談がネットにアップされました。
橋下さんが田原氏に、ガンガン突っ込んでいます(笑)

 夏に参院選を控え、その去就が注目されている前大阪市長の橋下徹氏(49)。キレっ切れの論客に80分間、戦いを挑んだのはジャーナリストの田原総一朗氏(84)だ。「無責任だ」「人の話を聞け!」と机をたたき...
 前大阪市長の橋下徹氏(49)とジャーナリストの田原総一朗氏(84)が80分間のガチンコ対談。橋下氏に田原氏が「大阪で嫌われた」理由を問う。*  *  *橋下徹(以下、橋下):僕が問題だと思うのは、田...
「無責任だ」「人の話を聞け!」と机をたたきながら、ガチンコの激しい論争を繰り広げた前大阪市長の橋下徹氏(49)とジャーナリストの田原総一朗氏(84)。その末に2人が導き出した結論とは?*  *  *田...

田原氏が、如何に無責任なコメンテーターであるか、良く分かる対談になりましたね!
まさに「老害」ここに極まれり

韓国政府を攻めるための「直接証拠」である電波情報を開示せず、ウヤムヤのままレーダー照射事件の幕引きを図る安倍政権。これでは日本側の…

最新刊、絶賛発売中!


橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 椿 より:

    日本の政治家は、国益と日本国民の生命財産を守る事に、
    全力投球すべきだし、それが『最優先事項』です❗️世界の常識だと思いますが…。

    他国の それも「ガチガチの反日国家」の ”支離滅裂な韓国の主張” を慮り、
    共感する必要なんてどこにあるんですか⁉️

    戦後70年以上、そのような韓国の理不尽な主張を慮ってきたばかりに、
    「韓国を増長させてきた」という事実をどう考えるんですか❓

    日本人が韓国人に対して、社交辞令で褒めたり、彼らに対して謙遜した態度を示すと、
    感謝するどころか、「自分達にそれ程の力があるからだ」とか、
    「俺たちに援助するのは、日本人にそれ以上の利益があるからだ」と
    己の都合の良いように、錯覚させてしまっているんですよ。

    バカで間抜けで、平和ボケの政府官僚どもに、
    もうこれ以上、韓国人の性質を見誤り、

    これ以上、国民に”迷惑”と”負担”をかけるな‼️と言いたい。

  2. 椿 より:

    むしろ韓国には、

    レーダー照射事件だけじゃなく、
    仏像強奪事件も
    竹島占領事件も
    戦後の日本の一等地強奪も
    戦後の朝鮮人凶悪犯罪も
    朝鮮人労働者や売春婦強制連行も
    日韓基本条約破りも
    在日朝鮮人・韓国人特権も
    日本に寄生しているシナ・朝鮮・韓国の工作員議員についても、

    どんな小さな事件でも、
    『日本人が、韓国人にいかに ”迷惑” や ”被害” を被ってきたかという真実』を
    世界中の言語に訳し、国際社会に向けて訴え、
    朝鮮人らの【被害者ビジネス】を世に知らしめなければ、
    本当の意味での【韓国への制裁】はあり得ない❗️

    シナ・韓国支援という美名の下に、
    日本国民の血税を湯水のごとく無駄使いしてきた
    スネに傷持つ国会議員や官僚どもが、
    真剣に韓国へ制裁できるとは、死んでも思えません。

    日本の政府高官は「国民を騙していかに税金を搾り取るか」という一点だけに
    全精力を使い、国際外交交渉については、全く手も足も出ない無能ぶり…。

    いや、戦後ずっと、シナ・朝鮮に「日本国民の財産や生命を売り」ながら、
    自分たちの地位と権限だけを守り、”見せかけの平和” を保ってきたのでは❓

    むしろ今までと同じように、国内向きには「韓国に厳しい制裁を❗️」と
    口先番長やってますが、これも時間を引き伸ばすだけで、
    「国民が忘れてくれる」のを待つ、

    毎回恒例の【国民騙し❗️】でしかないと思います。

  3. 仲井 より:

