吉村市長「都構想・法定協設置議案は府に合わせて来年2月に出したい」定例会見 2016.10.13

「内容」
・自転車の安全啓発イベント「スマイルサイクルフェスタin大阪」を、大阪府警察と合同で開催します
・養育費の確保の取組について~こどもの健やかな成長のために~
・質疑応答

タイトルの部分と地下鉄民営化について


IRについて
「経済界は積極的になってきている」
総合区について
「来年年明けには素案。そこからブラッシュアップしていきたい」

【大阪都構想再び】 法定協設置議案、府に続き市も来年2月提出…吉村大阪市長「府とタイミング合わす」(産経WEST)
吉村市長 市民向けに海外出張報告会(MBS)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    マスメディアがとらえることが少ないが、
    新聞テレビが日常の姿勢についての市長の行動発言をあまり伝えていないが、でも吉村市長は、
    非常にきめの細かい、市民の口元に届くレベルの市民生活について対応策を日々こまめによく動いて視野を本当に幅広く非常によく頑張っておられる。
    よく考えて幅広く頭を巡らせておられる。
    あの年で本当によくやっておられる。
    あの年齢で凄いなあと、ついつい同じぐらいの年齢の私の息子と、身近に居てる自分の子供と市長を比べてしまうが、私の子供など吉村さんの足元にも及ばぬ。
    最近の首長では、取り分けて本当に素晴らしい。
    マスコミやメディア、文句を言ってくる市民、団体、こいつらの話を聞いているとついつい腹も立つこともあるだろうに、よく我慢をされている。
    そのうえで姿勢を着実に前に進めて本命の大阪都構想に向けて着々と頑張っておられる。
    物凄い加重な労働のはず。

    ところで、
    つい最近新聞テレビで話題で出てたが、例の韓国観光客へのトラブル事案、
    それもまだ年端もいかない子供さんに対する非道な暴行と報道され、異常だったのは、そのうえ韓国大使館からの祖国韓国へ向けての、
    【日本向けでの観光客に対しての注意を要する国だ】と、
    【日本の大阪は、気を付けて行かないと危ない】かのような内容を、これを大層に韓国大使館からという内容で韓国国内向けに注意勧告広告まで出した。

    日本で起きたとされる韓国人観光客に対して、それも児童に対して日本人が韓国人だからという理由で韓国朝鮮半島では韓国人はそういうことを日常やるのかもしれないが、そういうことはよくあるのかもしれないが、だがことは日本の国内でだ。

    普通では信じがたい内容。
    児童への暴行という、しかも路上でだ、普通あり得ない内容を出して注意勧告をやって来た。世界中に発信された。

    暴行を日本の大阪人がやったと、そういう内容で。

    とんでもないメッセージだ。
    まるでそこら辺の輩がやる、朝鮮では一番多い犯罪の強姦についで多い事件事案のまるで【当り屋】がやるような言いがかりの内容を、あの国は大使館までがそれを大きく報道の中でやる。
    世の中を撹乱情報操作をここまでやる国民族だということを日本人は絶対に忘れないことだ。
    だがことはここからだ。
    暴行をやったとされる者のあの暴行の手法、あのやり方の行為、あれは朝鮮民族が普通にやる暴行の仕方であり、日本人は相手を暴行するとき、ああいう方法手法はまず使わないしほぼやらない。

    もしも仮に、まあそんなことは、あの報道されたとおりのことは大阪でまず起きていないだろうが、虚偽の内容をでっち上げたのだろうが、だが、言いがかりに過ぎないと思うが、彼らが出した内容が、万が一本当に起きたと仮定すれば、あれがもしも万が一大阪南の繁華街で実際に起きていたとするなら、これは実は韓国大使館は、内容を間違えて、全くの誤報で伝えている。
    自らの朝鮮民族による犯行、暴行事件事案だ。
    日本人の手による犯行などではない。
    あの大阪や全国で起きていたヘイトスピーチ事案と同じで加害者も被害者もどちらもが実は朝鮮民族同士のトラブル。
    そこに日本人は存在などしていない。

