維新候補、全国で擁立へ 橋下氏が明言 次期衆院選

小沢一郎氏の離党で、あやふやだった衆院選も9月辺りが濃厚だと言われ始めました。
菅総理から野田総理になって、輪を掛けてメチャクチャなった民主党政権に、ようやく国民が審判を下す機会が訪れそうです。

今にして思えば、3年前の衆院選、自民党に入れてもダメ。民主党に入れてもダメ。
結果的にどっちもダメで、初めから国民には選択肢は無かった訳です・・・

多くの国民が、本当に投票したい政党・候補者を待ち望んでると思います。

第三局だの維新旋風だの言われてますが、「維新がこれからの政治の本流」です!

引用

維新候補、全国で擁立へ 橋下氏が明言 次期衆院選

 大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は28日、大阪市内での講演で「次(の衆院選)は日本を変えるラストチャンス」「大阪の動きを日本全体にとの声があれば、維新はしっかり応えていく」と述べ、次期衆院選では維新の候補を全国に擁立する意向を表明した。野田政権の消費増税法案に反対し、「消費税の地方税化」を公約にする考えも示した。

 橋下氏は講演で「大阪にとどまらず、日本の形を変え、ひずみを直していく」「全国津々浦々の選挙区で組織的応援をもらえるつながりはないが、多くの声をいただけたら必ず日本を新しい方向性に導ける」などと語り、次期衆院選では維新の会の候補者を全国で立てる考えを明言した。

 橋下氏はまた、「日本の古い政治を一掃し、新しい政治を作らないといけない」と主張。前回の衆院選で民主党がマニフェストに入れなかった消費増税をめざす野田政権を批判。消費税を地方税とし、代わりに地方交付税を廃止する構想を示し、「大阪維新の会は(衆院選の)最大の争点に掲げ、みなさんに判断していただく」と述べた。

 橋下氏はこれまで、公約だった大阪都構想の関連法案が成立するなら「(国政進出は)基本的に必要ない」と述べるなど、維新の会の国政進出に慎重な姿勢を示していた。都構想法案は28日の与野党協議で大筋合意し、今国会での成立に向け一歩前進したが、橋下氏は、消費増税法案の衆院採決で民主党が分裂含みになるなど政局の流動化をにらみ、「主戦論」に転じたとみられる。(朝日新聞デジタル 6/28)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る