[維新]足立康史「民進はTPP審議をジャマしてきた」丸山穂高「ギャンブル依存症の91%はパチンコが原因」 (衆議院 予算委員会)2017.1.27

記事をシェアして頂けると嬉しいです

昨晩のNHKニュースでもその模様が紹介された質疑です

首相 国会の憲法審査会での具体的な議論進展に期待 | NHKニュース
日本維新の会の足立康史国会議員団政務調査会副会長は、憲法改正をめぐり、「憲法改正で合意するのは大変難度の高い仕事だが、ことしは教育無償化をはじめとする具体的なテーマに関し、国会の憲法審査会で前に一歩進めていくべきだ」とただしました。

これに対し、安倍総理大臣は「国会で議論を進めずに、国民が賛成か反対か選択する権利行使に対して、ふたを閉めていいのか。大いなる問題意識としてある」と述べました。

足立康史・日本維新の会 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月27日

冒頭からTPPの話です。


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

「松田誠氏」
TPPに関わったその様な方がいらっしゃったとは・・・
さらに、足立議員の同級生だったとは・・・

丸山穂高・日本維新の会 【国会中継 衆議院 予算委員会】平成29年1月27日

地方議員年金の質疑も必見です!

※残念ながら動画は削除されました・・・

必見「警察官僚の前で厚労省が”パチンコはギャンブル”と認める」[日本維新]浅田均(参議院・内閣委員会・IR法案)2016.12.8

P.S.
パチンコの「入場規制」は難しい・・・
と言われている。

そんな事はない!

すでに、パチンコは入場規制をやっている!!

えっ、そうなの??

そうなんです!

パチンコ店には、数多くの監視モニターが設置されていて、客の様子を監視している。
顔や手、指先までハッキリ分かる高性能のものだ。

不正行為を監視して、行為をしたものは無論だが、怪しい動きをした者には警告し、それでも改まらない場合には出入り禁止にしている。

また「パチプロ」と言われる人達もチェックしていて、違法行為がなくても店が想定している以上に勝ってしまいそうな場合なども、注意や遊技停止、はたまた出入り禁止にしたりしているのです。

ちなみに、あまりに多く負けている客は・・・
お分かりですよね(^_^;)

まあ、上記のような形では、依存症対策は出来ないかもしれませんが、
ほとんどのパチンコ店では、会員カード(IC)を導入していますので、それを利用すれば入場規制に近い事は可能じゃないかと思います。

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. kou より:

    パチンコ、スロットについて。維新支持者にはパチンコ、スロットを完全否定の方も多いと思いますが、あえて書きます。
    私も、プロとまでは言いませんが、若い頃に収入少ないときは、スロットで相当収入上乗せしてました。年間3桁勝ってたこともありますし、うちの弟も学生の頃、毎月数十万勝ってたそうです。でも、出禁になったみたいなことはないです。情報収集と分析力、そして冷静な判断を保てれば長期的に見れば必ず勝てます。技術はほとんど不要です。まあ、それを徹底することを話すと、そこまでしたくないわ〜、って人がほとんどですけどね。
    最近は本業で稼げるようになり、かつ、規制強化により出玉減で時間効率悪いのであまりやらなくなりましたが、当時はハタから見れば依存症に見えたかもしれませんね。ただ、割に合わないと状況が変わってからはスパッとやめたので依存症ではないと思います。多分、実際の推計にはこういう人数も数に入っているのではないかと思います。

  2. 京都の住人 より:

    パチンコ、スロットの遊戯機に手心を加えながら商売をする事自体ギャンブルとは言えませんね(笑)各機種の導入時以降は、パチンコなら釘の調整、スロットなら当選確率設定変更を否定しているにも拘わらず、連日の収支により機械に手を加えているのが実状です。殆んどの遊戯者は、低確率の当選を目指して一心不乱に玉やコインを借り(笑)続けるわけです。独自のたち廻り方しだいで上手く収入の足しになるのは事実ですが、遊戯機に手心を加えている現状を認めようとせず取り締まりに動こうとしない(株)警察庁翼下の似非遊戯場には行く気もしません(笑)

トップへ戻る