維新:足立康史議員処分!「大阪の自民は共産以下」発言で・・・(動画有)

昨日(2/5)国会:衆院予算委員会での足立議員の発言

テレビ入りで張っ切っていたとは思いますが、色々派手にやってましたからね・・・

色々言われる前の処分でしょうか?
致し方ないかな?とも思います・・・

でも、この文言が対象ですかぁ??(笑)

維新 「大阪の自民は共産以下」発言で足立康史議員を処分 | NHKニュース

 日本維新の会は、5日の衆議院予算委員会で足立康史衆議院議員が「大阪の自民党というのは、やっていることは共産党以下だ」などと発言したことを受けて、足立氏の党の役職をとくなどの処分を役員会で決めました。

 日本維新の会の足立康史衆議院議員は、5日の衆議院予算委員会で、「大阪の自民党というのは、やっていることは共産党以下だ」などと発言し、野党側は、委員会の品位を落としかねない発言だなどとして、懲罰動議の提出も検討しています。

これを受けて日本維新の会は、6日の役員会で足立氏の発言への対応を協議した結果、党として認めることはできないとして、足立氏の国会議員団幹事長代理などの党の役職をとくほか、当面、委員会などでの質問を禁止する処分を決めました

 役員会のあと、馬場幹事長は、記者会見で「ひぼう中傷に近いような発言が多々あった。過去にもそういった発言があり、本人も謝罪文を書いているが、繰り返された。党としては容認できないレベルに達したということだ」と述べました。

<<下に続く>>


昨日の足立議員の質問

「まくら」は、いつもの調子であちこちに突っ掛かって笑いを取っていましたが(^_^;)
本題?の後半、憲法改正や安保法制、教育無償化、議員年金(大阪自民の話はここ)の話は、中々いい質問だったと思うのでもったいない
(NHKも7時のニュースで取り上げてたし)

未見の方は是非!

ツイッターに「朝日新聞、死ね」と書き込むなど物議をかもす言動が相次ぐ日本維新の会の足立康史衆院議員(比例近畿)が、2018年2月5日の衆院予算委員会で野党批判を連発し、河村建夫委員長(自民)から「他党を誹謗中傷しかねない発言」だとして注意を受けた。


足立劇場が、しばらく観られなくなるのは、さびしいですね・・・

コメント

  1. 名無し より:

    最近の足立さんは、自民の青山氏にもキッチリ物申すようになり
    いよ!待ってました!と拍手してた所だったのですが…勿体ないですね
    本当の事を言うとこうなる場所ってのもおかしな話ですわ、本当に

  2. 椿 より:

    日本維新の会、最低!!!
    ハッキリ言って、足立議員のお陰で、
    今、日本維新の会は「維新やるじゃん!」と、保守にも注目されているのに、

    それなのに、野党の屁理屈抗議に屈して、
    マトモな事を言う議員を処罰したりすれば、
    本当に近い将来、維新自体、空中分解して消滅するか、
    フェードアウトするんじゃないでしょうか?

    チョット最近、維新オカシイよね?

  3. 京都の住人 より:

    仲買人のおっさんの番組に出て好き放題言ってるのと違うんやからねぇ~(笑)党としては今、暫くおとなしくしときなさいっていわんと落とし所間違うからね。賢明な処置です。小選挙区連敗で焦りがあるのかなぁ~

  4. 大阪みなみ より:

    胸のすく素晴らしい質疑だと感心してたところだったのでショックでした。
    国民のためタブーを恐れず斬り込んでいく方向性、奪わないでほしいです。

    先程、吉村市長のツイートに少し救われましたが

    「国会議員は、僕ら首長や地方議員には直接認められていない免責特権が憲法上認められ、院内で行う言論の自由が最高レベルで保障されている。
    民事、刑事の法的責任を受けない異常な特別扱い。党の処分に異論はないが、政治的言論の自由が萎縮されることはあってはならない。」

  5. 琴姫七変化 より:

    本当の事ですからね。
    大阪の自民は反維新の為なら共産党と手を組み共産党の街宣車の上にも上がる。
    大阪の自民は糞です。
    ちなみに私は選挙権を持って以来自民党にしか投票したことがありません。
    しかし維新と足立氏はいつも心の中で応援しています。(票に繋がらずスミマセン)

    そしてやっぱり大阪の自民は糞です。

    • トリカブト より:

      >ちなみに私は選挙権を持って以来自民党にしか投票したことがありません。
      >しかし維新と足立氏はいつも心の中で応援しています。(票に繋がらずスミマセン)

      足立議員を応援しながら「維新よ、よくぞ言った!」と主張するタイプの人って
      結局、本命は自民党なんですよね。つまり、維新は自民党にとっての使い勝手の良いパシリ。だから維新が批判を浴びようが、窮地に立たされようが自民党が無傷なら痛くも痒くもない。悪いけど、こんな無責任な人は維新に投票することはこれからも未来永劫無いでしょうから、足立議員には維新の改革とは別の方向を見た支持者の声援だと割り切ってほしいです。そして、有権者から足立議員の単なるパフォーマンスだと軽視されぬようより一層の努力をお願いしたい。

  6. 琴姫七変化 より:

    トリカブトさんへ
    失礼で気分の悪いコメントです。
    私の上記のコメントだけでそこまで断定して決めつけるとは。
    選挙区が全く違うから(私は広島県です)投票出来ないだけです。
    もし大阪に住んでいたなら糞自民には投票する気はなく維新に投票します。

    • トリカブト より:

      そうでしたか。
      気分を害されたなら謝罪します。
      事情を知りもせず失礼しました。
      許して下さい。

  7. 琴姫七変化 より:

    このブログは2chではありません。
    他人のコメントに対して勝手な憶測と偏狭な決めつけと人を侮辱した横レスをするのではなく、記事に対して自分のコメントをすればよいのです。

    >悪いけど、こんな無責任な人は維新に投票することはこれからも未来永劫無いでしょうから、・・・・

    自民党支持者が他党の議員を応援したら無責任なのでしょうか。
    あなたのこの言葉は許せません。

  8. トリカブト より:

    改めて謝罪します。
    足立議員の取り巻きツイッター民等を見ていると私が言ったような輩が多かったので琴姫七変化さんの書き込みを見てつい反射的に失礼なことを書いてしまいました。これは本意ではありません。

