橋下氏「令和には、なんとか首相、戦勝国指導者、陛下に参拝いただける靖国に」7/1のツイート

記事にするのが遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(身を切る改革批判)橋下氏「大阪の財政再建策と教育子育て予算の増額策、経済改革策の現実を直視せよ。政治家や公務員の民間より高い部分を削って未来世代へのどこが問題?」6/30のツイートの関連ツイート

(橋下徹氏twilogより引用)


(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1145341546528555009)

G20は本当にお疲れ様でした。こんな会議が大阪で行われるとは本当に嬉しいです。これも松井・吉村体制の維新政治の結果ですね。トランプ、プーチン、習近平よりもずば抜けて松井さんが、ガラが悪い雰囲気でした!僕は無責任なコメンテーターが一番性に合っています。



(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1145346364265492485)

少なくても戦勝国です。関心の問題ではありません。戦勝国の指導者が日本訪問にあたり、なぜ靖国に参拝しないのですか?日本政府や国会議員はなぜそれを働きかけないのですか?

日本全体でそのような静かな環境に戻すことは不可能だというのが僕の認識です。覆水盆に返らず。ここが有本さんとの認識の違いですね。そして今の状況のままだと、日本の首相も世界の指導者も天皇陛下も参拝できないまま。トランプみたいな首相が誕生すれば別でしょうが。

戦後、靖国への外国要人の参拝は戦勝国の元首級はないですよね。特に安保理常任理事国級。アイゼンハワー米大統領が参拝を希望したのに日本の外務省が断ったという話も聞きますが、真偽未確認です。令和には、なんとか首相、戦勝国指導者、陛下に参拝いただける靖国に。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1145347539954044928)

中韓は除いていいと思います。本当にA級戦犯=戦争指導者の合祀が問題なければ、今も戦勝国の指導者に参拝いただくべきです。令和の時代において、陛下は国際社会を無視することはできないでしょう。何もせずに待つのか、積極的に環境を整えにいくのかが考えの違いのポイントですね。僕は積極派。


(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1145348536541728769)

無理筋かどうかになると、理論の問題ではなく、多分に主観的、政治的判断になりますね。僕は無理筋路線を選択して実行してきたので、こういう考えになります。


(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1145352293207793664)

令和の時代、国際派の天皇・皇后両陛下は国際社会の動向には特に敏感だと思いますよ。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1145369316038066176)

百田さん、そっちじゃなくて、僕に来て下さい(笑)そのようなツイートがなければ、全作品倍以上は売れていますよね(笑)


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1145366729498877952)

ここは色々な見解がありますが、報道では富田メモの存在もあります。一般公開されていないことが問題ですが。公的私的の問題は憲法20条の改正でクリアです。その問題を解決してから、参拝していただけるのかをお待ちし、それでもダメなら、やはり戦争指導者の合祀が原因と推認されます。

憲法20条の改正によって国立化すれば公的私的の問題はなくなり、首相もその肩書きで二礼二拍手一礼の様式で参拝できます。もっともその様式は明治からのものですが。それでも陛下に参拝いただけないのであれば、戦争指導者の分祀というプロセスかもしれませんね。


(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1145355107459985410)

虎の門は条件が合わなかったようなので、こちらの番組にご出演いただけるとありがたいです。ただ、有本さんの条件がどうなのかですが。

憲法9条2項削除よりも、まだ憲法20条改正の方が現実味はあるでしょう。憲法20条の改正では、戦争に巻き込まれる!という猛批判は出ませんから。英霊を国をあげて祀ることには、憲法9条2項改正よりは批判は少ないでしょう。


(出典:https://twitter.com/jdec3/status/1145530768564711426)

きちんと相手をリスペクトしていれば、激しい論争をしても侮辱はしない。バカ学者はすぐに侮辱してくるので100倍返しの刑。百田氏とは意見が異なるところは多々あるが、僕も本を出した人間として、作家百田氏のあの売れる本を作る能力は尊敬している。今、出版界は2万部売れれば大万歳。それを百田氏は


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1145617612270796800)

それはA級戦犯合祀が、もともと突っ込まれる要素で、たまたま中韓が突っ込んで来なかったからです。現に戦勝国の元首級も参拝に来ません。本末転倒と言っても、結局、百田さんには策なし、単に待つだけと同義で、ずっと不参拝が続くだけです。僕はそれに我慢できない。

