「日本維新・みんな、政策合意…太陽合流で再確認」「1/30平沼議員代表質問・動画」

とりあえず、一安心でしょうか…

(引用)
維新・みんな、政策合意…太陽合流で再確認

 日本維新の会とみんなの党は30日、国会内で政調会長らによる政策協議を行い、消費税やエネルギー政策など10項目の基本政策で合意した。

 消費増税など主張に隔たりがある政策に関しては、あいまいにして対立を回避した形だ。これを受け、両党は夏の参院選に向け、改選定数1の「1人区」や2~3人区での候補者一本化に向けた調整を本格化させる。また、両党は民主党とも政策協議を始める見通しとなった。

 30日の協議には、維新の会の浅田均政調会長、片山虎之助国会議員団政調会長、みんなの党の浅尾慶一郎政調会長、柿沢未途政調会長代理の4人が出席した。

 今回の合意は、両党が衆院選前の昨年11月15日に合意した内容と同じだ。その2日後に消費増税賛成、原発推進を掲げた太陽の党が維新の会に合流したことから、「(合流後の)政策がまるで分からなくなった」(みんなの党・渡辺代表)との指摘が出ていたため、太陽の党出身の片山氏を交えて再確認した。
(1/31 読売新聞)

1/30の平沼議員代表質問と安倍総理答弁の動画です。
http://youtu.be/Ptvf-527bOA(Youtube)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る