    謝罪と同時に誠に勝手なんですが琴姫七変化さんの政治的思想にどうこう言うつもりはありませんが、今後はチャンスがあればで構わないので維新の改革にも御自身なりにお力を貸して頂けないでしょうか?広島県ではまだまだ維新は認知されておりませんがどうかよろしくお願いします。

    去年は衆院選で灰岡さんや今枝さんが広島で立候補していましたが、小選挙区が違っていてたとしても比例があると思います。

  9. 京都の住人 より:

    琴姫七変化さん!まぁ~そうお冠にならないでください。広島在住で大阪の選挙には関われない旨を一言加えてさえいただいていれば、維新支持者のトリカブトさんもそうそう際どい物言いはされなかったことでしょう。橋下氏を冠にあげたこのブログの管理人さんの承認は公平性を持った、コンプライアンスも限りなく意識された高次元のものです。読み間違いさえしなければ誹謗中傷は無しにして、意見を闘わせる場であっても良いかなぁとは思います。如何せん皆さん紳士淑女で思い遣りをお持ちですから、そういったことはほぼないに等しいのですが(笑)

    • 先優市民 より:

      京都の住人さんへ

      コメントありがとうございます
      先憂市民@管理人です

      そんなハードルを高く上げないで下さい(^_^;)

      いつも悩み悩みで、結局エイヤで判断している事も多々です・・・
      何で、あれが承認されて、これが承認されないんだと、ご不満の方もいるかと思います

      至らない点もあると思いますので、その際はご指摘頂けたらと存じます

      • トリカブト より:

        管理人さん、そもそも私が引いた引き金なので
        謹んでお詫びします。

        かなりヒヤヒヤするような書き込みも承認してくださってるご苦労
        お察しします。

        ありがとうございました。京都の住人さんもありがとうございます。

  10. 椿 より:

    この足立氏がいるからこそ、他県の人々にも「大阪の自民党の悪どさ」が伝わり、
    大阪の行政の異常性も知ってもらえるというのに、
    ハッキリ言って、今回のような不公正な処分をすれば、
    維新の会の存続や選挙に、大きく跳ね返ってきますよ。

  11. 椿 より:

    ↓「足立議員の処分に対する意見」が他ブログで見かけたので、数点添付します。
    かなり辛辣なご意見もありますので、維新の会も参考にして下さい。

    ①>維新の馬場幹事長には、失望しました。
    >足立議員こそ、闇に包まれた辻元疑惑を明らかにしてくれる存在だと、
    >期待しています。どう考えても、彼が役職を解かれる意味が分かりません。
    >マスコミと組んで、疑惑を隠そうとする辻元の暗部を暴くことができるのは、
    >足立議員しかいません。

    ②>足立議員を処分するようなら維新も終わりです。
    >もっとも最初から信用していませんが。

    ③>維新もあきませんね
    >足立さん好きですよ

    ④>足立議員の国会での発言に立憲民主党は『不適切な発言』、
    >『議会の品格に関わる!』として懲罰動議を提出するとは、
    >言語道断で此れは言論封殺ですね!。
    >不適切な発言や国会の品格を落とす発言を絶え間なく発して
    >国会を空転させているのは、・・・立憲民主党や民進党、共産党などの蛆虫野党で、
    >此れらは不問では日本の国会運営は歪みきっています。

    >維新の党もだらしがない、余程の圧力が掛かったのでしょう。
    >維新、足立康史氏の党役職を解職し国会で発言させないとは、此れは重大問題です。>やることが共産主義と変わりはありません。
    >維新の会は事の重大さを認識しては居ないようです。
    >所詮は同和に振り回される案山子の党なのかも知れません。

    >何で維新の会は肝心なとこで日和っとんねん(呆) っちゅう話ですわな

    ⑤>足立氏は維新から出た方が良いのではないでしょうか。

  12. 川邊 幸夫 より:

    足立さん。頑張って、応援しています

  13. 川邊 幸夫 より:

    正義の男 悪お懲らしめ成敗する 足立さん

  14. 仲井 より:

    まあ維新が、こういう、政治は一体だれのためにあるのかを、ここを真正面から言葉に出してぶつけだすと、共産や立憲民主のように、日ごろから、やれ弱い立場の日本国民のためにだとか、市民のためにだとか、自分らこそが国民のための政党だとか言っていても、実際こういう形の既得権でドバドバに税金、行政から流れ出す公金をだまし取っている違法移民の朝鮮民族になってくると、都合が悪くなってきてこいつは今のこの入口のところで黙らせておかないとというこのいつもの手口を使いだす。

    テレビ局も新聞社もこれらを徹底してつぶしに来る。
    ひとたび朝鮮民族の利権にそれを止めさせようと動き出すといつものようにこういう形でつぶされていく。

    なぜつぶされた状況になるまでに思いの限りを伝え続け違法移民がだまし取っている日本国民の税金を取り戻すところまで突き進めないのかと私などは思う。

    塊になってやってくるこの国民の公金を薄汚くだまし取っていく連中を生き延びさせるのか、これをやめさせようとしたら、必ずいつも同じ顔をした違法移民の連中がやってくる。
    この連中らを今こそ日本維新の会は毅然とたたき出す本気度を見せるべきである。

    本当の意味での税金をここまでだまし取ってきた連中排除の方針に、これに薄汚い手段を講じて徹底してやってくる、公金を国民の手に取り戻すことに邪魔をし、いくら告げてもやめずに逆らうのであれば、そして政府、政権及び国会がなにもしないとか、全国の議員らも何もこれに手を付けてこないのであれば最後は手段はもう一つしか残されていない。
    政治家が聞こうとしないなら、もう最終手段しか国民には残されていない。
    これを一時も早く国民全員に向けて実施するべきで義務付けるべきである。

    奴らをこの日本国家の日本のためにやれていない国会議員公務員、全国のあらゆる場所での教師と称している連中ら、日本国民ができる最大の行動は、
    一番早い手段はもうここまで来たら真っ先に国民すべてに対して日本国民だといっている連中すべてにおいて遺伝子検査を行えばよい。
    こんな違法移民の朝鮮民族をたたき出すべきである。

    不法に、不当に公金をだまし取ってきた連中をたたき出そうとやるといつも、やっぱりこういう形で本性が出てくる。しかもいつも同じ連中が顔を出してきて裏で手をまわしてマスコミメディアでそれをあおりつぶしに来る。、
    もう国民とすればうんざりである。
    こんな違法移民らの都合いい日本国家にされてたまるか!って。

    実際に口に出して、それを国会で吠えてみせると、本気でやりだすと、現状の違法移民の朝鮮民族が暴れだす。
    こんな違法移民の好き勝手に日本を変えて行っていいのか!って。
    そのうち朝鮮国家と呼ばれるぜよ!