結局、うまく使われてしまったんです。国内も騒ぐし。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1145631928801882112)

中国は当初は気付かず、あとから、これは使えると思ったんです。戦争指導者の合祀は、そのような突っ込みどころを作ってしまったということです。だからその環境を変えるべきというのが僕の立場で、百田さんとは立場の違い、政治の役割の認識の違い。論理的な正誤の話ではありません。


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1145625638167990273)

ここは政治の役割の認識の違いです。中韓の抗議をはねつけると言っても誰もできていないのが現実。恐らく今後も誰もできないでしょう。その現実を踏まえて、どう参拝を実現するかを考えるのが政治の役割だというのが持論。実行するのが政治だと思っています。


不信拭う政治ショー「私の越境を望みますか」 事務方・報道陣は混乱 – 産経ニュース

だから北朝鮮に入ったトランプのおっちゃんには警護が付いていなかったのか。一人で入って行くとは。世界の指導者たちに、あのおっちゃんには勝てないと思わせた。たいしたもんだ。インテリが一万人束になっても、こんな判断・行動はできないな。文句を言うだけ。


自己責任論 VS みんなで支え合う論。 経済的にお得なのはどっち? データに基づいて検証してみた結果…|前田晃平|note

(出典:https://twitter.com/Hiroki_Komazaki/status/1145179176120438785)

物の見方には色々あるので、この論が完全に間違っているとは言わない。しかしアイスランドが金融危機を乗り越えられた理由として一般的に言われているのは、アイスランドが銀行を潰して対外債務を踏み倒したから。そしてユーロに加盟していなかったのでクローナ通貨安になり、特に強い漁業で輸出が急増

アイスランドは、銀行を潰し銀行経営者に刑事責任を負わせ、英・欄の投資家に対して自己責任を求めた。北欧諸国もそうだが、自己責任を求めるところは徹底的に求める。この論は自己責任や支え合いという言葉だけで、一面的な立場で現実の政治を語るとおかしくなる典型。政策の中身の冷静な検討が重要。



(出典:https://twitter.com/hiroki_komazaki/status/1145594197530963968)

そういうものを、煩わしいと考えるのではなく、離婚後も共同でできる限りやっていきましょうというのが時代の流れ。距離の問題は単身赴任と同じ。DVは別として、単独親権を頑なに主張る人たちは子育てに関する夫婦協議のめんどくささを回避しようとしているように思える。

夫婦間の離婚は自由。しかし子育てに関しては夫婦間は切れない。それは子供のため。子供を産んだ以上、その責任は一生付いて回る。離婚後の夫婦は単身赴任夫婦と同じように考えるのが共同親権の狙い。ただしDV事案は別。これは女性を守るために連絡断絶。


(出典:https://twitter.com/hiroki_komazaki/status/1145619283461828611)

でも父親の子育ての積極参加に一番側旗を振っていたのは駒崎さんですよ。では父親の子育て参加はするなということですか?離婚は夫婦間の事情で子供には関係ありません。離婚事由が子供の利益を害するものなら、もちろん単独親権です。しかし夫婦関係の単なる破綻なら子供には無関係。

もっと離婚事由を細かく見て!世の中の離婚事由はDVだけじゃないし、子供の利益を害するものばかりでもない。これから、浮気も子供には関係ないという時代になるかもしれない。


(出典:https://twitter.com/hiroki_komazaki/status/1145623246269628416)

であれば、離婚していないお父さんも養育費の負担と、面会と、重要事項の決定の子育てで十分だと宣言して下さい。重要事項の決定だけでは、子育てとして満足を得れない離婚後のお父さんが増えています。

であれば、離婚していないお父さんにも「面会交流と養育費の負担で子育ては十分。重要事項の決定は不要」と宣言して下さい。なぜ離婚したことだけで、親権が奪われるのか、理論的に説明しで下さい。


(出典:https://twitter.com/hiroki_komazaki/status/1145629312864755713)

別居親が悪質と断定するのは完全に偏見です。駒崎さんはそのような親しか見ていないのでしょう。この認識が結論を左右しているポイントでしょうね。


(出典:https://twitter.com/hiroki_komazaki/status/1145631538249207808)

会わせるべきでない別居親もいれば、会わせるべき別居親もいます。現実の世の中のケースは、駒崎さんが考えるよりも多様です。

<<下に続く>>


新刊!8/8発売!

