橋下氏「裁判所の基準がおかしいから裁判員制度が導入された。今の司法府は明らかに裁判員制度の法律の趣旨を逸脱している」12/7のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(参考)(社説)参院定数判決 政治の怠慢を許すのか:朝日新聞デジタル(2019.12.7)

12月7日付け朝日新聞社説が、参議院議員選挙の一票の格差3倍を合憲とする司法府を痛烈に批判していた。批判するのは誰でもできる。司法府を正すには朝日新聞が司法への政治介入と猛反発する内閣による最高裁判事の人事をやるしかない。最高裁判事人事に公聴会の仕組みを作るべきだ。

党内で賛否が分かれている課題について、このように議論をして最後は意見をまとめることができるのは自民党の強さ。ただ、この問題は戦後未亡人である「ひとり母親」を支援しようとしたところから始まったもの。今の寡婦・寡夫控除は複雑怪奇なものとなり、今の時代にはもはや合わない。

本来は、ひとり親かどうか、事実婚かどうか、寡婦か寡夫かを問わず、収入の低い「世帯」をサポートするというシンプルなものにすべき。子供の数によって世帯収入を分割し税率を掛けるフランス式N分N乗方式に給付付き控除などを組み合わせるものなど。自民党では無理だろうから、これこそ野党の役割だ



(出典:https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1203286405687857153)

裁判員制度を導入した法律には、死刑の量刑については裁判員の判断よりも、これまでの裁判所の基準を尊重するとは書かれていない。裁判所の基準がおかしいから裁判員制度が導入された。今の司法府は明らかに裁判員制度の法律の趣旨を逸脱している。

裁判員の判断を軽視する今の司法府を正すには最高裁判事を内閣によって入れ替えるしかない。今の最高裁判事人事、それにつられる各裁判所判事の人事は、最高裁事務総局が中心にやっているが、これこそ憲法違反。政治が司法府の大きな方向性を決めるべき。もちろん個別の裁判に政治が介入することはダメ


(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1202967259553005568)

最高裁判事を任命する際に、本来は国会議員による公聴会を開くべきだがその仕組みがない。個別の裁判へ政治が介入することは司法権の独立を侵害するが、裁判員裁判において死刑の量刑は別扱いにするのかどうかを、国会議員は最高裁と厳しく議論すべき。司法府の大きな方向性を正すのは政治の役割だ。

カルロス・ゴーン被告が隠密裏に決行したレバノンへの逃亡、そして日本の刑事司法制度への痛烈批判。日本政府も反論に出たが、それは公正の思考に拠っていないと橋下徹氏は指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(1月14日配信)から抜粋記事をお届けします。

【橋下徹・2020年1発目】
2020.2.6発売!予約受付中!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に(市・2020年4月より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    現在の日本における
    裁判官、
    検察官、
    警察官
    弁護士

    これら彼ら事態がもう日本ではなくなってるんですからそんな状況で、日本の正常な裁判など行われる筈もない、と私は思っています。

    これはこの間の私の時の裁判でもそうだったし、30年近く前に二度行った裁判の折も、合わせて3度にわたる裁判の現場は、相手側から出てくる弁護士は朝鮮民族だし、裁判官もよくよく名前を見るともう本当にこんな名前を付ける日本人の親が日本に居てたのかと、これはまずないだろうと思える名前を持つ裁判官が並んでいて、もうすでにここの部分は、日本の俎板で行われているとは到底思えない裁判状況でした。

    ついこの間の弾劾を相手側の弁護士にかけてやろうと相当やったが肝心なところになると弁護士は個人なので個人営業主なので弁護士会では何にも権利がなくできないんですの一点張り。
    そこででは橋下さんに懲戒請求をしたこの件はどうこたえるのかと詰め寄ったが一切逃げて答えてこないし直接押しかけたら排除されて出て行ってくれで終わり。

    この折の相手側の弁護士が連名で連ねてやってきたがこいつらがまあ揃いもそろって皆が違法移民の朝鮮民族、こんな奴が弁護士会で動き回って法律がどうだ法律に違反しているだ人権がどうだこうだと言っているがそもそもお前らはどうやって日本の国籍を手にして持ってるんだあ?
    大阪府警の公安と話をしたが、その折に私が違法移民で弁護士やってる奴らが私を訴えてきたと、こんな違法移民の日本の国籍を騙し取ってる連中が、タカが弁護士資格程度で我々日本人に向けてイチャモンをつけてきてると、自らがそもそも違法状態で日本に潜んでいながら、その立場でこっちを訴えてくるって、こんな日本の聖域である裁判所で真実を語りますなどというこいつらの宣誓は認められてるのかねえって公安と外事課の警部に行ってみた。
    こんなことが通用しているの?日本ではッて、そう言ってやった。
    これは公安も外事課も普通に認めてるの?
    これが認められるの?
    それを話してから、その足でこいつら違法移民弁護士ら11名の(この11人の中には大阪弁護士会の副会長をやった朝鮮人弁護士がそこには名前を連ねて居てた)この連中の内で元副会長だったこいつを狙い撃ちでの弾劾裁判のことで弁護士会館で物を言ってると、上記したように
    【個人の問題であり弁護士会としましてはこういう内容の件は一切関係のない事案です、当人らだけに直接やってくださいなどと言い出した。

    君らの中で、こいつら11名が、朝鮮から渡ってきた違法移民でもしも日本の国籍を手にしてるならそいつは本当に日本国籍をどうやって手にしてるのかをこれを証明できるのか!誰が考えてもこれを見たら日本民族が持つ名前ではないだろうが」とやってると、遂にカウンターから奥へ逃げてしまい誰も出てこずにあの弁護士会館のカウンターから結果的に排除されちゃった。

