松井知事:都構想の法定協設置、2月提案を目指す 大阪維新:都構想PT勉強会スタート

都構想の法定協設置、2月提案へ…大阪府知事(ヨミウリオンライン)

(引用)
 大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)は20日、大阪都構想の新たな制度案を検討する「法定協議会」について、来年2月の定例議会に設置議案を提案する意向を示した。府庁で報道陣の取材に答えた。
 法定協の設置には、府議会と大阪市議会でそれぞれ議案を可決させる必要があるが、大阪維新はいずれも過半数に届いていない。松井知事は法定協の設置議案の提出時期について、「議会の同意がいるため、公明党の理解をいただく中で決めたいが、来年の2月を目標にしたい」と述べた。(引用おわり)


朝日によると、松井知事は18年秋までに、「特別区」か「総合区」どちらを導入するかを問う住民投票を実施する考えです。

「法定協」では、都構想(特別区)を検討、
同時に「副首都推進局」では、総合区を検討していく事になるんでしょうね。

公明党が賛成しないと議案は通りませんが、まさか裏切りませんよね・・・

そして、大阪維新の会は・・・
新しい特別区の案を作るべく動き出しました。

(動画:youtube 大阪維新の会)

※画像をクリック(スマホは2回)すると再生が始まります。動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…

2016年9月20日(火) 第1回都構想PT勉強会終了後の囲み取材

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る