大阪都構想法案、成立へ 政令市廃止、特別区に分割

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)

都構想法案、成立へ 政令市廃止、特別区に分割

 民主、自民など与野党は30日、橋下徹大阪市長の「大阪都」構想を後押しする新法案を衆院に共同提出した。政令市を廃止し、東京23区のように複数の特別区に分割、再編できるようにする。31日の衆院総務委員会で審議入りし、8月中にも成立する見通し。

 法案は民主、自民、公明、みんなの党、国民新の5党が今月6日に合意後、新党「国民の生活が第一」、新党きづななども賛同し、与野党7会派での共同提出となった。

 法案は、政令市を含む市町村の総人口が200万人以上の区域が対象で、大阪市を含めて8道府県の計10政令市が要件を満たす。

 道府県の名称は変えないため、大阪府は大阪「都」にならない。政令市にある「行政区」と異なり、特別区は自治体に位置付けられ、区長や議員が選挙で選ばれる。都構想は、大阪市を特別区に分割して権限を弱め、大阪府と仕事が重複する「二重行政」を解消するのが狙い。(産経ニュース 7/30)

名称が変えられないのは、非常に不満ですが…
近々、成立と言う事なので良しとしなければいけませんね
実際に「大阪都」が出来る頃には、かなりの確率で、維新が国政進出しているでしょうから、その時に修正するチャンスもあるでしょうし…

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る