    もう逃げて逃げて、この民族の国籍に入ると顔色が極端に怯えだし、目の前のカウンターにはだれも出てこなくなった。、
    違法移民はいないと純粋な日本民族だと証明できるんだな?と聞いたら誰もいなくなってしまった。

    これが弁護士の実態であり、検察だって、立憲の志桜里議員などが日本で検事をやれていたんだから、日本の法曹界というところは、法律そのものが、どこからかいつの間にか二本の道ができてるようで、道が二つに存在しだしたようである。

    日本民族の筋の道と、
    日本民族でもないけど、日本国籍を騙し取った専門の連中が通る道とに分かれているようである。

    日本では何故かいつの間にかうっかりしてるうちに日本の国籍などいつでも手にできるようで、特に朝鮮民族はその時点からさももともとが日本の生まれで先祖代々日本人でしたなどと家系図まで購入して自分がそこに入り込んでしまうこともやる。
    日本では騙して何時でもまんまと日本の民族になれる道があるようだ。

    まあ我々世代が見たら、日本人から見れば一目瞭然で、こいつは日本民族か、そうでないかはすぐに見分けがつく。
    そういう状況で日本の裁判・刑事事件が裁かれ捜査が行われているのが現状の現実。

    だから日本の裁判所がおかしいというのではなくてそこに存在している裁判官検察官弁護士、これら自体がもはや日本民族などそこにはほとんどいないんだから朝鮮民族の現状日本で騒いでる反日の連中の以降の判決がよく出てるでしょう?
    朝鮮民族が、裁判での三者、つまり裁判官・検察官・弁護士、この三者が、この立場に日本民族がもうすでに居なくて、日本人にはゆだねられていなくてその現場は朝鮮民族が日本の法廷で裁判の行事を行ってるだけ。

    だから日本人の目線で見てどう考えてもおかしな判決になるし朝鮮民族が裁判庁長官になどなってしまうと韓国と全く同じのあの身分での裁判になる。
    極端な被害裁判は朝鮮流に砂漠が社会的に忌々しく自分よりの賢そうな力をもってそうな連中には朝鮮民族裁判官は一気に民族の特異性を発揮し妬みの陥れの判決へと導いていく。

    国家公務員の職に就いたものとか国家試験での資格を持つものが朝鮮民族になってしまうと、一般の国民のことなど身分制度で見てしまい、奴隷としてみていて、普通の庶民などはゴミと同じで目にも入らず国民など朝鮮は犬や豚扱いにしか見て居ずにまさに日本で今それが起きだしている。

    皆さんもまあ一度大阪をはじめ京都東京の弁護士会を音連れてみてください。
    役員の名簿を見てみてください。
    日本民族など探しても一体どこだあ????って見つけられるのかはクイズにしたいぐらいのレベルですよ。
    当然窓口の対応も朝鮮流対応です。
    身分をまずは一見で見定め、「こいつはどのレベルか」ということをいち早く目で追ってこっちを見定めてから、物の言い方を変えてきます。

    まずは相手を見定めてからというこの訓練は奴らは生まれつき奴隷か違うのかの身分で生きてきて居るので、そこだけはしっかりと見てくる。
    もう昔の朝鮮人が書いた漫画の物見と山賊の頭のする仕草。

    朝鮮流得意の祖業のマナー。
    目線が上から下に向けてさーと見定める。

    まあ現在の裁判は日本人の手で行われていないということだけはまず間違いない。
    裁判官が7人いてたらそのうちの5人か6人がもはや日本では日本人の手には無くて朝鮮民族の手にわたってしまっていることを日本の国民は知るべきだ。

    朝鮮では
    検事に採用されれば、一般人からは【検事様】と呼ばれ、
    弁護士資格を取れば、一般国民から【弁護士様】と呼ばれる。
    しかも地域の町内の道路道路に大きな長い垂れ幕が出てそこには誰それが検事居なりました、便押しになりましたという大きな字で名前を入れて街を挙げて祝福ということになる。

    いくらなんでも車が多く通る指導の上部の垂れ幕まで付けて検事になった弁護士に誰それがなったとそんなことを町屋伊で大きく垂れ幕で報告度するかあ?

    朝鮮は、奴隷社会で、奴隷が検事になった、弁護士になったと、全体、町全体に告知している。
    自慢をして身分がこの家は高くなったから今後はそれまでの鳥とは違うぞ身分が高いんアゾと教えているのだ。
    今後は自分らの前では【様】と呼べ!、そしてひれ伏せ!と言ってるのだ。

    もう、アホか!というレベル。

    朝鮮では奴隷だが、日本ではそれが騙せて隠せるので、だから朝鮮民族は日本で一斉に弁護士や検事の資格を、この朝鮮民族だけが信じ込んでいる個々には身分があると勘違いしているので、この架空の身分に、異常な思い、気違いじみた執着、執念でその資格を狙うのだ。

    こいつらは心底は資格が欲しいのではなくて身分が欲しいのだ。
    その資格からくると信じている身分に異常な執念を持ってこれを手に掴みたいのだ。
    奴隷だったもののk梨伊佐ℊである。
    日本人にはどう転がっても意味が解らん公道だが奴らはそれが命がけなのだ。

    ★身分、身分、資格、資格、肩書、肩書、身分、身分と。

    もう裁判所は日本で行われていないも同然である。
    なっぜならそこの捌くものらに関係する三者、検察、弁護し、裁判官のこれらがすでに日本民族が姿を消し、現場が朝鮮民族で占められているからだ。

トップへ戻る