トランプに学ぶ 現状打破の鉄則
橋下 徹
プレジデント社
7/30  橋下さんがBS報道番組に生出演しました! 結構話題になった動画です。まだの方は是非! (※冒頭やや切れて動画は途中...
参議院議員選挙が終わり、自民・公明が圧勝したが、憲法改正の発議をするために必要な3分の2の議席は確保できなかった。すかさず、7月25日に、国民民主党の玉木雄一郎代表が、憲法改正に前向きな発言をした。とこ…

橋下徹・三浦 瑠麗 共著「選挙こそ国民の最大の武器だ!」

政治を選ぶ力 (文春新書)
橋下 徹 三浦 瑠麗
文藝春秋

大反響!12万部突破!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. とおりすがり より:

    『「身を切る改革(キリッ」とかって言って公務員数や給与を削減するのが正義だと思っているような政治家たち』これって完全に維新所属の議員をバカにした表現ですよね。この人がバカにしてる「身を切る改革(キリッ」で生み出した財源で子供たちや妊婦さんの為に何をしたかちゃんと取材してから言って欲しいですね。もっと言えば「身を切る改革」と「みんなで支える論」全く関係ないのにわざわざ維新所属の議員をバカにする為に持ち出してきて、本当に人間性の悪い人ですね。

  2. 仲井 より:

    大阪で始まった行政改革、

    それに真っ向から、恥も知らず欲丸出しで物貰いのごとくの顔まで晒して表にあぶりだされて出てきた連中。

    普通であれば、日本の日本人家族であれば、それら親の姿を子供が見て、
    【もう恥ずかしいからお父さんお母さん頼むからやめてよ、格好悪くて世間に顔も出せないよ】って。

    普通の日本人家庭であれば、身内の誰かから注意されそうなもんだが、奴らはそんなもの恥ということなど全く思いもせず、その恥ということすらこいつらは知らず、よく家族から注意されたり、忠告されたり、非難されたりしないんだと呆れかえる一団の、その反旗をむき出しにして向かってきたあらゆる多くの抵抗した、連合、自治労をくるめた公務員労働組合、天下り団体、既得権を独り占めにして市民府民の税金の上前をひたすら盗人のように横流しで略取搾取の食い物にしていた各種多くの業界団体、地域振興会・連合会、町会、街作り協議会等、また、これら日本民族では無い外国民族で塊を持つ日本の市民団体と自称で称するいかにも怪しき外国人組織団体、

    私に言わせればドロボー集団といっていい連中。

    橋下さんが初め府知事に当選された折、彼の発言が強烈だとか物凄い発言の数々でマスメディアをはじめ皆がこれは大変なことになったと連中は思い出しただろうがでも私はあの時橋下さんに発言していただきたかった具体的文言があった。
    それは、
    【大阪では今まで市民府民の貴重な予算を卑劣に影からだまし取り、それら表ではその姿を普通に見せているそのドロボーに、莫大な予算をまんまと盗まれっぱなしになっている状態である。

    だから之からやることがある。
    選挙でこうして選ばれたからはその期待に応えられるようにドロボー集団を一斉に徹底的に追い出し排除します。
    大阪は予算を本当に市民府民に回せていない現状がある。
    いつの間にか予算が組まれた途端その予算がどこかに消えていた。
    何処の誰がこれを持っていっているのかを、これを、これを徹底調査で解明し有権者に報告ます。

    自分が泥棒から予算を取り戻す。
    そのドロボーが一体どこのどいつらかを、私はこれから徹底して調べ上げ国民にお知らせしたい】と。

    これぐらいの文言で、当時具体的犯罪者扱いで奴らの事を発言してほしかったぐらい。

    その時点ではやっぱり今までの大阪で私ら個人がどんなルートで伝えどれだけ文句を言って役所を追及しても何も変わらなかったので、橋下さんがこの内容をどこまでやれるかを、やっぱり心配で、まだ半信半疑の部分があったことも事実。

    だがその心配は橋下府知事就任後もうわずか二週間ほどで、その心配などもうすべて吹っ飛んだ。
    もう気持ちがいいというか、これほど気持ちよくやってもらえるのかと、私らが現場に押し掛けて直接これまでどれだけ言っても変わらなかった多くの内容が、もう公言して表で公表してくれるし、盗人集団には盗人だとわかる文言で歯に衣着せぬ物言いであらゆる反対勢力を論破してくれた。