    >、、、、、、全く手も足も出ない無能ぶり。


    私も、本当にその通りで、そう思います。

    朝鮮という国が、どういう国かということは日本人であればもう誰でも判っていることで、日本の政治行政にかかわる者、評論及び教育にかかわっているもの、そして媒体を使えるものらマスメディアにかかわっている者ら(日本民族の日本人であれば)は、奴らがどういう連中なのか、どういう輩なのかは、実態も本質も、ほぼほぼすべてわかっていると思う。
    ではなぜそれを徹底して追及ができていなかったのか、
    ことアメリカに対してであれば、これまでどれだけ酷い文言を使って誹謗中傷を毎日のようにでもやれてきていたのか、あれだけ追及の卑劣極まる物言いでの矢を言葉で発しながら、アメリカに対してはできていても、でも、こと朝鮮に対しては、日本kらのなぜそれをやれていなかったのか、
    いつもうやむやで済ませ国民の見えないところで終わらせてきていたのか。

    取り上げて、真正面から朝鮮に突っ込んで突き刺すようにやれないのかという部分、ここは私はもう40年ほど前から、ネットでも数十年前からこのこういう朝鮮の件での日本におけるとてつもない内容について、相当追及をやってきていたが、新聞テレビは私が伝えた内容をすべて一切これを無視してきた。

    ★(もうかなり前になるが、読売新聞は大阪本社玄関で、私が朝鮮の内容について日本における奴らの犯罪事案を伝えに来たと受付嬢に伝えたら、言ったら、私が独自に調べた調査の詳細について書類も作成して届けたら、玄関でその内容を伝え聞いたとたんに、それは要らないという上司からの命令が来たようで、玄関にいてた受け付けでその書面を受け取りもせずに、受け取らずに門前払いをしてきたこともある。こんな大きな顔をして玄関を張って居る日本で一番購読数の多いはずの新聞社でさえこの朝鮮にとって都合が悪い内容のものは一切触ろうともしなかった。
    偉そうに渡辺恒雄がテレビでも日本の政治はどうのこうのといってしゃべっていたが、「お前なあ」と私はテレビに向けて叫んでいた。
    朝鮮については一切触ろうともしなかった、辻元の例の関西生コンの件の今のマスメディアの扱いと全く同じ扱い状態であった)

    日本の行政、官僚、大学及びすべての教育にかかわっている連中、関係者、政治家、テレビ新聞も、この【朝鮮】についての内容には一切触ることもできないというのが実態となっているのが今の日本の実態。

    思い起こせば少なくとも、
    あの頃に、私が追及していたあの数十年前の金丸信が日本の政界で牛耳りだしたあの頃に、その時期ごろに、この朝鮮民族への実態対応、日本におけるいかに実態が朝鮮民族に仕切られだしてきているかを、
    このあの時から日本が日本国民が日本民族がここに神経を少しでももっていっていれば、これをやっていれば、野中広務などというこんな朝鮮の日本への明白な反日の司令官のよううな人物を日本の政治の中で産むこともなくしかもこともあろうにその中枢にこんな人物を、政権の中においてしまい、とてつもない危険極まる内容を日本という国は懐の中で日本はそれを養い、事の顛末がそれ以降雪崩式に波を引き寄せるように同じ連中が入り込み、彼に意識も支持も中身も目的も同一化した連中を、つながる連中を、日本中にものすごい数でこの日本中にばらまきだした。

    あの当時であれば、いやもう一度チャンスは実はあった。
    金丸が逮捕されたあの事件の頃、リクルートや佐川急便事件発覚の時、チャンスがあったfがだが悲しい殊にそのレンツ夕がつぶれた折また新たにその周辺にいてた朝鮮民族がそれを引き継いで同じ状態が続きだしそれまで以上にもっとひどい状況がそこから流れ出しもう止められないまでにその朝鮮民族国家が作られだした。

    ここから、余計ひどくなりだした。
    目の上のたん瘤の金丸一派が崩壊し、一瞬で消え、こうなるともう次の権力をと、いつもの朝鮮流でそれをそっくり奪い取って行くいつもの手口がさえわたり、今か今かと、常にトップの時の政権の倒れるのを(倒れなければ故意に原因を作ってでも陥れるいつもの朝鮮流手段を使い=日産の今回の朝鮮流手口が今の現状がそのまま、)崩壊を狙っていた周辺の日本に居てる朝鮮民族連中が、この連中が、こういう常に奪おうと狙っている朝鮮民族が存在し結果それまでよりももっと拡充された朝鮮社会へと、完璧な朝鮮式日本国家の構造を作っていき、そのものも入れ替わってしまい、今ではもう霞が関も企業も、諮問会議の中身も、経団連も芸能界もスポーツ界も新聞テレビも、政治家も学校の大学も現場の教師も、ほぼほぼ朝鮮民族に入れ替わってしまい、もう普通の日本人がここで何とか日本の本当の日本国家へと作り直すにはもうものすごい闘争が必要になってきている。
    或る意味内戦に匹敵するものが起きるぐらいでないと今の権力構造日本国家構造はもう朝鮮そのものになっていて誰がここに手を津kぇられるのか私はもう想像できないほどになっている。

