大阪府・市、特別顧問ら謝礼419万円…年末から2月

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

1か月50万円近くの顧問も

 大阪府は13日の府議会総務常任委員会で、府市統合本部の政策などに助言する府と大阪市の特別顧問や特別参与に、府と市が昨年12月末から2月までの間、計419万円の謝礼を支払ったことを明らかにした。1か月の謝礼額が50万円近くに上った特別顧問もおり、議員からは「報酬に上限を設けるべきだ」などの批判が相次いだ。

 府の特別顧問は知事ら、特別参与は部長らに指導・助言する専門家で、計36人(顧問9人、参与27人)が就任している。うち30人(顧問8人、参与22人)は府市統合本部の扱う政策を担当し、29人は大阪市の特別顧問・参与も兼務。府市兼務者の報酬は、府市が折半して支払っている。

 府によると、謝礼額は特別顧問が勤務2時間以下で2万2000円、特別参与が同1万8000円などと定められている。2月の最高額(見込み)は、府と市の特別顧問として、11日間で約44時間勤務した上山信一・慶応大教授の47万3000円だったという。

(2012年3月14日 読売新聞)

一応、計算してみました・・・
419万÷36人=約11.6万

2ヶ月間で1人頭、約11.6万ですよ!高いですかね??

最高は、11日間で約44時間勤務した上山氏の47万3000円だけど、これって交通費も込みでの話じゃなかったけ?
そうだとすれば、ほとんどそれに消えるでしょう・・・

ちなみに、批判した議員の給料は、月65万(交通費は別)。

こんな批判する議員に、払う給料の方が、よっぽど高いよ

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る