7/15 橋下氏ツイッター 「消費税を地方に渡せば、仕事も地方に渡し、補助金・交付金を削減。これぞ真の三位一体改革」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)

地方に渡している地方交付税をすべて国に引き揚げます。国は所得税、法人税で財源を賄うのが筋 RT @ikedanob: 渡辺恒雄さんは「消費税をすべて地方財源にしたら、国の財政赤字は何で埋めるのか」と批判しています。 http://t.co/RzgvY4GT @t_ishin

地方に消費税を渡すと国の財源がなくなるという人は、国が今の仕事量を持ち続けることが前提。全く地方分権の認識なし。地方分権が進まないのは国がカネを握っているから。地方にカネを渡せば、当然仕事も渡さざるを得なくなる。国が財源不足にならないよう、地方に人・仕事を渡せばいい。

また地域遍在性・景気感応性の高い所得税、法人税こそ国の財源。所得税、法人税の税率を上げるか、景気を上げて税収を増やすかは、まさに国の経済財政政策。国は消費税ではなく所得税、法人税で財源を賄うべき。消費税を地方に渡せば、仕事も地方に渡し、補助金・交付金を削減。これぞ真の三位一体改革(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る