    これを放置でいいのか!って。
    これらは、日本の与党のドロボー集団、野党のドロボー集団、
    これらが同じくして都合が悪くなるということの典型ですな。

    もう一つ、
    どこの国から、いつの間に日本に不法に入ってきたのかわからん連中らの、いわゆるテレビが喜んで大々的に取り上げるいかがわしき弁護士の代表をくっつけての、あの、あのおどろおどろしき風体の市民連動とかいうドロボー集団、こいつら全員のDNA検査を今すぐにでもやってほしいねえ。
    民族区別という遺伝子検査であり、これは何も人権侵害になる対象でも何でもない。
    どこの民族かをはっきりさせるだけのものであるからだ。
    個人云々の話ではない。
    戸籍、国籍をだましているものが存在するのかしていないのかの、国家としてのごくどこの国でも当たり前にやる確認作業であり、これについては普通に当たり前であり、何の問題も影響もないはず。

    自分は日本民族だと思っていたら実はユダヤ民族の血が入っていたのかとか、それがわかってこれが個人情報の何に関係するのか私は非常に疑問でおかしすぎると思っている。
    それよりも、大きいのは国籍をだまし取って日本民族だと日本人だと成りすましてることのほうがもっと国として大問題である。
    法的にはこっちのほうがもっと違法になる内容。

    足立さん!

    沖縄のこの間の首長選挙の結果を見たでしょう?
    高齢っは現役の市長を応援し若者世代40代ぐらいまでの若者の60%が現市長を引きずり下ろした。
    つまり時代は変わって今やネットの情報のほうが本当の情報が流れていることを、若者世代が、これからの世代はようやく気付きだし、日本の薄汚れたテレビ新聞の媒体がいかに既得権のどっぷりとつかってるかがもうよく認識されだし、ウソやでっち上げでの国民をだます朝鮮流報道がわかりだしてきてもいるわけで、まあこの間の沖縄の選挙結果のその投じられた票の中身が、その表れです。

    足立さん!
    維新の本部にしても、教育無償化、IR法案、憲法裁判所、統治機構改革案等の、これを維新とすればいち早く議決にもっていきたいとの思いがあり、やりたい憲法改正への道順をこれを違う案件で、これを出してきて朝鮮民族が必要もない議論を吹っ掛けることでまた国会で延々と引き延ばしにもっていこうとされるこれを危惧したのでしょう。

    維新とすれば議員数も少なく、でも絶対に遅らせたくないということもあって、結果こうしたのでしょう。
    足立さんの性格上これでへこたれることなど全くないだけの気概を持っておられると私は思っていますのでそんなに気にもかけていません。
    こういうことを捻じ曲げて朝鮮民族の政党がこれをネタに肝心な国会議決を先延ばしで来る、また卑怯な必要もない時間をこんなことで使われ手間で使われることを、これを本部はおさめたかったのでは?

    止めろという注意ではなくて、今回は、この件はもうちょっと別の機会の、その時にやれといったのでは?

    大阪はとにかくIR法案を早く国会で決めてもらわないと困る。
    ここを足元をつかんでこんな内容をネタで出して結果この法案が遅れることを心配して今回の形をしたのでは?

    足立さんはこんなことで腐るような御仁ではない。
    橋下さんにあれだけ怒鳴られてもあれだけの対応ができる人物。
    腹は座っている。
    将来大阪を変えてもらいしかも国の形にも口を出してそれが実現することに力を発揮していただけるものと私は大いに期待もし、なんといっても、普通の人間が見て、足立さんはとにかく人柄がいい。

    反日の腐りはてた議員らと比べたら、足立さんは、本に月と鼈。
    それどころか、奴らは、もう日本という国の財産に腐った寄生虫のようにへばりついている吸血鬼のような毒蛇状態。

  15. 仲井 より:

    テレビを見ていると例のまた大きなプラカードを掲げおどろおどろしい風体でのデモと称して集団で活動している例の今のあの働き方改革での残業をどうするのかのこの法案に反対している連中の暴れてる姿や、
    あるいはあんな、霞が関財務省から天下っていったとされるあの元財務相上がりの現在の国税庁長官に対して、
    【税など払えるか!出てきて説明しろ!】などと、また例の、表向きいかにも日本の市民団体と称する連中が、その実態は実は違法移民の連中、こいつらが表通りで暴れているが、私はああいうのを見ていつも思うが、
    ★【本気でちょっと聞きたいが、お前さんらは日本で昨年一体いくら所得税を払ったのか!お前ら本当に日本で税金を払ってるのかあ?払ったことなどあるのかあ?まさか払いもしたこともない状態でこうやって図に乗って大勢集まって文句を言って、「払えるか!」などと叫んでるのではないよなあ!】って、聞きたいぐらい。

    聞いてると行政に対して、安倍さんに対して、いかにも偉そうに言ってるが、
    じゃあ聞くが、
    【ほんとにお前ら人並みの所得税を毎年きちんと支払ってるのかあ?】
    【払ってああやって文句を言ってあんなところで騒いでやってるのかあ?】って、
    今度奴らと遭遇したら一度現場で聞いてみたいもんだが。

    ★去年の確定申告で、お前さんは税金を一体いくら払ったんだあ?所得税を、】って。

    これだけ一般人も巻き込んでの騒ぎ立てて政治行政をストップさせてきて、行政の邪魔をしてる、そらこういう活動をやるなとまではいわないが、もっと普通にやる方法はあるだろうが!って。

    やるのもいいが、だがよくよく考えてみれば、
    【お前らどう見てもまともに税金を払ってるようには見えないがそこはどうよ?】ってぜひ聞きたいねえ。

    あのやってる連中らを見ていて、普通にまともに税金を払ってるようには到底思えない連中の集まりにしか見えないんだが。
    いつも街角でいかにも怪しそうなでっち上げ嘘のチラシを配ってるあのいつもの連中にしか見えないが。
    あいつら税金って本当に払ってるのお?