    つくづく思う。
    40年前であれば、あの時期であればまずは日本の公務員採用の世界と、せめて学校の現場だけでも、教育の現場だけでも、ここだけでもまだ日本国家の意識、日本という国の面影は残せる時代であった。
    日本民族が立ち上がっていさえすれば。

    あの頃に手を付けて居さえすればと、まだ日本が感じられる国家の内容でとどめさせておられたはず。

    手が付けられないところにまで現状はもう征服されている。

    こんな国籍まで隠し戸籍まで偽装した、朝鮮民族議員を国会という国家の最高機関に送り込むなどということも、あの当時にきちんとその国籍戸籍の真偽についての身元の証明の調査をやっていれば、今のような嘘で固めた偽装犯のような連中が日本の国家のあらゆる部門での中枢に居てるなどありえなかっただろう。

    起きていなかっただろう。
    アメリカであれば血統、民族判別の証明は必須であり、すべてを明らかにしないと政界になどまともに出ていけない仕組みになっている。これに偽装内容が判明すれば逮捕案件になる。
    アメリカでは。
    だから日本の朝鮮民族はこの現在のトランプが発言する民族判別デノミも0都のきちんとした証明を出せという部分にもう危機感を募らせこれをもしも日本でそんな空気が出だしてきて、国民の気持ちとしてそれを日本でもきちんとやろうという流れが起きることへのとてつもない恐怖をこの偽装日本民族になっている朝鮮民族は、そこが怖くて、その恐怖心を持っているので、これを大きな発言力で叫ぶトランプは特に怖くて、日本のテレビ局新聞社は、ヒラリーはそれを言わないので彼女を推薦時でもトランプはそこに突っ込んでいったので、なんとしてでもトランプをつぶしたいのだ。

    日本は日本の国籍を騙し取って日本人に成りすました本当の意味での犯罪者が、国会議員や公務員や学校の教師や裁判所を含む国の酷寒にかかわる部分にまでその連中が偽装してそれがなぜか許された見逃した状態で普通に経過してきたこの何処の国にもないこんな犯罪行為が見逃される国家になってしまっている。

    政治家を日本で政界に送り込ませてきた実態をこれらを排除もできたはず。

    当時に、”こと”に、毅然と対応していれば政治行政学校においても企業においても、メディアにおいても、ここまで朝鮮民族主導の国家体制には日本はなっていなかっただろう。

    日本ではこれまで、表でそれを直接相手に向けて追及ができていない状態が続いてきていた。

    ここにきてようやく百田さんやほかの人たちがこの私がずっとやってきていたことをネット上の番組内で叫んでくれだしてきた。今から10年前にはこんなことは一切なかった。ネット上に書いても書いても無茶苦茶誹謗され続けられアク禁から削除まで、ネット上で私は孤立した状態まで追い込まれ、もう無茶苦茶やられてきた。
    殺害予告も受けてきた。
    30ページ
    結論を書きます。
    なぜ朝鮮に対して日本はここまで(今回もそうだが、同じで)強く言えない状態で着ていたのか。
    それは朝鮮民族からの脅迫が続いていたからです。

    脅迫といえば普通は暴力的脅しと思いかちですが、昔は日本にわたってきた朝鮮民族奴隷らは、奴らは資金や財産をまだ自分では持っていない時期には、そのころには、朝鮮民族が日本人の持っているものを暴力をつかって強奪強姦略奪を繰り返していたが、それも財産を奪って手に入れた頃から後は、戦後の昭和30年代を超えて、昭和40年代に入りだしたころからは、それ以降は奴らは土地などを都心で奪い取ってそこそこの金を少し掴んでいたのでそこからは暴力的脅しではなくて、巧妙な卑劣な手を使いだした。
    それが脅しでこれが実は今でもこの手で脅しr続けている。

