12/1 橋下氏ツイッター part.3「金沢での夜。少し酔っぱらっていますが、最後に毎日新聞の社説に文句を言って寝ます・・・」

(引用)
外国人参政権は反対です。特別永住外国人に限って、かつ地域のコミュニティールールの形成に参加することは検討すべきと思っています。これは参政権とは異なります RT @Handsignal528: 最近はあまり争点になっていませんが、橋下さんは外国人参政権に賛成でしたよね

金沢での夜。少し酔っぱらっていますが、最後に毎日新聞の社説に文句を言って寝ます。毎日の社説(記事リンク)はどうしようもない。選挙と言うものを全く理解していない。選挙前に、連立や連携の政権の枠組みを示せ!だって。机上の論の極みだね。あのね、今は選挙、戦。小選挙区では、必死になって争っている。

小選挙区で必死に争っているところで、連立や連携なんて言えるわけねえだろ。選挙の前に連立・連携が言えるのは、選挙区調整がばっちりできている場合。それ以外は、選挙後に組み合わせを考えるしかない。しかも、その方が民意を尊重しているとして合理的。

小選挙区でバチバチに争っているのに、相手と連立・連携を考えていますと言ったら現場は大混乱。そんなことも毎日新聞の社説は分からないらしい。いかに現場を取材していないか、と言うよりも常識を知らないかということ。机上の論であーだこーだ考えているんだろう。連立・連携など選挙前に言えるか!

僕は原発政策も社会保障も方向性を示している。この方向性で具体的工程表の作成を官僚組織に指示できる。にもかかわらず、朝日や毎日は今、具体的工程表を示せと言う。政策の実現プロセスを全く分かってない。具体的工程表を作るにはどれだけのマンパワーが必要か。政治家では無理。(続く…)

(続き)
だから朝日新聞や毎日新聞よ、原発0の工程表と、社会保障の制度設計を示しなさい。それを僕が実現してやる。具体的工程表を作成するのがどういうことなのか、まずは経験せよ。そうすれば、具体的工程表を示せ!なんて簡単に言うことにはならないだろう。具体的工程表は、官僚組織が作るもの。

有権者に厳しいことばかり言っているのですが、皆さん支持してくれます。感謝。今の政治、有権者に耳あたりの良いことは言えません RT @oneosaka: 維新・橋下代表代行 県内で初の街頭演説 | チューリップテレビニュース – http://t.co/VSm1pWnr

RT @ikedanob: このまま全部廃炉にしろということ。電力会社は全部倒産するよ。自分で何をいってるか、わかってるのか。 RT @YOL_politics: 再稼働容認発言「誤解与えた」と修正…嘉田代表 http://t.co/mjtUgwrE

具体的工程表ないまま10年で原発完全廃炉とは言えないはずです。嘉田さんも国政の厳しさを痛感しているはずです RT @ikedanob: 電力会社は全部倒産するよ。自分で何をいってるか、わかってるのか。 RT @YOL_politics: 再稼働容認発言「誤解与えた」と修正

RT @YoshikaIto: 本日は寒い中たくさんの方にお集まり頂きありがとうございました! 引き続き京都3区、山内成介事務所のボランティアスタッフ募集中です。 http://t.co/Qz5Cx9d1

RT @iketaku_0410: 衆議院大阪第10区 立候補予定者討論会に参加中。どの候補者がどんな実効性のある政策を訴えるのか。 http://t.co/2suIzAj7

経済政策として自民党のように公共工事拡大路線を歩むのか否かが今回の本当の争点。原発は自民以外は脱原発依存で方向は同じ。あとは具体的工程表を作成してからの議論 RT @oneosaka: 維新・橋下代表代行 県内で初の街頭演説 http://t.co/VSm1pWnr
(橋下氏 twilogより)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る