松井知事:都構想の法定協設置、2月提案を目指す 大阪維新:都構想PT勉強会スタート

都構想の法定協設置、2月提案へ…大阪府知事(ヨミウリオンライン)

(引用)
 大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)は20日、大阪都構想の新たな制度案を検討する「法定協議会」について、来年2月の定例議会に設置議案を提案する意向を示した。府庁で報道陣の取材に答えた。
 法定協の設置には、府議会と大阪市議会でそれぞれ議案を可決させる必要があるが、大阪維新はいずれも過半数に届いていない。松井知事は法定協の設置議案の提出時期について、「議会の同意がいるため、公明党の理解をいただく中で決めたいが、来年の2月を目標にしたい」と述べた。(引用おわり)


朝日によると、松井知事は18年秋までに、「特別区」か「総合区」どちらを導入するかを問う住民投票を実施する考えです。

「法定協」では、都構想(特別区)を検討、
同時に「副首都推進局」では、総合区を検討していく事になるんでしょうね。

公明党が賛成しないと議案は通りませんが、まさか裏切りませんよね・・・

そして、大阪維新の会は・・・
新しい特別区の案を作るべく動き出しました。

(動画:youtube 大阪維新の会)

※画像をクリック(スマホは2回)すると再生が始まります。動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…

2016年9月20日(火) 第1回都構想PT勉強会終了後の囲み取材

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る