    そのうえ、お前ら本当に日本民族なのかあ?って聞きたいぐらい。

    大きな声で税金など払えるか!などと叫びながらやってる連中がいてるが、そもそもその前にお前らに聞きたいことがある。
    どうやって日本の国籍を手にできたんだあ?って、
    ああいうところでデモなりおどろおどろしい文字模様のいつものプラカードを掲げて騒ぎ立てている連中に、聞きたいねえ。

    ここは日本だぜ!って。
    お前らもともと文句を言っていく国を間違えてないかあ?って。
    もう一度書くが、
    【ここは日本国家である、間違えてないかあ?ここが朝鮮ではないことを自覚しろ!】ってね。

    まさかここまで、
    ほとんど税金など、日本で所得税など払ったこともないのにああやって文句を言ってるんではないよな!

  16. 仲井 より:

    こんなことを今なんで書くの?って思われるかもだが、今取り上げられているいわゆる働き方改革法案の中で残業に関する内容。
    これが今国会でもめている。

    この部分で実は思い出すことがあるし、日本国民の皆さんにこういうことが当時は普通に国民の間では常識だったということを書いてみる。
    もうこの当時のことなど今の国会の討論を見ているとこの時代がなかったかのような議論のぶつかり合いになっているのでこれをちょっと思い出せ!って。
    なぜ今この総量の残業の問題が大きくなりだしたのかの基礎になっていた時代の部分を。
    ここでいう当時というのは、私ら世代が働きだした時代。
    その時代のころから続いていたそのあたりでの昭和の30年代から40年代の後半ぐらいまでの、ここらあたりまで普通に日本で起きていた期間のころの内容。

    一番私が日本国民に思い出してほしいことの第一は、
    それは、
    ★当時の日本では、学生が就職するときに、学校の進路指導の教師と話す段階で学生も親ももうすでに進路を選ぶ先のどの企業が日本人経営の企業か、それともここは朝鮮民族企業かということは大体すぐに見分けられる状況であったし、そこでもうすでに判別がつく状態であったし、教師ともその辺は阿吽の呼吸で口で言わずとも親も教師ももうすでにそこは誰でもわかったうえで就職先を選んでいた。

    つまり学生の知識の中でさえ、ここが日本人経営者の企業ではないということぐらいは実はすでに普通の知識としてそういうことの分かる時代であった。

    そのことからして、では今はどうか!
    テレビは、新聞、あらゆるメディアも、その日本にある企業名を出して、日本の企業、これは日本企業だと、ニュースでもなんでも公で普通に、さも日本人企業だと、騙しとおして説明をしてきている。
    現状見渡してもテレビでよく出て来るコマーシャルの起業で本当の日本人企業って一体いくつあるのかはもう現状は探さないと朝鮮民族教師もそこは騙して隠して生徒や親にも一切教えないし、なかなか学生の頭では自分が入ろうとしている企業が日本人企業なのか朝鮮人企業なのかなどさっぱり見分けられないようにまんまと仕組まれて隠されて見つけられないところまで来ているのが現状である。

    日本にあるからだとか、だから日本人企業だなどと言い続け、朝鮮民族企業が日本にあるから日本人企業だなど普通はそんなこと関係ないはずなのに、そういうことは一切関係なくそれは朝鮮民族企業だろうがという部分がそこがなぜかうやむやで隠され、日本人企業のように公で報道でも出すし表での公表もいかにもそこは隠してだまして日本人企業のように見せかけている。

    明らかに、それが朝鮮民族企業であってもだ。

    良く外資系企業だという文言が出てくる。
    この間のシャープなどその典型だが、ああいうのは台湾企業が日本の企業を買収だどうのこうのと伝えるがじっさいのところじつはにほんじんきぎょうといわれておもわれているにほんにあるきぎょうでじつはちょうせんみんぞくのきぎょうってもうそこらじゅうにみわけがつけにくいじょうきょうでものすごく多く存在していることを日本国民は、特に日本人の学生さんは将来があるんだから、自分の将来ぐらいはきちんと行こうと思っている企業のオーナーがどういう名前のどういう漢字を使った名前の人物なのかぐらいまでは、ここぐらいは調査してもいいし、法務局で登記簿を事前に調べるとか、そこはきちんと自分の人生がかかってくるんだからよく見て見極めるべきである。

    ではなぜここが今回の働き方改革法案の今もめていることの本質の日本の歴史の部分をほどいて、この残業の部分になぜこれだけあいつら朝鮮民族議員らがかみつくのかを、そこにこれが関係するのかを、次に書く。

  17. 仲井 より:

    今の若い世代、まあ日本の働く労働者で30代、40代、50代ぐらいでもいいが、
    この人らに聞くが、日本の昔(昭和30年代から40年代後半までの期間)って、昔は残業代っていったいどこが支払っていて、どういう企業が実は支払っていなかったのか。
    ここを知っていますか?って聞きたい。

    日本国内での話でです。

    日本の国内で、実際に残業代なるものを支払っていなかった普通の企業は、どこの企業だったかを考えれば、ここを見れば今国会でもめていることの実態、立憲民主や共産党希望の党、社民党ら、違法移民のこの連中、朝鮮民族議員や市民団体と称するおどろおどろしき集まった連中ら、これらが声を張り上げて言ってるこの奴らの思惑の中身、思惑が普通に見えてくる。
    見えてくる。
    日本で当時残業代を払っていなかった企業は実は日本人企業であった。
    朝鮮民族企業は当時かなりな部分で実は支払っていた。まあ本の少額ではあるが職種にもよるが工場などは結構支払っていた。
    朝鮮民族経営者の場合は。

    ここをまずは踏まえたうえで答えが出てくる。
    ここが朝鮮民族たるゆえんか、日本民族にはない部分なんだが、実に巧妙に実に朝鮮民族のこのここらあたりの当時の歴史が、今になってそこを考えていて、表でそこを出さずに実にやつららしい内容につながり今国会でそこが出されずに表だけで今の現状だけを出してきて日本人を騙くらかしてきている。

