7/16 橋下氏ツイッター 「これが大阪の目指す新しい文化行政、アーツカウンシルだ。」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)

http://t.co/U17uuK4K補助金は魔物だ。赤字補てんの補助金は本当に危うい。補助金をもらうことが当然になれば努力や評価は影を潜める。文化にも努力が必要。そのためには努力に応じた補助金にしなければならない。赤字補てんからインセンティブ補助だ。文化の領域では特にそうだ。

http://t.co/U17uuK4Kまたこの記事にあるように、今の文化行政は本当に市民が支える形になっていない。特定分野を贔屓する自称文化人と、たまたまその時に担当となった行政マン。この極めて少数の者だけで文化補助が決まる。というよりもこれまでやってきたことを踏襲するだけだが

市民が支える文化とはどいうことなのか、どの領域に、どういう形で、どの金額を助成するのか。どのようは評価をするのか。こういうことが文化行政の世界では透明化されていない。一部の人が、クラシックが重要、伝統文化が重要と言い、そして特定団体が重要と言えば、そこへの補助金は当然視される。

文化を振興させるには、当事者の努力が不可欠だ。そのためには評価が必要。そして特定分野に固定化せずに、幅広くチャンスを与えることが、新しい文化創造の基盤になる。これまでの戦略なき文化補助金は止める。

一部の自称インテリの自己満足に陥ることがないよう、透明化されたプロセスの中で多くの市民の理解を得ながら、当事者の努力を促し評価し、特定分野・特定領域に固定化せずに、幅広い分野・団体にチャンスを与える。新しい文化活動がどんどん芽生え、これまでの領域・団体も努力せざるを得ないシステム

これが大阪の目指す新しい文化行政、アーツカウンシルだ。そのためには今の文化補助金を改めなければならない。これまで補助金をもらっていた団体は反発するだろうが、大阪のためには再構築しなければならない。一部の者が評価する領域・団体を守るためではなく、真に市民に支えられる文化とするために

これをアーツカウンシルで考えてもらいます。いきなり100%完璧なものには無理でしょう。しかし現在では評価はまったくありません。これまで出していた補助金をそのまま出すだけ。 RT @inumarumatunii: @t_ishin 文化を評価するって、具体的にはどうするんですか??
(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る