    もうこれで大阪はどれだけ変わっていくのだろうと、私などはもう夢を見てるのかと思ったほど。

    住民投票で敗れ、惜しまれたが本人は潔くあっさりと身を引かれたが橋下イズムは松井さんは無論だが、あとを引き継いだ吉村さんをはじめ、もう役所内の幹部にもそれが浸透しだしてきて、大阪はとてつもないほどに現場は変わりつつある。

    衆議院選挙をにらんで他の朝鮮民族政党はあらゆる卑劣な手段を使ってでっち上げの印象操作をやる。

    今日の、BS TBSの19;30
    出演していた朝日新聞記者が出て居て、
    日米韓の現状のおかしくなっている関係の原因はすべて日本に有ると、米国・韓国の現状の不和の関係を作ったのは、おかしくなっているその原因を作ったのは日本の安倍政権の責任だと。
    米国は韓国日本が仲良くするように何度も何度もやってきてまで言ってきているのに日本政府は韓国に何の手も差し伸べなかった。
    日韓の関係の悪化は、日本がすべて悪いと、日本がちゃんとやっておればこんなことにはならなかったと、
    日韓問題について、日本の対応が不適切でアメリカからの仲裁案も断ったからだと、日本がすべて悪いという発言を延々やっていた。今回の状況は日本政府が作ったと、韓国は何度も話し合いを持とうと努力していたのを無視した日本が悪いと。

    こんなことを普通に当たり前だと思って全国放送のテレビで朝日新聞は恥ずかしくもなく発言している姿を見てると、橋下さんが大阪でやったあの時の改革の凄さが、どれほど凄くて困難な内容だったかを改めて思い知らされる。
    どれぐらい桁外れにすごかったかがよくわかる。

    今日の坂上のバイキングなど、もう衆議院選挙をにらんで早くも朝鮮民族が早速維新の議員狙い撃ちで、維新狙いでやってきている。次の衆議院選挙では維新の会が急成長して票を伸ばすのではという恐怖を新聞テレビは早くも察知してそれを陥れてつぶしに来ている。

    フジサンケイグループは、現在北朝鮮金正恩率いる北朝鮮直轄の国家国営企業のマルハンが、このグループでの株主として、現在この会社が何と筆頭株主になっているとか。
    あの金正恩の直轄の国営企業の会社が、この日本のフジテレビを含むエイベックスほか多くのグループ会社の筆頭株主である。つまりフジテレビの筆頭株主が、あの日本の多くの人らを拉致して北朝鮮に身柄拘束して連れて行っているその国のトップが、このフジテレビの筆頭株主なのだ。
    日本のテレビ局の筆頭株主が、拉致犯罪国家の北朝鮮国家金正恩だというこの現状を日本国民はどう思うのか。

    本日、
    足立さんについてあらぬ内容をでっちあげ印象操作でやっていた。
    足立さんを紹介するにおいて、そこで辻元清美の内容は一切出してこなかった。

    足立さんの議員としての紹介ならいの一番にまずは関西生コンから不法献金(関西生コンユニオンの連中は朝鮮民族)を受け取っている辻元清美のことを、まず紹介で出すべきが、それは一切隠して出さない。
    (フジテレビにはすぐに注意で電話をした=辻元清美の事を出せ!朝鮮人へのマイナンバーカード義務付け)を出せ!

    足立議員の議員としてのどういうことをやってきている議員かを紹介しているのに、一番痛烈にやっている辻元清美の間西生コンユニオン追求の件や、朝鮮民族対応のマイナンバーカード全員義務付け実施のこの内容は、フジテレビは一切紹介もしなかった。
    一番肝心なことを全く、一切紹介せずに、愚脳で朝鮮連合の印象操作の専門家でもある有馬というとんでもない愚か者をゲストに呼んできて、やれどうだこうだと、足立議員の悪口を言わせるだけ言わせて番組は終わった。

    北朝鮮が筆頭株主になってるようなフジテレビ局とあの産経新聞社は、実は同じフジサンケイグループ(関テレは違う)で、ここも金正恩が筆頭株主になっている。

    この企業、日本に置いておいて大丈夫かあ?