    それは、

    ★【お前は朝鮮人だよな!、奴隷上がりだよな!日本人でもないのに、なぜ日本国籍をお前は持っているんだ?バラすぞ!】

    ★【日本人でもないお前がなぜこんな大きな土地財産を持っているんだあ?戦後のあの頃に、脅して日本人から不法に奪っただろうが!バラすぞ!】

    これが今大手を振って施拳銃を飛び交っている。
    これをやれば警察も検察も裁判所も手を出せない。
    霞が関官僚もテレビ局も新聞社も奴らは大なり小なりそれに関係しているものが現状それらの業界やそれらの組織施設団体機関など企業においてもほぼほぼかなりがそれに該当するので其れに歯向かえない。
    兎に角黙り込んで相手が脅してくる内容に屈する。
    それ以降はもう言うがままに税金の還流からどういう理由をつけてでも脅し取っていけるように組み込まれている。
    この範囲は今ではもう日本中のあらゆる団体、組織、場所、機関にまで、それがすべて脅しが効くほどになっている。
    つまりそれぐらい全国に広がるあらゆる場所の幹部クラス、トップを含めもう網の目状態で脅される状態が出来上がっている。

    なぜ辻元についてメディアは直接追及できないのかは、暴力で怖いのではない、メディアの連中が朝鮮民族でおおわれているからだ。朝鮮民族だとバラ須所のこの一言だけでもう怖がって何もできないのだ。

    橋下さんにすれば非常にきついものだったと思うが、
    部落という内容が週刊朝日で報じられ出た以降に、あの橋下さんがその後に大阪での首長時、定例の記者会見場で集まっていたその中のタチの悪い記者だと名乗る者が、一人の記者らしき朝鮮民族の輩が、その場で叫んだあれを思い出してください。
    【在所のところ番地をバラすぞ!】と、奴はこれで橋下さんがほかのそれまでの連中と、者と同じように、そこは黙っといてと、怖気ずくと、奴はいつもの手で狙ってこれで橋下さんを脅すつもりで言った。
    橋下さんに向けて叫びましたよね。
    バラすぞのこれのみでこれに怖がるだけで日本はこんな腐ったものへと入れ変わってしまった。
    それを利用してのし上がるもの、それで虐げられて屑扱いにされるもの、それぞれである。

    これが朝鮮民族が、これが誰にでも効いて自分のいうことを聞くと思い込んで、橋下さんに向けてこともあろうに奴は脅しのつもりでやってきていたわけです。
    普通はこれで大体はスムースに脅せて来ていたので、奴はその味が忘れられずにこれで脅せるもんだと同じ手で脅そうとやってきた。

    いつもの朝鮮民族がこれで今まで日本中でこれを言い続け相手を脅し、弱みのある者はそれで脅され、奴らはテレビ局をはじめ新聞およびあらゆる機関、学校関係企業も含めそれらのものに対して、たった一言の、その一言だけでいつもはそれで脅しがきいてきていたいわけです。

    ★皆さんもご存知の通り、
    だが橋下さんにはそれが効かずに、奴は捨て台詞でぶつくさ言ってその場は終わった。

    あれを見た日本の全国の朝鮮民族奴隷の工作員の日本人に化けた朝鮮民族は、この手で橋下さんを脅せないということを身をもって知ったわけだ。

    ★工作員の朝鮮民族にすれば、日本ではこれでいつもはうまく行けていたのに、これで脅せばみないうことを聞くはずだと思っていたのに、これで脅せない者が日本にはいてたんだと、多分驚きをこいつらは持ったはずだ。

    それ以降は橋下さんへの脅しの工作はたぶんそれ以降はもう殺害予告しか出さないようになったと思える。

    それまではこの件で脅せば間違いなく言うことを聞くと思っていたが、それが効かないとなれば朝鮮民族がやってくる手法はもう一つだけ、それは、殺害予告しかない。

    ★私にも同じことが起きたのでそこはよくわかる。
    どうやっても降下がない、脅せないと思い出すときに、朝鮮民族はそこで打つ手は、最後奴ら朝鮮民族は、殺害予告を出してくる。これを普通にやってくるのが朝鮮民族の手口。

    ★こいつら総てが、もう人間ではないのだ。

    ★これは、管理人さんに怒られそうですが、
    (、、、、ダメであればインフルの行のところだけは、ここは消してください)
    そら人間には絶対に移らないはずの豚コレラや豚インフル、鳥インフルも、そら移るはずだ。

