(立民枝野、修正協議を批判)松井知事「自分らは18連休、サボリ政党が批判?片腹痛いわ!(怒)」囲み会見 2018.5.21

「ギャンブルのため、過労死の遺族の声すら抹殺」枝野氏:朝日新聞デジタル

 与党と日本維新の会が合意する見通しになった働き方改革関連法案の「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」をめぐる修正内容について、立憲民主党の枝野幸男代表は19日、「現行の条文でも当然の前提で、まったく意味がない。実質的な修正ではない」と批判した。維新などの賛成を得て衆院通過をめざす与党に対し、立憲などは「修正で強行採決の批判を薄めたい思惑が透けて見える」と反発している。

 修正が検討されているのは、年収の高い専門職を労働時間規制から外す「高プロ」を適用された人が、本人の意思で撤回できる規定の新設。立憲などは高プロを法案から削除するよう求めている。

 共産党の志位和夫委員長も同日、修正内容について「過労死容認のレベルまで残業を認めるという基本は変わらない。長時間労働を止められないからこそ労働法制があり、本人の意思に責任を負わせるというのは根本が違う」と批判した。

 立憲など野党はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案にも反対で、こうした法案の採決を急ぐ与党の姿勢について、枝野氏は「ギャンブルのために、過労死の遺族の声すら抹殺する政権だ」と強調した。

この記事を出した朝日が質問・・・

(9:44タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>

気になる世の中の動きや社会問題を、わかりやすく解説するニュースサイト。ニュースの理解を助ける図解や写真、オピニオンや議論まとめも。

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. より:

    立憲共産党(枝野、辻元、小池ライン)の支持率が大きく下落している。
    当然の結果である。
    いま目の前にある我々の不安や不信を払拭し国のあるべき将来像を形作るのが国会議員の
    業務であるにも関わらず朝から晩までモリカケだぁ セクハラだぁ とドンチャン騒ぎをしたあげく最後には審議拒否しかできない体たらく、なんたる醜態・・・
    こんな連中に日本の将来を託すわけにはいかない。
    真の野党、日本維新の会、の活躍を切望する。

トップへ戻る