  3. 仲井 より:

    有本香が
    【私は百田さん橋下さんが新幹線大阪東京間ずっと意見交換を続けていたことに私は無理だ】と、そういっているが、
    私など前日の夕方から翌日の昼過ぎまで家族や親族とずっとやっていた時期があるしまだそれでも足らずに二時間ほど仮寝してまた翌日の朝までぶっ続け手でやるなど普通にやっていた。
    そこらテレビなどでもよく言われたりしてるが世間ではそういう場合必ずお重めで最後は殴りあの県かにまで発展とか言ってるが私の過程でそんなことはまあ考えられなかった。

    幾ら話が24時間ぶっ続けでやり続けていたとしても、世間から見たら異常だと思うかもだがでもそのくらい時間ぐらい続いたとしても、互いで憎しみ合うとか恨むとか、罵倒するとか、気が荒れたいい争いなどという経験は、まあ私においては一切ない。
    そんなことが起きるはずもない論戦のやり取りでやるので。
    馬鹿はすぐに単純で物事を議論しだすと中身ではなくて違う話題をそれに重ねて議論にどうしても勝ちたいのか兎に角勝とうとだけを求めて議論をやろうとする。

    私など議論で負けて相手の意見のほうがまともであれば何の問題もなく了承して相手の意見に沿う形で結論を出す。
    馬鹿ほど議論に勝ちたくて、特に朝鮮民族は何でもかんでも議論で勝ちに行こうとする。思惑をそこに載せてその思惑が崩されるのでついつい腹が立ち結果いい争いのパターンになる。
    肝心なのは何が大事でこれが国民のためになるかならないかそれだけである。
    そこに思惑を入れて自分の意見を通そうとやると意見が食い違うと感情で決めてしまおうとする。
    有本などその典型。
    兎に角議論で勝ちたくて勝ちたくて仕方がないのだ。
    でもそこには本人の目指す答えにたどり着くための思惑が入っての意見になっていることを忘れている。これがこういう人物のまあ愚かさである。
    議論でもめて終わる。
    最悪である。
    降りたほうが負けである。
    私は誰が何と言おうと、議論からは絶対に降りない。
    最後の結論が出るまでは。

    思惑が先に見え見えに見えていて、如何にも自分はお国のためにやってるんだといってるが、意識してそう見せているが、でもあの長尾正のようなあんな議員を推薦している段階でもう日本国家のためだという内容がぼけてしまうよな、こいつは本当に日本の国家のために一体どのくらいの期間これまでやってきて、それでどういう成果を出させたのか、ここを出してからまずはまっさらで登場して意見を出すべきである。
    そこが誰が見てもこいつはいったいどこまでが本気なのかと、そこがあやふやだから、こいつはバカだと行政のことなど何にもわからないのに首を突っ込んで、だから、一部の者には愚かな強言者扱いで言われるし、第一なにも知らないくせに偉そうに言うなと言われたりもして、馬鹿にされるのだ。

    私など揉めて喧嘩になるのは常に税金の違法な使い方だとか職員の怠慢が酷かったり、教育の現場で朝鮮第一主義が先行した教師がそこに居てたり、日本国家を全く大事だと思わず反日に明け暮れている連中ら、こういう連中にはもう罵倒に近い追及を現場でも相当やったことがある。
    そこに日本人のはずが日本人ではない朝鮮民族が日本の国籍をもって公務員に化けている実態を見つけたりしたときも徹底追及をやっていた。
    こういう時にはきつい文言でやっていたが家族だとか大事な会合だとか得意先の方とのおつきあいでの議論だとかすべて言い争ったことなど一度もない。
    それは相手が頭がいい人で、しかも、物事の仕組みを熟知していたり、普通の人だったからだろう。

    二十四時間ぶっ続けで話をしても、別に喧嘩にもならず、口汚く言い争ったりとかの、ただ本人の言い分を徹底して言い合い、では最終どうするのかまで決めるまで皆がOKをやるまで終わらない。
    こんなの物事が大事な案件であればあるほど当たり前であり、頭脳と、運動神経でのレベルは私のほうが相当下になるが、でもその議論は、休まずぶっ続けで時間が40時間でも続けて出来る点は、橋下さんも同様のようで、私とそこだけは近い性格のようだ。

トップへ戻る