松井代表・吉村政調会長「出直しクロス選 出馬表明記者会見」2019.3.8

まだの方は是非ご覧下さい!
(28:20会見冒頭から再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


大阪維新の会
会見に先立って行われた緊急の全体会議(松井代表あいさつ)
あの府市が対立する、身勝手でバラバラ、そんな衰退する大阪には戻さない!


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

大阪の入れ替えダブル選 有権者はどう見るのか(1/2ページ) – 産経ニュース

松井府知事「仲間だから…」橋下徹氏の応援演説否定 – 社会 : 日刊スポーツ

【出直しクロス選へ】「”準都構想”の継続」と「”完全都構想”の実現」を有権者に問う!
で書いたんですが、再度掲載しておきます。

「大阪都構想」の目的は大きく2つ

・(府市でバラバラの)広域行政の一元化二重行政解消

4つの特別区を設置して、それぞれに首長と議会を置いて、住民サービスの拡大・充実を図る(児童相談所や教育委員会なども4つに増える)

→現状、大阪市270万を市長(首長)たった1人で対応するので、どうしても画一的な行政になってしまい、細かい所までフォロー出来ない(京都府の全人口263万で首長は26人)


「広域行政の一元化・二重行政解消」に関しては、
ご案内の通り、2011年のダブル選で府知事・市長が維新に

それから、ずっと府知事・市長が「1つ」になって「二重行政解消」を進め、「広域行政も一元化」され、都構想の目的の半分は実行されてきている

→G20、2025万博誘致成功・2024世界最大級のIR誕生予定・市営地下鉄民営化などなど

大阪府民・市民は、すでに半分「都構想」を進めているし、その真っ只中にいて、その効果も実感している

これが、現在の「”準”都構想」状態

松井知事が言いたいのは、このまま「府知事・市長体制」でやっていけば、
この後、例え同じ政党の府知事・市長が誕生したとしても維新以外では、
ご覧の通り府と市では意見が一致できないので、あの悪夢の府市あわせ」に戻りますよ!と

そうならない様に、広域行政の司令塔を、制度として都知事に一本化する「”完全都構想”」を目指しましょう!と

そして、市民の「住民サービスの拡大・充実も実現しましょう」!と

これを、大阪府民・市民に問う決断をしたのです!

統一地方選にぶつけ、クロスにしたのも、一番選挙費用が削減できる方法ですから、維新らしい合理的な方法だし、有権者の注目度も上がって投票率アップになればさらに良しでしょう

しかし、こういう時だけ来る記者は、本当に不勉強で失礼な質問するなぁ・・・(-“-;)

沖縄の住民投票実施を支持していたメディア
何故か、大阪の住民投票には疑問を呈する・・・

沖縄知事選で民意を得たとするなら
2015年大阪W選で民意は得ているのにね・・・


まあ、とにもかくにも
選挙モードに突入ですね!

知事・市長選については
統一地方選と同時になったので、2015年の様に大挙して全国から左派系の応援部隊が入る事も無いでしょう

それも隠れた戦略かと・・・

仮に堺市長選も同時になれば、なお良しか!?
(2017年の堺市長選も応援部隊がすごかった)

(あの方の言葉を拝借して)
あの悪夢のような府市あわせの大阪には戻さない!



(出典:https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1103998111976837126)


(出典:https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1103990747638841345)

まず、松井知事・吉村市長による講演 その後、質疑応答が行われました 質疑応答の初っ端に、この質問ですよ! 是非ご覧下さい! ...
「内容」 (公務関連) ・麻しん患者の増加について(注意喚起) ・平成31年度当初予算(案)について ・質疑応答 (政務関連) ...


3/9(土)堺市西区タウンミーティング
お近くの皆様、ふるってご参加ください!

(出典:https://twitter.com/yasushi_fudaba/status/1100680618608812033)

2019年|街頭演説・タウンミーティング|これまでの活動情報|大阪維新の会

2018年は大阪北部地震が発生したほか、台風21号に襲われ、おまけに阪神タイガースは最下位だった。それでもなんだかこの街は元気だ。一体、なんでやねん!■万博に訪日客、なんか元気な「大阪」日本時間の11月24日未

コメント

  1. 椿 より:

    公明党が維新との「合意」を破ったという事は、
    都構想賛成派にはよくわかる話ですが、

    どっちつかずの惚けた市民・府民には、
    全く何を言ってるのかさえ分かってない状態です。

    それよりも、二重行政派擁護のマスコミが垂れ流す
    「大阪W選挙の税金無駄使い」や「市長や知事の面子の為だけ」が
    クローズアップされて、悪印象だけが残ってるって感じです。

    確かに前の橋下さんのように、
    市長を辞めて市長選に立候補というなら、
    当選しても、任期が1年ちょっとだから、
    税金の無駄使いと言われても否めないけど…。

    でも今度の場合は、元市長が知事に、
    元知事が市長に立候補するクロス選挙で、
    当選すれば、新しく4年の任期を務めるんだから、
    全然税金の無駄使いじゃないですよ。

    通常の日程通りに知事選・市長選をやったとしても、
    同じように税金は使われるんだから、同じじゃないですか?

    それから、松井さんや吉村さんの話はわかりますが、
    あまり公明党や自民・共産の批判に、
    熱くなって府議会や市議会の議論の内容を話ししても、
    きっと国民側は「はあ?」って感じで分かってないと思う。

    それよりも、以前の二重行政に戻れば、「大借金大阪に逆戻り」になる事や
    今回のように、大阪の経済を潤す可能性のある万博誘致やIR事業なんかも頓挫するし、
    もう2度と大阪の経済が発展する事はないという事を教えてあげればどうでしょうか?。

    【以前の大借金大阪に戻りたいんですか?】と府市民に問うべきだと思います。

    まあ、反対派は二重行政である事の方が、自分達に利益があるから、
    何を言っても絶対に賛成派には回らない。
    だから、大半のぼーっとした国民に、
    「過去の二重行政に戻れば、将来苦しまなければならなくなるんですよ❗️」と、
    どれだけ訴えられるかではないでしょうか?

  2. 京都の住人 より:

    ABCの木原さん、珍しく状況説明だけで都構想の是非には言及しなかったね。維新公明のいざこざが元でW選挙に突入せざるを得ない状況なのに、どちらに傾注することもなく解説のみ。ひょっとして木原さん、都構想騒動が無くなるのを淋しく感じ出してきたのかな?

  3. 京都の住人 より:

    公明党の見立て通り維新の勢いが落ちているのは否めない。原因は国政維新の尻すぼみ状態にあると思う。各地方議員から国政選挙に打って出る維新議員が育っていないのが原因。例えば京都。3名ほど府市会議員が誕生したが、大阪以上の二重行政であるにも関わらず議場に上げることもなく、総額2千万円にも及ぶ議員報酬の上に胡座を掻き自己満足して、主だった行動を起こしていない。本来なら選挙区から国政に躍り出る大志を抱くのが地方議員だと思うのだが、今の京都維新地方議員は現状に甘んじている者ばかり。これでは完璧な投票組織の上に成り立っている、公明党に肘打ちされても仕方がない。大阪に於いても衆参1人区に、公明党が震え上がるような維新候補者を育て上げて欲しい。

トップへ戻る