    役所や新聞社やテレビ局や学校の現場には、この脅しのトラウマから早く抜け出せと、ここの部分から人間に戻ってお前らも抜け出せと、私は過去40年余り前から、直接私は彼らに、テレビ局や新聞社や行政の現場に伝えまくってきたが、皆がこれを怖がり誰もがここに踏み出せない、日本国民はお前らの事情はたぶんわかってくれると、まじめであれば普通に日本社会は認めてくれるしたとえ当時違法があったとしても許してくれると、でもこれだけ説得してもやらない。
    はどうしても奴らにすれば、怖いのだ。

    ★バラされるのが。
    もうこれがすべてなのだ。
    今の日本の現状の理不尽さの根源は。

    【プロダクションを含めタレント及びテレビ局すべてで、奴らの誰もが、この件だけは絶対にバラされたくないからだ。誰かのことを彼らが内内でバラせば、周り中が朝鮮民族なので、それが漏れ出て、必ずやその今度は自分がその内容に関係している=(日本国籍偽装という内容に)仕打ちが怖くて生きていけないと思ってるのだろう。

    死に物狂いでそれだけはバラさないで、頼みますというのが、というのが、やつらの今の行動に出て居るのだ。
    これを朝鮮にまでわざわざ出向いてまでこの間に日本から日韓議員連盟の連中は、向こうの政府関係者に平身低頭頭を下げて、重ねてそれをバラさないでねと頼みに行ったのだ。
    これが実態なのだ。

    ★椿さんが言っていることは絶対にやらないといけないことは日本民族なら本当に誰でもそう思うんですが。
    ★もしこれをやるとすれば日本民族の手でしかできない。

    日本の、

    国会議員の中で、
    裁判所で、
    検察庁で、
    法務省、法務局で、

    全国の
    警察本部で、
    霞が関の官僚で、
    テレビ新聞等のマスメディアで、
    テレビタレントの中で、
    これを、
    声をあげられる日本民族の人物はいてるでしょうか!

    新聞社が、私のような一般の国民でさえも、朝鮮の内容だと伝えただけでも、大阪読売本社社屋の玄関で、問答無調で門前払いまでするようにまで朝鮮民族国家になっている現状を、これを果たして誰が打破できるのかという部分です。これは日本民族の者にしかできません。

    まずは日本の国内での日本国民が大きく声を上げて、日本国内に存在する反日の累々をまずは徹底して身柄を拘束し朝鮮半島に強制送還すべきである。不法移民は当然これをやるべきである。善良なる日本への愛国心を持つと誓えるもの以外は。

    アメリカでも普通にこれはやっているし何処の国でもこれはできるはず。
    【バラすぞ!】と脅されて、できていないだけ。

    まじめに日本で日本国民になろうと努力している人であれば、日本は中國のような悪徳共産党政権ではない、普通に話を聞いてくれて日本で普通に在留もできるし国籍もきちんと日本国籍をもらえる国なのだ。

    現状は目の前のこのウソとでっち上げと虚偽の朝鮮からの活動を叩き潰さないといけない。
    ここは日本国民は誰もが思っているだろうしでも日本人に化けた朝鮮民族は個々を何とかごまかそうとやってくるのでまずは日本国内の朝鮮民族から手を付けて身柄拘束で、もっていくべきである。

    この朝鮮という国には正面から事実で対応しないといけない。

    まあ長年ここまで私もやってきて、でもほとんど無視され、私だけでは無理でしたが、でも今こうしてネット上に朝鮮民族の国籍騙し取りから、ほか日本の税金を食い物にしていることから、また慰安婦や朝鮮人労働者のでっち上げの嘘の件でも、追及が始まり、普通にネット上に出してくださる人が出てきだしてきて、私は感無量ですが、でも本当はここからが本番です。

    椿さんのようなお若い人が大きな声を上げて直接間接的にこの現状の危機を伝えていっていただきたい。
    気づかされていない日本人に詳細の事実というものをぜひ伝え続けていっていただきたい。

    妨害は除くところ打ぐらいの覚悟で。
    ここまで私はそうでしたが、体がいつまで続くかわかりません。
    まあ続く限りは私は絶対にやめません。

    今でも、役所や議員に直接電話をするときには、
    【あなたは(=君は)日本民族か?外国の民族か!と、まずは初めに聞いているぐらいですから。
    これは学校にも役所にも河江らず伝えています。

