橋下氏「(歳費自主返納:議員名非公表)国会議員はいい加減にしてくれよな。こんな情報すら出さないなら、桜を見る会の招待名簿も出せるわけないだろ」12/8~12のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(12/8)
「給食まずい」「残して腹が減る」中学生から市長に手紙…メニュー改善に取り組む : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

大阪市は吉村前市長・現知事が美味しい給食に変えてくれた。府内の各市町村長、ありがとうございます。他の市町村長も美味しい給食に変えていって下さい。

(12/9)

(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1203549845501423619)

またもや、戦略的謙虚さ(笑)僕のときの弁当スタイルを莫大な予算を確保し、それはできませんと言い張る教育委員会を説き伏せて学校調理スタイルにもっていったのは吉村市長。俺の住んでる豊中市は全くやる気なし。他方、豊中市長と市職員の給料は増額。こちらはせっせと納税。まったく・・・

(12/11)
橋下氏「日本は徴用工問題で喧嘩しないのか」…日韓GSOMIA・輸出管理問題をめぐる政府の対応に苦言 | AbemaTIMES

上念さんは「徴用工」という言葉にこだわっていたが、僕はそこは本質的な問題ではないという認識。なぜなら労働者が自由意思で企業に応募していたとしても、判決は当該企業の労働環境の劣悪性を賠償の主な理由にしているから。徴用か応募か、強制か自由かは本判決と戦う論点にはならない。



(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1204678877676654593)

国会議員はいい加減にしてくれよな。こんな情報すら出さないなら、桜を見る会の招待名簿も出せるわけないだろ。国会議員の誰がいくら返納したかくらい、きちんと公表しろ。国民の納税する気力を失わせることは国家の崩壊につながる。

(12/12)

(出典:https://twitter.com/adachiyasushi/status/1204845062137380864)

よろしくお願いします。参議院は定数を6増やす代わりに報酬の「自主返納」を決めた。自主がそもそもおかしいが、誰がいくら返納したかは公表すべき。その公表ができない政党が桜を見る会の招待名簿を公表しろとはちゃんちゃらおかしい。もちろん政府の記録廃棄もおかしい。

日本国民は香港市民のようにならないと、国会議員は国民を舐めてるんじゃないか?

参議院の報酬自主返納について自民・公明・維新は全員返納したと明言。他の野党も返納したのか明らかにせよ。個人情報の観点から公表しないという。それなら桜を見る会の招待名簿も個人情報を理由に公表を拒まれても仕方がない。国民は、名簿よりもどの参議院議員が返納していないかを知りたいんだよ!

カルロス・ゴーン被告が隠密裏に決行したレバノンへの逃亡、そして日本の刑事司法制度への痛烈批判。日本政府も反論に出たが、それは公正の思考に拠っていないと橋下徹氏は指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(1月14日配信)から抜粋記事をお届けします。

【橋下徹・2020年1発目】
2020.2.6発売!予約受付中!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る