    ここから先は、
    また時間をおいてから書きます。

    日本人企業が支払わないでやれていて、なぜ朝鮮民族企業はあの当時残業代を当時払わざるを得ない状況になっていたのかを、ここでもう一度日本国民は日本国家内が当時どういう状況であったかも含めて、この日本人企業が払っていなかった、でもそれでも日本人企業の従業員から苦情など出ていなくて、むしろ長時間やる価値がまだあったぐらいであったが、でも当時あの時代には、朝鮮民族企業は、残業代を払わないとやっていけなかった事情があった、その理由は何だったのかについての問題を、ここを日本国民も日本の国会議員も、みんなで考えて解いてみてください。

    そういうことが当時なぜ起きていたのかを。
    なぜ日本企業はそれでも社会で問題なくいけていたのかを。

  18. 仲井 より:

    日本人企業のほとんどの企業で、残業代を払わずとも会社で従業員からの苦情もほぼなく行けていたのに、朝鮮民族企業が日本では、残業代を払わなければならなかったのか、
    これは非常に単純明快で、当時の日本国内の商店、工場、会社、企業において、日本人がやっていると思えるこれら企業と、朝鮮民族がやっていると思える、判る商店、工場、会社、企業は、ほぼ誰でも見ただけでその姿は民族区別ができていた。

    そうなると、新卒での就職希望の学生、特に頭のいい学校、教育レベルの高い学生、日本で身元のきちんとした育ちのよさそうな学生ら、これらは日本人学生朝鮮民族学生を問わずどちらもが、彼らは朝鮮民族企業への就職を全く希望などしなくて、できることなら戸籍国籍までだましてでも日本企業へと。
    両親も含めて学生自身も朝鮮民族企業への就職など嫌だと、鼻から極力嫌がっていた。特に朝鮮人学生自体が、朝鮮人企業への就職をまず断固嫌がっていた。
    ここがあの朝鮮という国の中身がわかる実の姿である。
    自分らの祖国の企業を本来は応援だとか言い企業になればいいと思うはずがそこが日本民族と朝鮮民族の大きな違いで極力自分らの祖国自体を、民族自体を、朝鮮というあそこの人間そのものを、彼ら朝鮮民族自体が、日本人以上どころかもっとそれ以上に朝鮮民族のことを根っこから全く嫌っているし、民族ごと全く信用していないし、自分らの祖国が朝鮮半島だということさえ、それ自体を、日本に存在している朝鮮民族は、忌み嫌っているのだ。

    ましてや日本国籍に現状化けて国籍をだまし取って国籍が今日本国籍となっているものは、もう特に全く朝鮮民族のことを本音で嫌っている。どこの国のものよりも自分らの祖国自体を嫌がり嫌っているのだ。
    こんな国って、こんな民族ってまあ世界中ほぼないといっていい。
    この朝鮮という国に、日本の終戦後のあんなあの時期まで実際に存在していた身分制度のあの国の奴隷制度が、その中身が人という者同士で通うはずの信頼という内容、姿、これらを全く生まない、存在させないほどの、強烈ないかに卑劣で残虐でとんでもないものだったかをその歴史が今も続いているあの国の現状、あの国の民族の現在を見ていてもそこがよくわかるし物語っている。

    自分らの本来の祖国の民族がやっている企業で、本来であればかえって好んでそこで働きたいだとか、そう思うはずが、実は日本人が嫌がる以上に、嫌う以上に、実は朝鮮民族学生のほうがもっともっと朝鮮民族経営の企業を極力嫌がり、嫌がってできることなら日本人に国籍事化けて、日本民族に国籍事化けてでも朝鮮民族学生は日本人学生が当時嫌がって、成りてのいなかった日本国内の役所での日本の公務員へと、なんとか日本で公務員になりたいだとか、日本人として就職したい、日本人企業に就職先を望んだのだ。
    こうなってくると当然働いてくれる従業員が、特に優秀な高い教育能力を持つ学生を朝鮮民族企業は集められなくなりだした。そこそこの大きさの朝鮮民族企業は困り果てだした。
    そこで中学卒業の生徒を集中的に募集をかけだし、彼らに目の前にいいことばかりを並べて集団で都会に連れてきて朝鮮企業へと取り込んで行った。
    学歴の低いものならちょっと残業代も出してやるからという条件を付けて教師には接待をかけ、騙せると、まあ朝鮮民族らしいやり方である。
    しかも当時朝鮮民族企業であっても日本にあった朝鮮民族の経営の町工場は高度成長に向けてまっしぐらで、小さな町工場も結構仕事自体は存在し、田舎からだまして連れてきた安い給料で日本人中学生を雇っていって人員集めをやりくりしだした。
    (当時の集団就職で集められていた田舎からやってきて町工場で働かされていた中学生の給与は、昭和三十年初頭では月給2500円~3000円程度、昭和30年代後半でようやく5000円ぐらいまでになった)

    こうして朝鮮民族企業は、日本人から見てもすぐに区別ができて当時はだれでも見分けがついたので、働く希望者が少なく結果残業代を払うからというニンジンをぶら下げてでも従業員を確保していた。

    つまり日本人企業は残業代を払っていなかったのに朝鮮民族企業が比べて実際は支払っていたという実態がありその理由はこういうことであった。
    人が採用できずに仕方なくほんのわずかではあるが残業代というものを朝鮮民族企業は支払う場合が結構多かった。
    ★朝鮮民族経営の会社は、そうしないと働きたいといって人が来なくて働き手を得ることができなかったからだ。

    来る者といえば、家出してきたものだとか、まあ普通の者らは働きに来ずに結果そこらへんでぶらついていて働き口がなくてぶらぶらしていたものがしかたなく一時的のつもりでの、食つなぐつもりだけでの町工場で働いて行こうという者の集まっていたのが当時。
    ★だからここ20~30年前ぐらいのテレビの刑事ものドラマを見てたらよくわかるでしょう?
    犯人を捜して行方を捜して刑事が聞き込みをするとき、必ず小さな町工場へと、運送屋とか、パチンコ屋へだとかへ聞き込みに行って犯人が身を隠してここで働きにきていないかを探しているでしょう?
    朝鮮民族企業だから逃げている犯人であろうが雇えるからと、雇うからと、それができると刑事もそこがわかっているからそこ狙いで潜伏先としてそういう企業、会社、商店へと朝鮮民族経営のそうした聞き込みをかけるわけです。

    こういう聞き込みに、大きな企業へなど絶対に行かないでしょう?刑事は。
    常に朝鮮民族が経営していそうな会社や商店へと、ここらであれば逃げて身を潜めて働いているかもと、犯人を捜しに捜査をやってるでしょう?

