橋下氏「切磋琢磨も重視するが、支援が必要な方には徹底的にサポートもするのが大阪維新の政治行政」11/22~12/6のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(11/22)

(出典:https://twitter.com/hosono_54/status/1197174117218172928)

国会議員は大阪市の行政中立条例を勉強すべき。ここまで政治と行政を区分けしているのかと、目が覚めるでしょう。市長会見のバックボードが大阪市のロゴ入りと白地と二種類あるわけ、選挙前になると市役所のホームページから市長の写真が消え、市長の役所行事参加がなくなるわけ、など。


(出典:https://twitter.com/hosono_54/status/1197738172702060545)

政治と行政の区分けを、中堅・若手の国会議員で徹底して下さい。一段高いレベルの政治を。全国の自治体首長もならうべき。

(11/29)
大阪府教委、医療的ケア児タクシー費支援 やっと学校に行けた 人工呼吸器の14歳、友と学ぶ喜び – 毎日新聞

個人の切磋琢磨も強く重視するが、真に支援が必要な方には徹底的にサポートもするのが大阪維新の政治行政


ローマ教皇)靖国参拝や皇室行事などを巡って政教分離違反だとあれだけ大騒ぎする連中に限って、なぜかローマ教皇の政治的発言をありがたがる。連中が主張する厳格な政教分離によって政治が宗教に関与することを厳格に禁じるなら、宗教が政治に関与することも厳格に禁じるべきだ。

(12/4)
関空、咲洲も… 高潮の浸水域、南海トラフ津波の2倍 大阪府が想定 – 毎日新聞

僕が知事のときは、このような予測を出そうとしたら、大阪市民に要らぬ恐怖を与えるな!と大阪市から猛反発を受けた。大阪市民も府民なのに。今は府市協調なので問題なし。さらに府市一体の大阪都構想へ

(12/6)
小泉環境相「日本の化石賞、残念」 COP25閣僚級会合で反論へ – 毎日新聞

環境大臣就任時からこのスタンスで行くべきだった。日本は気候変動問題で世界をリードできるような状況ではない。世界各国に対して日本の苦しい状況を一生懸命説明する立場。ないしはトランプ的な開き直り。


一審の裁判員が下した死刑判決を控訴審の裁判官がひっくり返すことが目立っている。このままだと裁判員を拒否する者が増えて裁判員制度が崩壊する危険も出てくる。これを正すのも政治だ。インテリたちが猛反発する内閣による最高裁判事の人事を断行すべきだ。これが憲法の定め。

裁判員が下した死刑判決を最大限尊重する司法府を望む。そのような司法府を作ってくれる最高裁裁判官を憲法に基づいて内閣が任命すべき。インテリたちは政治の司法介入と騒ぐだろうが、司法府を正すのも政治の任務だ。

カルロス・ゴーン被告が隠密裏に決行したレバノンへの逃亡、そして日本の刑事司法制度への痛烈批判。日本政府も反論に出たが、それは公正の思考に拠っていないと橋下徹氏は指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(1月14日配信)から抜粋記事をお届けします。

【橋下徹・2020年1発目】
2020.2.6発売!予約受付中!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    橋下さんのツイート部分は、わかりはしますが、
    少しこういうことも現状どうかなあと思うことが実は普通に起きているように思う。

    じつは身体障碍を持つ人物についてですが、世間も国も世界も誰もがサポートはきちんとしてあげるべきだと、これはみな言うんだが、ちょっとと思うことがあり、
    それが、
    生まれつきの盲目の人物の場合、先天性両眼盲目で、障害レベルは一級になる。
    無論生まれつきの先天性盲目なので、ここからこの人物が運よく、まあ何か奇跡でも起きてその目が見えるまで回復があればその支給は打ち切られるが、そのかいもなく一生盲目状態が続き、生存中はすべて国家から障害年金が支給される。以前は支給額が確か年間で100万円を超えていたが、現状一寸正確な金額までは判らないがでも多分100万円を少し切るかどうかぐらいの額がそのまま税金?が、この人物にこれから生存中ずっと死ぬまで支給し続けられる。

    私は思うんだが、こういう先天性で回復も治療もまずできない後天的に症状が続く場合、生存中一切の治療行為がされておらず、治療ができない症状で何も治療はしていない状況で、ただ目が見えていないというこのことだけで、そのまま何も変化なくただずっと治療もしない状況で障害途切れることなく障害年金と称する額が支給されていくことに私は少しこの障碍者年金という部分に少しだけメスの入る部分があるのでは?と思っている。
    生涯変わらずずっと支給して同じ額を渡し続けることにはちょっと抵抗がある。

    私は、治療すればその効果が希望が持てるということでそれに向けて前向きに治療に励んでいる、治療して先に希望が持てる状況であれば、私はそこに向けては障害における年金は支給すべきだと思う。

    つまり支給する名目を変えるべきだということ。

    例えば最近のIPS細胞などが出てき出して、この症状には希望が持てだしただとか、そういう場合から、そういうことが可能性が出てきだしたらそのタイミングからこの障碍者に向けた治療および病院代なりの支給をすべきで、一切症状の回復は無理だとされるものに向けて、障害年金というのはまるで生活保護状態の支給の仕方になってはいないのか。

