1/31 橋下氏ツイッター 「フジテレビ特ダネと小倉キャスターの姿勢には感心する・・・」

このツイート、私の記事を読んで言ってるんじゃないかと思い、恥ずかしくなりました
(まさか、そんな事は無いとは思いますが…)
この記事とは、1/29 橋下大阪市長出演「とくダネ」桜宮高校問題について 動画

(引用)
フジテレビ特ダネと小倉キャスターの姿勢には感心する。桜宮高校の体育科入試中止の是非を巡り、小倉さんと僕で見解が異なった。小倉さんは入試を継続すべきとの主張。番組でも連続して取り上げ、小倉さんは入試継続を強く主張したし、番組もその論調。それに対して僕がツイッターで反論した。

そうするとすかさず、特ダネから出演のオファー。朝の情報番組にしては十分過ぎるくらいの時間を割いてもらい、こちらの主張もじっくりと述べさせてもらった。VTRなどもほとんどなく、小倉さんの質問に僕が答える形。翌日も、視聴者からの意見を取り上げたコーナー。

そこには、入試中止に賛成の教育評論家を呼んで、小倉さんの考えにコメント。小倉さんも、桜宮高校の実態について自らが十分に把握していないことを認めた上で、在校生や受験生の立場に立って持論を展開。極めて公平な報道で、視聴者も何が問題で、何を考えなければならないか分かったと思う。

小倉さんの見解にも理がある。しかし僕の見解にも理があることは番組でも伝えてもらった。そして今吹き荒れる日本スポーツ界の暴力指導問題。これが指導者と生徒の絶対的な力関係の下で築き上げられ、生徒も保護者も無批判に受け入れざるを得なかったことに起因していたことが明らかになりつつある。

そして学校のクラブ活動から、スポーツにおける暴力指導が蔓延する環境があることも明らかになった。今回の特ダネは小倉さんの見解と僕の見解を公平に報道することによって、国民の皆さんにしっかりと考えてもらうことに繋がったと思う。それに比べてスーパーニュースアンカーはどうなんだ? (続く…)

(続き)
関西テレビのスーパーニュースアンカーは山本キャスターの感情的な薄っぺらなコメントを垂れ流し。僕は大阪に住んでいるんだし大阪市役所と関西テレビはすぐ近くなのに反論の機会は一切なし。小倉さんでさえ、十分な情報は持っていないと認めているのに、山本キャスターは自分は何でも知っているの姿勢

東京の番組は、すぐに反論の機会を与えてくれる。僕は東京に行けないのでわざわざ中継で。日曜日はテレ朝の報道ステーションサンデーで僕の見解を述べさせてもらった。他方、呼ばれればすぐに行ける関西のテレビ局では反論の機会は一切ない。なんなんでしょう、この違いは。

大阪ABCキャストの大谷昭宏氏をはじめとするコメンテーターも、いつも一方的に薄っぺらな感情コメントを垂れ流し。こちらはいつでも反論するよと言っているのに、直接の対決は避ける。山本キャスターも、大谷氏も逃げずに、僕の前で堂々と意見を言ったら良いのに。

特ダネ、小倉さんはすぐに直接の議論。関西テレビの山本さんや、大谷昭宏氏は逃げまくり。これじゃ、東京に勝てないよ。関西メディアも東京と並ぶように頑張ってくれよな。
(橋下氏 twilogより)

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る