    逃げているときだとか、失踪してだとか、つまり身元のきちんとしていないものまで雇わないと日本にある朝鮮民族企業は、働いてくれる従業員が当時は特に集まらない時期が、実は当時は特にそういう経緯が存在していたのだ。
    そのうち日本の朝鮮民族企業が、日本の国内で高度成長時代を経ることでこの日本の中でいつの間にか経営規模が大きくなりだしてきた。目に見えて裕福になりだしてきた。
    しかも日本政府からの中小企業への支援団体、支援行政、地域団体、振興、組織という名目、これらいかにもまともそうな大義名分のもと、この名称が作られだしてきて、これが見事に選挙という形と合体しだしてきて、日本国民の税金がそのあたりからものすごい勢いで、奴ら地域朝鮮民族団体組織(表向きは日本人の団体に見せかけた明らかに日本の国籍をだまし取った朝鮮民族団体組織であり、しかも戦後の時期にその都心の中心地を日本人地主から強奪したドロボー愚連隊の一連の朝鮮民族奴隷連中が作り上げた組織団体)へと普通に流れ出した。

    この恩恵に一番預かりだしたのが日本の商店街を含む地域振興会等のこういう朝鮮民族が地域の役員を日本民族に化けて役職をやりだし、優遇と行政を政治家や無理をごり押しでの税金誘導を図り、税金がそこに補助金として流され政治家がそれを流す見返りに選挙運動を、活動をがっちりと固めていったのだ。

    田中角栄が望んだ夢に描いた壮大で大きな地域創成というこの夢は、この時代を超えだしてから、つまり昭和50年代に入りだしてから一気に中身が全く違うごく一部の朝鮮民族の手にだけ渡っていくいびつ極まりない腐った地域振興に入れ替わってしまった。

    これは角栄が倒れ、金丸信が日本を牛耳りだした昭和50年代に入った頃からこういう腐った朝鮮民族地域振興会等の組織団体で日本全国がこの形に次々と地方でもそうなりだし、政治自体がもうそこに取り込んだ姿へと変身していった。

    ★日本人政治家はひたすら大義だとか空想の理想、夢を語り、
    ★朝鮮民族組織団体政治家はその間にまんまと、生での実体の日本で生まれ出てくる莫大な予算に、金に狙いを絞ってそれを狙った。
    日本で起きているこのこいつらドロボーと対決するには、日本の旧式の政治家のきれいごとでの発想ではもう到底太刀打ちなどできない状況に追い込まれだした。本当のドロボーの本性まで出して国民に見える形で堂々と税金を丸盗みで奪っていくものらまで出て来ていてもそれを新聞テレビが表で出して追及できないところにまで日本はもうここまでドロボーの攻勢にタジタジの、奴らに正式にワッパをかけられないところまで来ている。
    東日本大震災の消えた莫大なあの善意で出ている義援金の行方など、こんなもんはイの一番に、刑事的に問題にし、国会や検察、警察庁も合同で徹底的に追求できるはずが、そこに工作を仕掛ける朝鮮民族の工作員が存在し、身元の隠したい中身を、検察、裁判所、学者、テレビ、新聞、警察庁、各県警本部、役所、これらその内容を知るものすべてに対して、
    【お前らが実は日本人などではなくて朝鮮民族だとバラすぞ!日本国籍を騙し取って日本民族、日本人にまんまと化けて今の地位があることを、これをバラすぞ!】との、
    この一言でという、これだけで日本中誰もこの膨大で戦後最大かもわからぬ大犯罪事案を、朝鮮民族が奪い取ったと思えるこの大犯罪事件、強盗事件を、このまま放置させてしまおうとしているこの実態を、これに手を付けていない。
    朝鮮民族のなぜか包囲網が効いていて、表で誰も追及しない。
    追求できる本当の日本民族はこの日本のどこにいてるのかねえ。

    そうだ話がちょっとずれたが、本題に戻るが、

    日本人企業がなぜ残業代を払わなくてもあの時代それで行けていたたのかのその内容は、これは当時の日本の会社、企業、商店に至るまで、私も何年か経験したが、もう実に従業員のことを会社自体が生活から仕事の面から徹底的に丸抱えで面倒見てくれた。

    私など田舎を出るときに、母親から一応は布団だけをもっていこうと、会社の寮に入ったが、布団をもっていったら寮のおばちゃんが、
    【そんなもんいらなかったのに、あるのに】って、きれいに洗ったシーツの巻かれたいたきれいな寝具が一通り一人に一セットづつきれいに揃っていて、そして風呂も食事ももちろん朝夕出してくれるし、洗濯から何から何まですべて全部寮のおばちゃん夫婦がやってくれて、昼ごはんも会社の食堂に社員全員がそこでお昼は昼食を食べさせてくれていてまあ言えば給料をもらって外に行かなくても生活はすべて会社が面倒を見てくれていた。
    年に二度は社員旅行もあり、一泊で結構大きな豪勢な和気あいあいの旅行であった。
    とにかく従業員のことはもう本当に家族以上かと思うぐらい大事にされていた。

    周りのことはすべて会社で面倒見てくれた。
    だから本人は仕事にだけ集中できる体制でやっていけたのだ。

    日本に企業は普通に当時はこの状況だったから、従業員はこの会社のためであればとか、会社の上司はもう兄弟の兄のような存在だし、部長やもっと上などは自分の叔父さんや親のような感覚、存在に見え、私などは彼らをそうとらえて仕事をしていたので、結構あったが会社に残って夜の11時ごろになっても疲れたとかだとか、こんなことは嫌だとか、そういう気持ちなど全くもったこともなかった。むしろもっとオヤジ(会社が)に稼いでもらいたい、自分らの従業員の力を総合してとにかく会社に利益を上げる売り上げを上げてもっと利益を上げさせてあげたいと、ただそれだけであった。
    自分がそれでいい目を味わえるなどというそんなことなどどうのこうのとなるとか、全く考えもしなかった。

    思いとすれば会社が利益を上げれば自分らが働いていることが報われたと、それだけでいいと、ただそれだけであった。売り上げが会社全体で上がれば、やったぞと、ただそれだけで頑張れた。

