「(引退後の橋下氏は)新党の精神的支柱だ」松井知事インタビュー(日経)

記事をシェアして頂けると嬉しいです

分権へ官邸と連携 松井大阪知事 民主とは組めない(日経)

(引用)
 ――地域政党を今あえて国政政党にする必要性はあるのか。

 「地方の課題を解決するとき、中央で一定のパワーを持たないとできない。国政政党としてのポジションをつくるのは当然の話だ」

 「維新の党と価値観が非常にずれてしまった。単なる反対のための野党ではない。政策で集団を形成するのが価値観だったはずなのに全てでずれた。維新の基本理念に沿った国会議員の集団を改めて作っていく」

 ――松野氏は政策の違いはないと言っている。

 「違っているのを全く感じられていないのが問題だ」

 ――松野氏が旗振り役の野党再編に参加する可能性はないのか。

 「民主党のみなさんと一緒になる気持ちはまったくない。野合、談合、選挙互助会にならなければいいなと思っている」

 ――菅義偉官房長官ら官邸側との意思疎通は新党でも続けるのか。

 「もちろんだ。国で規制緩和を考え、地方が既得権益を突破してでもやっていくことを期待されている。日本経済を成長させるために中央政府と地方政府として連携してやりたい」

 ――他の首長よりも明らかに接触が多い。

 「安倍政権とは価値観が合う。本気で日本を変えないといけないと思っているところが同じだ」

 ――「大阪都構想」の再挑戦で協力を狙うのか。

 「都構想はエンジンを大阪に作っていく話だ。政府として必要な統治機構改革に位置づけられると思う」

 ――安倍政権が協力を一番期待しているのは憲法改正だ。

 「新党で掲げる道州制は憲法改正しないとできない。憲法改正を進めるのは協力できる」

 ――いずれ連立政権を組んだり閣外協力したりするのではないか。

 「一切考えていない。政府に対して是々非々の対応、政党としての立ち位置をつくる」

 ――引退表明した橋下徹氏はいずれ国政に出るのではないか。

 「政治に興味関心がなくなったわけではない。何かのポジションに就くことは当面はないが、新党の精神的支柱だ」
(引用終わり)

関連
松井知事 VS 柳本市議 緊急生出演 2015.9.30
維新の党 「離婚」協議開始も双方譲らず。松野執行部、「維新」の名前離さず

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る