(野党6党審議拒否)松井知事「他にも審議しなければならない事が沢山ある。我々(維新)は審議拒否はしません。日程を人質に取られるルールはやめた方がいい」囲み会見 2018.4.20

セクハラ疑惑で野党が審議拒否、女性議員は黒服で“抗議”(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

野党6党が衆院委欠席、日程協議も応じず:朝日新聞デジタル

(3:53タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>



(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/987189562177810432)


審議拒否して・・・
みんなでプラカード持って・・・
警備員と、もみあいになって大騒ぎ・・・

何かのデジャブを見ているようです・・・(-“-;)

橋下さんが言う様

正直、安倍政権は厳しい所まで追い詰められていたかもしれません・・・

でも、無責任野党達が、
また、あのアフォーマンスに走った事で、国民は一気に冷めるんじゃないかと・・・

結果、窮地の安倍政権をアシスト??

開き直って解散打たれたら困るので、忖度したのか??

「内容」 (公務関連) ・春の地域安全運動の実施について ・企業版ふるさと納税の対象事業の認定等について ・質疑応答 (政務関連...

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. より:

    哀しいかな現在の与党に組することのできぬ(選挙権のある)一市民としては実に情けない。野党(立憲共産党?)は勿論論外であるが日本維新には頑張ってほしい。
    国会の現況を考えるにここは解散総選挙しか他に手立てがあるとはおもえない。
    国会議員の職責を放棄しむやみやたらとパフォーマンスだけに奔る立憲共産党群(?)に我々の命を託すわけにはいかない。
    解散総選挙をもって野党の暴挙を食い止めなくては民の未来はない。
    いまの政界で正道を歩むやにおもわれる日本維新にわたしは一票を投じる。

トップへ戻る