    それは会社が従業員のことをもう日ごろ生活全体のことまで面倒を見るぐらいの覚悟が、自社の働く従業員に伝わっていたし、従業員にもそれが普通にわかっていたので会社が自分らにこれだけのことまでやってくれているのにという思いがあったし、それらも考えたし、期待に応えてあげることがむしろわれわれ従業員はそれ自体がむしろ喜びになっていた。
    だから残業代を払えなど思ったこともないし課長などは6時になったらもうほとんど帰ってしまうし、残って会社で残業していたのは係長クラスから下の者ら。
    夜の11時ごろまで残ってやっていてそれを引き上げてそこから残業していたもの全員がその時間から毎回のように外に出て結構いいものを酒とともに食わせてもらい、飲み食いをしていたし、その支払う金額は会社の経理が文句も言わずに普通に支払ってくれていた。

    こういう内容、これら全体を含めて日本人企業はこういうことが普通に行われていた時代があった。
    つまりもうほとんど家族の面倒をすべて見ているぐらいの感覚で日本企業はやっていたので残業代とかいうそういうものを要求する気持にもpならなかったし帰ろうと思えば普通に早く帰ることも自由にできていたし本当に今やってる裁量での残業というのが普通に自由に行われていた。

    われわれ当時まだ若い世代も、私が入っていた会社で、別に本人が毎日6時ごろに帰うと思えば別に帰って自分だけ寮で酒を飲もうが寮で寝てようが何の問題もなかったし、誰からも注意もないし、そこは本当に自由であり、そこは何のこともない自由であった。
    こんな気持ちで働かせてもらえる待遇での会社など朝鮮民族企業の会社や商店などまず絶対にない状況であった。
    とにかくきついようきゅをやりとにかく働かせて従業員の面倒など全くみな自己負担でやらせておりこういう状況がkぉ個が日本民族と朝鮮民時奥の全く違うところであった。
    だから残業代を払わないと朝鮮人企業には、従業員は募集をかけても集まらなかったのだ。

    ところがそのうち朝鮮人企業と日本人企業の区別が私などにはわかるが世間的には今ではどこの会社が朝鮮民族企業でどこが日本民族企業家がもう全く見分けられないような状況の時代に新聞テレビがまんまと騙し隠し見分けられにくい状況を作り出してきている。
    それが今の時代だ。

    そうなると朝鮮民族企業も態度が大きくなりだしてきて、
    もう別に日本人経営か、朝鮮民族経営かが、そこが表からは見分けようとしても教師からは事実を教えられていないし、親も疎くなってきているし、隠されたりしていてなかなか判りにくいのであれば、もう別に朝鮮民族企業だからといって別に俺たちだけが残業代など払わなくても募集をかければ気づけずに日本人企業だと思い込んで応募で学生は集まってくると。
    ましてや学校の教師自体がまず朝鮮民族教師が多くなり、別に人の家の子供の学生であれば、朝鮮民族企業に就職先を紹介しても構わない(朝鮮民族教師は自分の子供の就職先に朝鮮民族企業は絶対に避けて通る、間違っても朝鮮民族企業へなど自分の子供だけは絶対に行かせようとしないし、まずは自分の子供は日本の公務員へとさせようとコネ、口利きを使いまくるし、それがかなわぬなら天下りのファミリー企業などの準公務員クラスの企業を狙う)と思うように普通に学校からも斡旋しだした。

    よって、
    ここにきて、今ではもう日本にあるそこそこ名前が知られている昔からの大きな企業でも、これらが日本人企業経営者か朝鮮民族企業経営者かがもう普通の学生がほとんど見わけもつかない状況になってきてるし、
    さらに怖いことは、日本人企業だったはずの会社が今では取締まり待遇の者らが日本国籍に化けた朝鮮民族の者らが相当入り込み、まあいえば日本人企業だったそれら企業が、もう実は実態が朝鮮民族の動かす企業と化してきだし、暖簾と信用はいかにも日本人企業でありながら、その実権をもって動かしているのが実は朝鮮民族へと相当数が入れ替わってきている。

    東電の記者会見をよく見ましたよね。
    あれを見ていて皆さんはわかりますよね、
    他、最近も続くあのあらゆる企業のカメラの前での謝罪会見でのあれら彼らの姿、名前、使われている漢字、服装、風体、しぐさ振る舞い、見てるとわかるでしょう?

    一番わかるのは飲む水、ネクタイ、名前、
    もうそこに日本の大手と言われる企業が出てきてさえもう今では日本民族の巣f型がほとんど姿を見なくなってきています。
    空残業代など彼らは元から払うつもりなど無いんですから仕事の量だけ徹底的にこき使い給料はああだこうだと因縁をつけて契約条項も守らず朝鮮流に無茶苦茶をやってきている。
    日本の企業に今や朝鮮民族が日本国籍に化けて入り込み朝鮮流に従業員を扱いだした。

    まさにあのアメリカでの、1900年代初頭に起きたサンフランシスコやロスアンゼルスで起きていた、【中国人排斥法】を創立させたときの、あれを作らないとアメリカは大変なことになるとの危機感から作り上げたアメリカ人のあの時のアメリカの姿に、今の日本がより近づいてきていることを、今よく似てきていることを日本民族の日本国民は知るべきである。

    なぜ立憲法民主や共産党、民進党、希望の党が、この件にあれだけ今回のこの法案にかみついているのかの根本には、彼らこそがこの朝鮮民族の本性を一番よく知っているからだ。

    朝鮮民族は何をするかわからん、全く信用できぬ、従業員との約束契約など全く守らないと、経営者が朝鮮民族ならそんなもん善意など通じるような相手ではないという、そういう民族だということをもう奴らこそが皆知っているのだ。
    だからああやって大声で吠えてそれを反対しているのだ。

    その中小企業のほとんどが今では朝鮮民族企業となり替わりだしている日本で、そう言う法案を出すともう無茶苦茶になると奴ら朝鮮民族議員はそう思っているのだ。

    祖国を同じくする奴ら同胞が、互いがそれぞれどういう民族かを、そいつらの本性はどういう者らかを、お互いで育った時から代々舐めるように皆こいつら同士はすべてすべて知っているからだ。