    朝鮮民族が、朝鮮韓国からの観光客に対して
    日本民族による暴行の犯行などではない。

    もしも仮に、あれが本当に路上であの状況の内容で大阪で起きたというなら、これはまぎれもなく日本人による犯行ではなくて、日本に在住している日本国籍をだまし取った朝鮮民族による犯行、朝鮮人による行為にまず間違いない。

    (犯人が特定も、事件が実際に起きてるかどうかということも、これらがまだ不明の時点なので、犯人が朝鮮民族の戸籍か日本の国籍を持っている朝鮮民族かの真偽について、今の時点では、警察本部は判明させる術がなさそうだが、いずれにしてもそこはまだ明かさないが)

    では私がなぜあれが日本人の犯行ではなくて、朝鮮民族の犯行だと、犯人も何もわからない状況でそれが解るのかと言えば、なんで今の時点でそれが区別が出来てわかるのかということだが、これが実ははっきりとわかる。

    暴行の仕方、やり方、暴行するときの相手を襲うときの手を出す手法、これで、それが日本人の犯行行為なのか、これは朝鮮系民族の手による暴行の犯行の行為なのかが、これがすぐに見分けがつくのだ。

    暴行のシーンさえ映像で残されて見ることが出来れば。
    今回は被害者の韓国人観光客の家族で、こういう状況で暴行を受けたという内容の証言が獲れている、これが大使館側からわかっている。

    犯行時、暴行のシーンが、例え暗くて顔も風体も服装も身体の縁取りも犯人を特定できるだけの状況が暗くて何にも判明が定かでない防犯カメラ映像でも、この場合にでも、ぼんやりでも、暴行のシーンさえ映っていさえすれば、これだけで犯人の特定が、日本民族か朝鮮民族かが、即座に日本人の犯行か朝鮮人の犯行かが区分けが出来てわかる。

    今回の韓国人ご家族の子供さんが暴行されたと申告してきたものの証言では、足で回し蹴りで足で子供さんの腹部を蹴って来たと証言している。

    このことでこれは明らかに日本民族の犯行ではないことは明らかだ。

    以前のあのバングラデシュだったかコックさんが深夜に数人の若者によって暴行され殺害された事件があった。
    このことは依然触れたことがあるが、防犯カメラに映っているあの時の暴行のシーンを見て、犯人は朝鮮民族ですよと東京警視庁に伝えたことがある。

    あの暴行の仕方は、日本人は絶対にやらない、あれはまず間違いなしに朝鮮人の犯行ですと伝えた。その時点ではまだ犯人らしきものの内容の特定は一切つかめていない状況の折。しばらくして逮捕された連中はやっぱり日本人ではなかった。
    (この場合の日本人ではないというのは、日本国籍をだまし取った家系で育った日本国籍を持った朝鮮民族と、合わせて在日の朝鮮民族を両方が対象)

    日本人は争い事の場合、相手を襲う場合、上半身をまずは使って暴行する。つまり腕だとかで。下半身の足や膝などはまずほぼ相手を襲うときには、対人間に対しては絶対と言っていいほど、足での蹴りとか、攻撃はまず使わない。
    朝鮮人はこれを平気でやれる民族。
    朝鮮人は相手を推そうと傷つきもよくやるがまずは足で蹴ることから始める。足で回し蹴りをやる、膝を使って相手を蹴り上げる、足で相手を踏みつける、そのうえで後からようやく手が出て来て腕を使い、手を使う。
    つまり相手を襲うときや腹が立つと、常に、手より先に足での蹴る行為、足での攻撃をしていくのだ。