    生活保護支給とこの障碍者年金とが現状からみあってきているように思えることが私はちょっとおかしく感じている。
    例えば耳が聞こえないということでその状況でも年間100万円近い障害者支給が行われている。
    でもそれの実態は実は知り合いの意志と連携して数十年前にとった診断書を盾に一生この年金を受けている連中も多い。
    普通に聞こえてるのに調査員や警察が来ると突然に聞こえないという仕草をやって紙面に書く手法での紙面会話しかできないなどと虚偽での芝居での書き問答でやってくる。
    後ろから声を掛ければ普通に振り向き聞こえてる状況で実は聞こえないという嘘での障碍者年金を年間百万円ほどを受けている連中も多く存在する。

    社保庁に言えば役所が診断書を出して要るからと言い調査責任は役所にあると言い役所に言えば社保庁が調査すべきで我々は医師の診断書を持つだけで最終支給決定は社保庁がやるので責任は調査をすべきは社会保険事務所がもべきだという。
    診断をやって出した医師はもう死んでいない状態でもまだ数十年間その初めの診断書の身でそれが生きて有効にされ中間での疑問が存在しても一切調査などやらない。
    警察に言うと今度は役所がまずはやるべきと言い一切かかわらない。

    診断書の内容に疑義があるように思えば中間で調査をすればいいが全く40年前の者であろうが一切しない。
    今はコンピューターで聞こえているか聞こえていないかを脳指紋が発見してくれる時代、だがそれが行われない。

    こういうことが起きている状況が多発していることを思えば私はもう治療の必要がなく全く回復が見込めない障害であれば私はその時点で打ち切ってもいいのではと思っている。
    まあ生まれた時からの先天性であればしかも治療はできなくて回復させる手立てがない場合は学校を卒業するまでだとかそういう区切りの判断が可能な機関というものを決めてその間は支給するがそこからは別の形で自力でだとか、地力が無理で身内や周りに面倒を見るものが居ない場合などには、なら生活保護だとか、違う形で道を開く手立てに支給というものに切り替えるべきだと思うℊくぁ。

    現状で行けば不正が起きていてもほぼほぼ役所が触らない状況でそのまま稼働しっぱなしになっているものもいてる。

    昔こんな酷い例が起きていたと聞いたことがある。

    先天性の盲目の子供ができて、その子に国から年金で100万円以上の金額が毎年その家族に障碍者年金で支給され続けていた、そこに或る他人がその話とは別に、その子の目について、いいお医者さんが居てるからそこを紹介するから連れて行ったら?
    何なら自分が連れて行きましょうか、その病院の先生のところへ、もしかすると見えない目も見える医療がもうできてるかもしれないと、一生懸命勧めてみたが、その家族は一切そのことに乗ってこなかった。

    この子は目が見えなくていいんだと言うばかりで、そこで、「でも家族の人は先に死んでいなくなる、遺されたこの子が一寸でもかすかにでも見えることができるようにでもなればそれが一番いいのでは?」と言ったら、猛烈に怒ってこのままでいいんだ、と追い出されたという。

    つまりこの家族にすればこの子に毎月支給される障害年金の、月に9万円ほどが、二か月に一度だから18万円ほどのこのお金が生活の上で大事だったのだろうと、その人が言っていたが。
    結局その子はそのまま目が見えないままで(治療に行っても無理だったかもだがまだ子供の時期だったので再度診察はしたほうがいいと思ったそうだ)そのご家族はすべてもう亡くなり天涯孤独になってしまい現状は生活保護を受けている状況らしい。

    治療が必要のない症状の者についてこの現状行われている支給というのはこれは違うと思っている。
    例えば肢体不自由だとかの障害の場合にはリハビリだとかで少し回復だとか将来にまだ希望が持てるので障害年金として治療費の意味も入れて支給すべきでありもう回復が出来ないとされるものへは私は家族也自力なり違う形で国がいちいち保証をすることはないと思う私生活が成り立たなければ生活保護という仕組みもあるのでそっちのことでカバーすればいいと思うが。

    出ないといくら所得が多くある人にも障碍者年金はやっぱり変わらず支給され治る見込みもないのに支給される。

    一寸いびつな状態のここら辺をすっきりした形の仕組みに、自力の部分、回復が見込めない者の部分、ここも大いに入れたうえで障害年金というのは支給されるべきである。

    もし事実本当に聴覚障害であったなら全く聞こえていないのであれば、これはもうこれらの症状はもう回復しないとされているが、でも多分生涯この人物には一生死ぬまで障害者年金が支給されていくのだろう。
    障害があるから支給するべきか、
    それとも、
    障害があっても何か社会に向けて何かをしたいからその費用が居るのでその手助けとして支給が必要なのかというここの部分、現在の金額についてもだが将来に希望の道を具体的に図ろうとして要る物への支給というのは私はこれは必要だと思うが一切何の動きもなくて何の治療もなくてただじっと家でこもっている障碍者に対しての支給は私はそこは疑問点がある。こういう場合周りの者がこの年金を自分のものにしてしまうと言おう事例が非常に多いと思える。
    それは支給の意味にちょっとずれが生じてそう言うことが可能にしてしまっているからだ。

トップへ戻る