    でも日本人にすれば、人はそこをいやいや善意の経営者というものを日本流に置いて考えてしまう。

    日本維新の会以外の、
    野党の連中、
    民進、共産、立憲民主、希望の党、社民、自由、無所属の会、これらこいつら野党は、
    与党が今回出してきた裁量残業云々のこれについて、問題のぶつかっている最大の焦点は、実はここだ。

    つまり
    日本人経営者だけを見てこの内容でこの法案を作るのか、
    それとも朝鮮民族経営者の目線相手に、この法案を作るのかの、
    まさにそこの部分だ。

    朝鮮民族は残業代どころか従業員をまともには扱わないことを、この反対しているこいつら野党の連中は、朝鮮民族のことはすべて奴隷時代から本性を知っているので骨身に奴隷時代のしこりから身に染みて知っているから、善意で従業員など扱うはずがないと、絶対に反対だといっているだけである。

    私に言わせれば、
    ★解決法はひとつしかない。

    こいつら野党は、一言目には働く従業員を守れだとか偉そうに言ってるがそもそもその働く従業員を痛めつけている張本人はお前らと祖国を同一にする違法移民のお前らと同胞である朝鮮民族企業経営の連中だろうが!って。

    まずはそこをきちんとお前ら同胞だしそこを先に自分らで法的に日本国民が納得できるように整理整頓しろよ!って。
    お前ら奴らの性根はすべて知っててわかるだろうが!って。
    まずは朝鮮民族の企業経営か、日本民族企業経営かを、卒業して将来をかけて人生に大事な一歩を踏み出す学生に第一失礼だし或る意味わからないようにしてそれこそ騙しまくってこれって犯罪行為だろうが!って。

    ★消費者庁や、消費者センターは、こういうことをなぜ取り上げないのか!

    学校の学生向けにもすべてまずはここを先にきちんと、民族別情報を、誰でもわかるように公に表で経営自体がどこの国の国籍を持つ民族のものがやっているのかを、民族出身を、ここを出せよ!って。

    この法案を出して、政権側を批判などしていないで、日本国内で存在している日本国籍に化けている朝鮮民族企業経営陣の存在というものを、これこそ隠すことを許している現状をここを法的に一掃し、奴らのこのだまし偽装策略の形態を追い出し、やめさせ、企業経営者の偽装をやめさせ国籍の真偽を遺伝子検査でのきちんとさせろよ!って。

    そっちのほうがまずは日本の国会議員として先にやるべきことだろうが!って。
    国会で今大声を張り上げて偉そうにやってる朝鮮民族議員らの声が日本人には非常に聞きづらい発音に聞こえる。

    ★きちんと日本語のアクセントの発音で日本語をしゃべれ!って。

    こいつら発音がずれてることにも気づいていないようだ。
    生まれた国の言葉のアクセントは、親から代々引き継がれ何代超えても、日本人に化けて日本語をしゃべってるつもりでも、どうやって抜けきらないんだよ。

    それぐらい、判れよな!
    偽装日本人よ!

  19. 仲井 より:

    >https://www.youtube.com/watch?v=7MzSfZTwGSU


    私がここにも、またこれまで18年ほど、あらゆる掲示板、サイト上に、こうやってネット上に書き続けてきたことの、そんのほんのごく一部分だが、こういう具体的事実を出されて私が書いてきたことの裏付けになるような、そういう証言を生の声でされている人がいてる。

    朝鮮民族がどういう狙いで日本で行動活動しているかをこういう時代になればなるほどに日本国民は真剣に考えるべきである。
    国会を闊歩している朝鮮民族議員らを含めて彼らがどういう意思と狙いでこの日本にやってきている家系の連中なのか、そして彼らが日本でどのくらいの予算を盗み続けてきたのかを、
    ここらをよく考えるべきだ。

    国家が命令で、
    遺伝子の登録の義務付けを、日本の今の状況、今の時代だからこそ、これを日本に在住するすべての人間対象にやるべきである。

    これを今すぐにでもやらないと、
    それしか【このやりたい放題のこの不法朝鮮民族犯罪問題】から、この現状行われている日本における犯罪内容、これを見てたら誰でもわかるが、すぐにでも手を付けないと、日本はこれからずっと未来永劫この犯罪組織をつぶすことはできないだろう。
    鼠算式にはびこりだしてきているのが今の現状。

    もう一般人が不法朝鮮民族と日本民族を区別がむつかしくなってきている現状、これをきちんと整理させるためにも、国民とされるものすべてを、遺伝子を全員に国に提出管理させ、しかもこれをやる経費は非常に安価でできるし、遺伝子検査は、実に簡単で安価で作業も楽である。
    管理も実に簡単である。

    裁判所に潜む反日不法朝鮮民族、
    警察に潜む反日不法朝鮮民族、
    大学に潜む反日不法朝鮮民族、
    教師に潜む反日不法朝鮮民族
    政治家に潜む反日不法朝鮮民族、
    テレビ、新聞業界に潜む反日不法朝鮮民族、
    霞が関を筆頭に反日不法公務員の朝鮮民族、

    すべてあぶり出しそれらをきちんと登録させ国民の民族区別をきちんと整理させるべきだ。

    終戦後のあの戦後10何年間ほどの15年間ほどのこの期間だけを、ここだけを切り取るように一切隠して、学校での教育でなぜあそこだけを教育で教えることから省いているのかの、戦後の日本人はあそこで一体どういうことになっていたのかを、これを違法朝鮮民族が徹底して隠し、絶対に隠しまくってきた違法な愚連隊集団の朝鮮民族の連中らのやった行為。
    絶対に許せない事案。

    あの時期だけ学校でも絶対に教えさせないようにした違法移民の愚連隊であった朝鮮民族、歴史上あそこだけ全く隠したそのわけは、原因はまさにこれで、この、【出したここのサイト】でのこの人の証言されている内容がそのまま語っている。

    隠した理由はこのことによるものだ。

    これがあるから学校で一切この終戦後の時期の、わずか15年間ほどの、ここだけを日本の歴史から全く消してきたのが違法朝鮮民族。
    ここが知られると都合が悪いのでやっている隠蔽とだまし工作である。

    こんな奴らは今すぐに自衛隊で今すぐにでも身柄を拘束して国外へ追放し、追い出せばいい。

    自衛隊に対して、国家保安緊急特例法でも即座に作って、即日発行で執行して。

トップへ戻る