    ここに、朝鮮民族と日本民族の育ってきた国の歴史の違いが出てくる。
    そこの違いが、こうなってしまっている。
    足で攻撃してきたら、足で蹴りで暴行しようとやってきたら、その相手はまさしく日本人などではない、これは日本民族では無いということをまずは日本人は頭に入れておくことだ。
    これが奴隷制度の名残なのだ。
    歴史上、奴隷制度のあった国の民族と、奴隷制度の無かった国の民族との違いなのだ。
    奴隷制度のあった国の民族は、そこに人間が一人でも居てれば、まずは誰を見ても人間であってもその者を常に奴隷としてまずは見ているのだ。

    そこからの発想の順序を常に組み立てていくのだ。
    だから同じ会社に入っても、常に自分以外をこの中で奴隷の立場になるのは誰だと、周り中を見て常に頭の中で周り中の者を値踏みしているのだ。ちょっとでもその者の至らぬ点、未熟部分があればそこを徹底的についていき、落ちた内容を見つければ、そこで相手をそこから目線は常に奴隷の対象に入れて行こうとするのだ。自分はこいつよりも優れている、身分が能力は上だ、こいつは自分よりも劣っている、つまりは奴隷のゾーンへと行くレベルだと。
    レベルを貶めて行った後からは付き合い方自体も変わってくる。利用だけはものすごく足代わりのようにこき使いまわす。自分の身分を上げるために。

    自分以外を常に奴隷として見たい民族なのだ。
    だから自分以外の者への足で蹴る足で顔を踏みつけるなどの公費が平気で何のこともなくできるのだ。
    人間とは思っていなくて自分が攻撃している相手のことを、奴隷だと思っているからだ。奴隷に対してであれば、奴隷であれば、暴行して死のうがどうなろうが、朝鮮では普通に何でもない行為で、奴隷など死んだからって何とも思わないのだ。
    そこら辺のゴキブリが死んだレベル。
    どうってことの無い行為だったのだ。
    これが奴隷制度の有った朝鮮の、しかも世界にも類のない残酷な非道な奴隷制度の有ったそこで家系を繋いできた民族はこういう強い思いレが残っている。
    日本人であれば暴行してもこれ以上やると大変なけがをさせるからやめようとできるが朝鮮民族は人間を殺してもそれが奴隷なら別に何でもない行為だと思われていたのだ。

    だからそこが違うために日本人は相手に殴り掛かるときには上半身でまずはとびかかって言って手で殴る。
    だが朝鮮民族はまずは足で蹴って攻撃を始める。
    ここが日本と朝鮮の民族の大きな違い。

    だから今回大阪南で起きたとされる事件、韓国人観光客に対して足で回し蹴りで暴行を加えたとするその内容の加害者は、これが本当に起きていたとすればその犯行を行った暴行の犯人は、日本人などでは決してなくて、朝鮮民族の朝鮮人による暴行の仕業だ。

    吉村さん!
    今後こういう事が出てきたら、市長会見では、今後はこういう説明をされた方がいいですよ!

    【今回の事件内容ですが大阪という地域は多くの海外からの民族も複雑に入り混じり日本人、、朝鮮人中国人、またアメリカ、アジア、ヨーロッパと、本当に多種多彩の民族がこの大阪という地域で住んでいる日本でも珍しいほど混ざり合った地域なんです。
    犯行が何処の国の者かは捜査で判明していませんが、とにもかくにも、今回の内容は絶対に起きてはならんことです。
    今後とも警察、地域、これらと協力して、大阪を安全な街に、皆さんもそういうことを目にしましたら是非とも警察にすぐに連絡をしてください。
    市としてもこういうことが観光客の皆様になど起こらないように、安心安全に観光が楽しめる街を目指してできる可能な限り頑張って勤めてまいります。】

    こういうように発言された方がいいと思います。
    頭から日本民族の日本人がしたかに思わせる発言は今後お気をつけてやられた方が世界に発信という意味ではいいのではと思っています。

    今回の事案はもしも事実であるなら、これは紛れもない朝鮮人の犯行です。
    起きたのが事実ならですが。
    【当たり屋】まがいの嘘で作り上げたでっち上げた嘘だと、今回のことは私は私個人的には、そう思っていますが。

トップへ戻る