    ついこの間大阪府の或る教育委員会に連絡して
    出てきた幹部職員に、名前を聞いてから、
    【君は日本民族かそれとも違うのか!】と聞いたら、
    【人種差別をするんですか!】というなりその一言で電話を勝手に切られた。
    即時再ダイヤルしてみて、その職員を出せと言ったが、それ以降いっさい電話には出てこなかった。
    仕方なく違う職員が出てきたので(これも幹部クラス)
    【普通に民族を聞いただけで君らはそれだけで何か差別をしたと思うのかあ?じゃあ君らは、アメリカ人かあ?ってきいただけでも、それを聞いただけでもそれがお前らにしたらそれが差別だとするのかあ?なぜ電話を切るのか!】と、問い詰めた。
    【法制度、対応部分のことで、その聞きたい矛盾点があるのでそこをきちんとしたことを伝えたい、制度の意味を聞きたいと、そのときに、相手の人物がまともかどうかを確かめるのに日本人かどうかを聞いて何が悪いのか!それが飛躍してなんで差別というところに飛ぶのか!】といって説明をして、そこから制度のことで少し話をした。

    現在の悲惨だった女児の、あの子供虐待死事件についての件で、児童相談所というところの実態について、教育委員会職員は児童相談所というところがどういうところなのかを本当の中身を本当に中身を知っているかどうかを聞いてただすために連絡した。児童相談所の思いというのは実はそういう虐待された子供さんはとにかく預かりたくない。なぜかといえば実は児童相談所の中のほうが外の世界よりもこういう虐待された弱い子供さんなどにすれば外のほうがまだ安全であり、相談所の中のほうがもっと怖い施設なんだよと。

    今起きている問題を解決したいなら答えは一つしかない。
    結論で行けば
    、こういう弱い立場で収容される、預けられる子供さんには、児童相談署になど預けてはだめであり、もっと別のあずかれる施設をあ新たに作って、児童相談所送りの子供さんとは全く別施設の、そういう痛めつけられたりおびえている子供さんとはこういう児童相談所送りの子供たちと同施設内での行動もともにとか食事も寝泊まりもいつでも行き来ができたりなどの同居など絶対にさせずに、この子ら同士は全く別に区分けして別の公的な施設を作り、そういう子供と、児童相談所に送られ預けられる悪ガキの子供とは別施設で分けてやるべきである。

    それをやらないと、
    児童相談所自体が、この子を預かれば預かった子供が外よりも中のほうがもっとひどい目にあうことを知っているので、職員はできるだけ預かりたくないので、そこで手を差し伸べるのを躊躇し、助けてやれる日を遅らすことで、そうこうしているうちに手遅れになりこんな虐待死が起きてしまうことになる。

    早く預かれとテレビ新聞はいうが、預かればもっと怖いことになるというのが児童相談所内の職員の正直な本音なのだ。
    だからできるだけ預からないようにしてしまうのだ。

    別予算を組んで別施設を作ってやらないといけない。
    でないとこの虐待されている子供たちは児童相談所では引き取れない。
    引き取ればその児童相談所のその中で殺されるかもしれないからだ。
    そっちのほうが実は怖い状況になっている。

    児童相談所の中に預けられている悪ガキの児童のほとんどが、実は朝鮮民族の家系をつなぐ子供、児童になっているのが実態だ。成人式に暴れる連中が全国に居てるがあれを小学生にしたようなあんな連中ばかりが実は児童相談所で幅を利かせ荒くれ状態で好き勝手に傍若無人に暮らしているのが児童相談所の内部なのだ。
    こんな連中の中にあんな虐待されて弱り切った子供を同じ部屋同じところで寝泊まりさせて同じ生活をさせたら、収容などしたらもうその子らの運命はどうなるかが一目瞭然になる。

    まともな神経でなど無理で正常には暮らせない状態で中学生まで過ごすことになる。
    別の施設を一日でも早く作ってそちらに区分けして預かってあげるべきである。

    朝鮮民族がこの日本にやってきてこの日本の中で今起こしていることは、こんな幼い子供からお年寄りの介護の現場まで、もう傍若無人に無茶苦茶な現場を作り出し迷惑千万である。
    これら今起きている多くの様々なものは、これらも報道では日本人が、日本民族が起こした事件だと世界中には伝えられてしまう。
    違う。
    日本人の起こしたものではなくて、ほとんどが朝鮮民族の起こした事件案件である。
    ふざけるな!て。

  4. 仲井 より:

