橋下氏「鳥越さんには選挙前に答える義務がある。東京の記者よ、もっと突っ込め!」7/22のツイート

(twilogより引用)
RT @YoichiTakahashi: 鳥越氏の報道の自由とは、オレは報道する自由があるが、オレを報道したら訴えるぞ twitter.com/Yu_TERASAWA/st…

舛添さんの引退の流れが決まったのは、あの弁護士の対応から。鳥越さんが落選したら、これも会見を開かないと宣言したこの弁護士の対応が原因だね。彼ら普通の弁護士は、政治家の代理人はどう振舞うべきかについての知見がない【橋下ゼミ・メルマガ】⇒hashimoto-law-office.jp/from.html

鳥越さんの件、この手の話しの「事実無根」は大まかに3つ。①その女性と全く面識がない②面識はあるが性的関係はない③性的関係はあるが合意があった 鳥越さんには選挙前に答える義務がある。東京の記者よ、もっと突っ込め!

事実無根とは①女性と全く面識がない②面識はあるが性的関係の要求事実はない③性的関係の要求事実はあったがそれは通常の男女の関係の範囲内のどれか?こんなことにも答えない候補者を、かつての鳥越さんなら罵倒していたはず

候補者は法的には公人ですよ。もう少し勉強したら? RT @risa_mama117: 鳥越さんって公人?? 大丈夫か?#橋下徹 @t_ishin「公人(こうじん)とは、公務員や議員などのように公務についている人を指す言葉である。」wikiより

鳥越さん、弁護士を就けた時点で、「違法性はない」だけで逃げ切る戦術と推測されてしまう。不適切な行為は?鳥越さんも、舛添さんを散々批判していたでしょ?だから自らの口で、「どういう理由で」事実無根なのか説明すべき。

???そんなこと言ったら「事実無根」と言うだけで全て取材拒否ができることになりますよ?それを絶対に許さなかったのが鳥越さんです。鳥越さんの「代理人」である弁護士も会見拒否宣言。最悪。RT @twyamaryu: 橋下さん 事実無根の報道にいちいち説明する責任などありませんよ。

訴えるのは自由。ただし公人の場合は訴えるのは最後の最後。まずは自らの口で徹底して説明。どういう理由で事実無根なのか。特に選挙前なら有権者の判断のために。 RT @twyamaryu:@risa_mama117 橋下さん 公人が事実無根の報道を訴えてはいけない理由などありますか?
(続く…)

(続き)
その通り。これが選挙妨害なら直前立候補した人について一切報道できなくなる。直前立候補の方が問題 RT @dino_swift:選挙妨害だ!と声高に叫ぶ人がいるが、突然出馬を表明したからこういうことになってんだろ。時間的猶予があれば公示日前に野党連合は候補者を変えることができた。

強制わいせつがあったと騒いでいるのではない。自らの口で説明しない態度が公人失格だと騒いでいる。しかもこれまで公人の説明責任と報道の自由を叫び続けていた人が RT @panic_pop: @dino_swift 見出しだけみて鳥越さんが強制わいせつしてるって騒いでるアホがいるよ

トルコの非常事態宣言を見よ。これが緊急事態条項の本質だ。僕は嫌だね。国民を見下して、ポピュリズムは危険だと言い続けている読売新聞は緊急事態条項には賛成。緊急事態条項の方がよほど危険だ。読売はもう少し勉強せよ。

今回の都知事選挙では候補者の政策論争はほとんど無意味。なぜなら行政組織をフル稼働して練られた政策ではなく希望レベルに過ぎないから。なぜ日本では候補者による政策論争ができないか?では今回の選挙での判断ポイントは?

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-… 産経新聞誤報。「見出しだけ見て鳥越さんが強制わいせつしているって騒いでいるアホがいるよ」は僕が書き込んだのではない。他人のツイートの引用。すぐに訂正するように。先日のスポーツ紙も同じミスをしていた。ツイッターの構造をもう少し勉強して
(引用終わり)

高橋洋一氏の「一言」
クスッとしちゃいました(^_^;)

鳥越氏、今頃、立候補した事、心底後悔してるんじゃないでしょうかね。

今まで、隠してごまかして、ジャーナリストとしてそれなりの権威を保ってきた。
立候補しなければ、偽りの表の顔だけで一生を終えられただろうに・・・

「鳥越さん、弁護士を使うのは最後の最後。自ら徹底してメディアに説明できないなら知事になる資格なし」7/21のツイート

「橋下徹通信」(プレジデントオンライン・メルマガダイジェスト)
橋下徹の「問題解決の授業」(メルマガ購読申込)

関連
【鳥越俊太郎氏疑惑】「文春報道『以外』の女性スキャンダルを暴露!?」(東国原英夫氏)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る