    朝鮮という国は日本では到底想定ができないことが、起きえないことがあそこではごく普通に、普通に起きている現状があるようだ。
    ついこの間、耳に入ってきた内容によると、
    朝鮮では、法曹部分での国の機関で、次のようなその職責ではトップの立場の、日本とはちょっと呼び名の違うそういう役職があるそうだが、

    :大法院長

    :〇〇長官

    :検察総長

    南朝鮮では、
    これら三職で、一般国民の人らはこの役職の彼らを指して彼らの事を総て、
    ”様”付けで呼ぶほど、一般人よりも彼等はなぜか特別に偉いらしい。

    つまり普通に、

    大法院長 様、
    〇〇長官 様
    検察総長 様

    こう呼ばれているらしい。

    まるであの渥美清が主演した映画、
    【拝啓!天皇陛下 様】ばりである。
    まあ格が違うんだが。

    奴隷国家朝鮮の、これこそが残る朝鮮奴隷制度たる所以なのかねえ、
    こんな南朝鮮の役職の肩書に、わざわざ、
    【様】をつけるなんて。

    笑いもんだよあ。

    棄てられないんだろうねえ。
    かつての身分が。たまらないんだろうねえ。

    身分という化け物に取りつかれた愚か者の生き物には、命よりも大事なんだろうねえ。
    それとも之しかないのかねえ、奴らには。

    こいつらの思う誇りって、言葉に書いた、字で書く其れしかないのかねえ。
    だから朝鮮の者らは昇格して上に上がれば上がるほど能無しのぐうたらになっていく。
    肩書だけが大事でその肩書だけを大事につかんで離さない。能力など昇格さえしてれば必要などない。
    だから現状維持にだけへばりつき、開発能力だとかが極端に無能で劣り、結果ノーベル賞の受賞者がだれ一人でない。
    はたから見たら笑ってしまうほど愚かに見えるが、でも大事なんだろうねえ肩書が。
    奴らは本気で真剣なんだろうねえ。

    日本人から見たら下種どころか掃きだめの肩書にしか見えていないが、下らんが、もしも部下がいてれば、自分が持つ肩書、奴らは現状持っているその肩書がすべてで、それが真剣な誇りかもしれないねえ。

    奴らの見識でいうレベルのいわゆる身分制度での、奴隷制度範疇から外れた、上の身分の奴隷ではないその一段上の者ら、特別に身分の高い者らのことを、南朝鮮では、”様”付けでこう呼ぶらしい。

    まあ、日本人から見たら、漫画みたいに、どうでもいい内容にしか見えない役職の肩書なんだが。

    でも、日本ではかつても多分だがまず絶対に起きないと思えることが、南朝鮮では、時には面白いことが起こるらしい。
    これには私も笑ってしまったが。

    ★南朝鮮ではこの役職を持つ一段身分が高いとされるこの上記した法曹界のこれら連中、この者ら、この一般奴隷から【様】付けで呼ばれるこの役職の者らが、時にはこの法曹界の最重要要職の三役の三人が、こともあろうに同時に、一気に、揃いも揃って、同じように同じ内容で逮捕されて、豚箱入りということが起きるという。

    朝鮮という国はもはや国の体など、なしていないように見える。

    なんで同じ内容でこれら三人のこの役職のものがそろって同時に逮捕などされるのか。
    この朝鮮という国はもうどこからでも犯罪が発生し、どこからでも普通に起こるし、揃いも揃って同じ犯罪にまあ言えば最高裁の裁判長から、検事総長から、検察庁長官までが、同じ事件の犯罪行為で、同じ罪で逮捕されるなど、まあ日本ではまあ考えられない。

    だが南朝鮮ではこんなことが起きるらしい。

    凄い???国だねえ。

    気が狂ってるのかねえこいつらの居てるところって。

    法に携わってるその法曹界のトップ三人が、同時に揃いも揃って同じ事件の犯行の犯罪者で逮捕されるなんて、まあ世界中探しても、クーデターが起きた時の時の政権側重要人物で逮捕とか、それぐらいしかありえないよな。
    平常時の国の中ではまず絶対に起きないよなあ。

    こういう連中の肩書に、”明”の時代じゃあるまいし、今のこの時代にこの役職を持つものに、”様”をつけて呼ぶなんて、いやたぶん周りもが呼ばせているんだとは思うが、南朝鮮は今でも奴隷制度は厳然と生きているようだ。

トップへ戻る